国際輸送

国際輸送

【シッピングガゼット】コンテナ船のスケジュールを調べる方法

日本の港に出入港するコンテナ船情報を紹介している「SHIPPING GAZETTE(シッピングガゼット)」があります。貿易業界や物流業界に携わる人であれば誰でも知っているコンテナ・国際物流に関する専門誌です。この本を見るだけで、以下の情報を...
国際輸送

海上コンテナの「シール」とは?

海外からくる海上コンテナは、輸送途中で荷物が抜き取られないように「シール」をします。これは、コンテナの扉の下にある5センチ~10センチほどの金属棒のことを言います。 輸出国側でバンニング(コンテナに物を詰める作業)を終えた後は、このシ...
国際輸送

世界中の船の位置がわかる!マリントラフィックの使い方

マリントラフィックは、船の位置、航路、最新の到着時間など、貿易をする上で重要になる「船舶の動船状況」を簡単に取得できるサービスです。しかも、ほぼ「リアルタイム」で情報が提供されているため、常時、船の動きを監視したい方には、とても便利です。今...
国際輸送

混載便で積める最大重量(積載制限)と長尺物

輸入した貨物を港から国内指定地域へ配送する場合は、価格面から「混載便」を使うことが多いです。しかし、混載便は、どのような荷物も積めるわけではありません。最大重量、最大容積(㎥)など、積載制限があります。そこでこの記事では「混載便」を詳しくご...
国際輸送

【国内配送】混載便の料金はどのように決まるのか

LCL輸送(混載)により貨物が到着しました。輸入手続きも終わり、いつでも貨物を引き取れます。このとき、国内各地への配送手段として「混載便」と「チャーター便(貸し切り)」があります。そこで、この記事では混載便の国内配送料金の決まり方について説...
国際輸送

FCL(コンテナ輸送)とLCL(混載輸送)のメリット・デメリット

FCL(コンテナ輸送)とLCL(混載輸送)のメリット・デメリットをお伝えしています。FCLはコンテナを独占的に使えるため、貨物へのダメージは少ないです。逆に混載輸送は他の荷物とのぶつかり合いによってダメージが発生する可能性が高いです。しかし、料金は安いです。両者には一長一短がありますので、それぞれの特徴などを考えて適切な輸送方法を選択しなければなりません。
国際輸送

デバンニングレポート 輸入貨物にダメージ LCLのポイント

輸入貨物にダメージがつく2つの可能性を紹介しています。輸入貨物にダメージを確認した場合、ダメージの詳細内容を知るために「デバンニングレポートやタリーシート」があります。
国際輸送

【デバン完全ガイド】輸入許可後の作業で抑えるべき点

デバンの意味・決まり・仕組み・おさえておくべきポイントを紹介しています。デバンで最も大切なことは、いかに効率的な商品ができるかです。これによって、デバンに関するコストと時間を大幅に節約することができます。また、デバン中に商品へのダメージが見つかった場合、保険の求償請求なども大切になります。
国際輸送

輸入した貨物を素早く受け取るためのポイント

輸入貨物をできるだけすばやく引き取るためのポイントを紹介しています。予備申告制度、FCL、LCLによる輸入、ホットデリバリーサービスの活用、地方の港で輸入許可をうけるなどの観点から説明をしています。
国際輸送

コンテナ輸送にかかる料金 デマレッジとディテンションチャージ

輸入コンテナに関する「デマレージ」と「ディテンションチャージ」について説明しています。デマレージは、コンテナヤードから指定期間内に貨物を引きとらないときに発生します。ディテンションチャージは、ヤードへコンテナを戻さない時にかかる料金です。料金は? どのような場合に発生するのか?などについても説明をしてます。
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました