【航空輸送】空港コードの調べ方 三文字の正体に迫る!

国際輸送
この記事は約2分で読めます。

東京/羽田、大阪/関空、名古屋/中部など、世界には、数えられないほど、多くの空港があります。今回は、そんな数ある空港を識別するための「空港コード」の調べ方をご紹介していきます。

空港コードとは?

空港コードとは、IATA(国際航空運送協会)やICAOと呼ばれる機関により、空港一つずつに割り当てられている識別符号です。世界に一つしかないため、このコードを知るだけで、位置する国と対象の空港がわかります。

例えば、東京にある羽田空港であれば「HND」、名古屋にある中部国際空港であれば「NGO」、大阪にある関西空港であれば「KIX」などです。1つのコードがたった一つの空港を示すため、航空に関係する情報を調べるときに便利です。

貿易ビジネスで空港コードを使用するときは?

では、貿易ビジネスでは、この空港コードをどのように活用するのでしょうか? 様々な使い方があると思いますが、その一つに「航空運送の見積もり」があります。輸送代金の見積もりを取りたいときは、当然、出発地と到着地の空港を指定する必要があります。

このとき、出発地の空港と到着地の空港を…….

「東京から、バンコクまで~」と指定するより「HNDからDMKまで~」と、伝えた方がより正確に伝えられます。なぜなら、必ずしも「都市名=一つの空港」とはならないためです。

例えば、東京であれば、羽田空港 と 成田空港の2つがありますね。これらをまとめて「東京まで~」と表現する方もいます。また、同様にタイのバンコクにもスワンナプーム国際空港とドンムアン空港の2つがあります。東京やバンコク~という地名を指定するより、空港コードを指定する方がより正確ですね。

航空輸送代金の見積もり依頼をするときは、空港コードを指定して行う!と覚えておきましょう!

空港コードの調べ方

世界の空港コードは、IATAのサイトで探せます。一番にロケーションネーム(都市名)などを指定します。その後、国名や地名などを指定すると…..

空港コード

下の赤枠部分に表示される三文字が空港コードです。

まとめ

  • 空港を示す三文字を調べることで正確な見積もりをとれる。
  • 空港コードは、IATAとICAOの2つがある。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました