ハウスB/Lのときのシッパーとコンサイニーの表記例

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    国際間の貨物を輸送するときは、船または航空機を使います。このとき、貨物の持ち主、輸送者、輸入者を明示する必要があります。この明示に必要な書類が「B/L=船荷証券」です。今回は、このB/Lの内、B/Lの頭に「ハウス」が付くときのシッパー(輸出者)とコンサイニー(輸入者)の記載例をご紹介します。

    ハウスB/Lとシッパー、コンサイニー

    B/Lには、マスターとハウスの2種類があります。マスターとハウスの関係は、親と子の関係にあたります。この違いを頭に入れることで、B/Lに表記さるシッパー欄とコンサイニー欄の表記例がわかります。

    マスターB/LとハウスB/L

    B/L(船荷証券)は、輸出者が船会社などに預けたときに発行される証書です。証書の原本は3枚あり、内一枚を輸入国で差し出すことで、貨物を受け取れます。このB/Lには、マスターとハウスの2種類があります。

    マスターB/Lとは、直接、船会社と荷物の輸送契約を結んでいる証書です。一方、ハウスB/Lとは、船会社と契約をしている所(マスターB/Lの発行を受けている会社)と輸送契約を結ぶと発行される証書です。この関係を説明したのが以下の図です。

    マスターB/Lです。一般的なイメージでいう輸送契約です。荷主は、船会社と契約を結び、貨物の輸送契約をします。

    マスターBL

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    こちらがハウスB/Lです。ハウスは、マスターB/Lの下、発行されるB/L(子供のような存在)です。よって、ハウスB/Lが発行される荷主は、契約上、船会社と直接の関係はなく、ハウスB/Lを発行する会社(船会社からマスターB/Lを受けているところ)と輸送契約を結びます。詳しくは、マスターB/LとハウスB/Lの違いをご覧ください。フォワーダーに依頼するときは、この形です。

    ハウスBL

    実は、こんにち、一般的になっている航空機の「コードシェア」や、格安スマホ回線を実現する「MVNO」なども、すべてこの海上輸送から誕生した考え方です。

    「私は、全日空の飛行機を予約した。でも、なぜかアシアナ航空にのっている~」という経験はございませんか? また、飛行機内のアナウンスで「この飛行機は、○○航空会社との共同運航便です」と聞いたことはありませんか? これらは、すべてこの海上輸送の仕組みが原型です。

    ハウスB/Lのときの表記

    ハウスB/Lは、マスターB/Lの発行を受けている人から発行される子B/Lです。では、ハウスB/Lでは、シッパーとコンサイニーは、どのような表記になるのでしょうか?シッパーとは、貨物を輸送する人、つまり輸出者です。一方、コンサイニーとは、貨物の受け手である輸入者です。

    L/C決済を結んでいないことを前提にすると、ハウスB/L上のシッパーとコンサイニーの記載は、次の通りです。

    船会社→フォワーダー→各荷主を前提にすると….

    シッパー(輸出者)コンサイニー(輸入者)
    マスターB/L(船会社とフォワーダー)上の表記フォワーダーフォワーダーの現地会社
    ハウスB/L(フォワーダーと荷主)上の表記輸出国側の荷主輸入国側の相手

    ちなみに、このマスターとハウスを前提にする輸送が「LCL」という小口輸送です。LCLは、一本のコンテナの中に、複数の荷主の貨物を輸送する方法です。つまり、マスターB/Lの下に、コンテナに積める荷主の分だけハウスB/Lがあります。

    しかし、このマスターとハウスは、必ずしもLCL(コンテナ未満の輸送)だけを前提にはしません。マスターとハウスは、FCL(コンテナ単位の輸送)でも活用されています。実は、多くの場合、各荷主は、直接、船会社と輸送契約をするより、フォワーダーと契約したほうが安い場合が多いです。これは、ドコモ、au、ソフトバンク(船会社に相当)などと直接契約するよりも、マイネオなどと契約をしたほうが安いことと同じです。

    また、近年の船会社の経営状況の悪化していることも留意が必要です。直接、船会社と輸送契約を結ぶと、B/Lの約款がそのまま適用されます。一方、間にフォワーダーを通すことで、フォワーダーの責任で輸入港までの輸送を確約してもらえるメリットがあります。輸送上のリスクヘッジの意味でも重要です。

    船の手配 独立系NVOCC(フォワーダー)を選ぶべき理由
    「コンテナ船の危機」韓進海運や小山海運の倒産から学ぶ事
    船会社(コンテナ船)が倒産すると貨物はどうなる?

    まとめ

    • B/Lには、マスターとハウスの2種類がある。
    • マスターは船会社から発行されるB/L
    • ハウスは、マスターB/Lを持っている会社が発行するB/L
    • ハウスB/Lの表記は、このマスターとハウスの関係を理解するとわかりやすい。

    輸入におけるB/Lの流れを確認!

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン

    hunadeのお問い合わせページ


    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました