関税とEPA

関税とEPA

革靴の関税がかからない方法 マレーシアEPA、メキシコ協定がおススメ

日本では革靴をはじめ革製品にかかる関税が高いです。これは昔から続くある特定層の権利を保護する理由といわれています。真実はどうであれ革靴を購入するのに一足あたり4300円~の関税に頭を悩ます方は多いはずです。 しかし、あるポイントを抑え...
関税とEPA

革靴の関税は安い!? 個人輸入の税率とEPAの関係

海外から革靴を輸入するときは、日本側で発生する高い関税に気を付けます。安い革靴でも、日本側で高い関税がかかれば、結局、国内で買えばよかったと後悔します。革靴の関税率は「商品価格の30%または、一足当たり4300円のどちらか高い方」です。革製...
関税とEPA

輸入するときに支払う関税・6種類の違い

輸入するときの関税は、基本税率、暫定税率、協定税率、特恵、特別特恵の5種類があります。これらの中から商品に適用できる関税を自ら選べます。しかし、あくまで商品に対して適用できる関税の中でのお話です。
関税とEPA

商用輸入の関税と計算方法

転売用(ビジネス用)に輸入する場合の関税について説明をしています。関税上の取り扱いとして「個人使用目的」か、「商売目的」かの違いは重要です。関税の取り扱いと適用される法律に違いがあるためです。販売目的で輸入する商品は、減免措置等が一切ない通常の輸入手続きとなり、商品に対する関税もしっかりと納める必要があります。これを行わないと、脱税行為をしている扱いになります。
関税とEPA

個人輸入の課税価格の計算方法 小売価格との違いは?

個人輸入で課税価格を計算する方法を紹介しています。課税価格は、関税を計算するための「課税母体」です。そのため、関税率が同じであっても、課税母体が違い納める関税が大きく異なる可能性もあります。
関税とEPA

【図解】関税とは?輸入ビジネス・海外通販に対応!

輸入するときに関税が決まる流れを説明しています。関税は、一般税率と簡易税率の二種類があります。また、商品を輸入する目的が「個人用で使用する目的」なのか、「商売をする目的で輸入するのか」によって、関税の計算方法が変わってきます。個人輸入と小口輸入の違いなども交えて初心者向けに解説を行っています。
関税とEPA

HSコードの決め方 輸出入の必須知識 関税率を検索!

輸入する時、税関にHSコードとそれにともなう関税額を申告します。 別名、統計品目番号ともよばれるもので、色々な商品にたいする税率が記載されています。この記事では、HSコードとはどのような物かを中心に解説しています。
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました