TPP/日欧/日米協定

TPP/日欧/日米協定

TPP11/天然はちみつ マヌカハニーも安くなる!? 2025年4月1日、完全撤廃

TPP11(アメリカを除く自由貿易協定)は、2018年12月30日に発効されることが正式に決まりました。日本としては、アセアン諸国に続く、二つ目の多国間EPAであり、今後も発効される見込みである「日欧EPA」と合わせて注目するべき貿易協定で...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 付加価値基準の計算と用語のまとめ(MaxNOMなど)

日欧EPAを利用して関税の免除を受けるときは、その産品の原産国が日本又はEUであることを証明する必要があります。この原産品である基準を決めているのが原産地規則(品目別規則)です。品目別規則の中には、CCやCTH、EXWなどの専門的な用語がた...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 原産地証明の方法 原産地申告書と自己申告制度

日本とヨーロッパのEPA(自由貿易=関税ゼロ)を利用するには、商品が日本またはヨーロッパで作られていることが条件です。日欧EPAでは、この原産性の証明を「自己証明制度」で行います。そこで、この記事では、日欧EPAにおける原産地証明について説...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 原産地に関する申告文の書き方

日欧EPA(日本とヨーロッパとの自由貿易)の原産地に関する証明は、輸出者の原産地申告書または、輸入者による自己申告制度のいずれかで行います。この記事では、輸出者が作成する「原産地申告書」の書き方についてご紹介していきます。なお、日欧EPAの...
TPP/日欧/日米協定

【TPP】各国と日本の貿易状況 どこの国にチャンスがある?

太平洋地域における新しい自由貿易「TPP11」は、大詰めを迎えています。加盟国11か国の内、最初に「批准=国として正式にTPPの協定を受けいれると承認すること」したのはメキシコです。やはり、FTA強国としての立場を示した形です。そして、日本...
TPP/日欧/日米協定

TPPで果物には、どのような影響がある?関税が撤廃される品目

日本の果物(フルーツ)の内、いくつかの物は高い関税率で保護されています。代表的な物がバナナ、オレンジ、そしてパイナップルです。他のフルーツが平均5~10%の所、これらのフルーツは、20%近い関税率が設定されています。関税率だけで考えると「過...
TPP/日欧/日米協定

【TPP】農産物の関税はどうなる?重要五品目以外

TPP11の関連法案が衆議院を通過したこともあり、メガFTAである「TPP11」の発効が現実味を帯びてきました。市場規模五億人の経済圏が誕生することもあり、世界各国における通商政策に大きな影響を与えそうです。 TPP11で気になること...
TPP/日欧/日米協定

TPP11・韓国の参加を拒否しなければならない理由

韓国がTPP11に加入した場合、日本にとっては、良いことなのでしょうか? それとも悪いことなのでしょうか? 今回は、この部分について詳しく考えていきます。結論を先に申し上げると、日本は韓国のTPP11加入を拒否した方が良いです。これは、反日...
TPP/日欧/日米協定

「日欧EPA」ヨーロッパ28か国のVAT(付加価値税)まとめ

2019年二月一日、日欧EPAが発効しました。この発効に伴い貿易をする人は、何をするべきなのでしょうか? 最も重要なのは「ヨーロッパに詳しくなること」です。貿易ビジネスで成功するための大きなポイントは、相手国の市場を理解して、それにマッチし...
TPP/日欧/日米協定

ゼロから始める地理的表示保護制度(GI)

日欧EPA発効に向けた動きが様々な分野で加速しています。その中の一つに「地理的表示保護制度(GI)」があります。 2017年12月15日、日本とEUは、GI(地理的表示保護制度)に関する合意に達し、お互いの国(圏内)において、地域産品...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました