個人輸入(海外通販)

個人輸入(海外通販)

海外から個人輸入するときの注意点

個人輸入をするさいの注意点を海外ショップと日本の習慣の違い、関税や消費税の有無、輸入禁止品、輸入規制品に該当しないかなどの観点から説明をしています。
個人輸入(海外通販)

個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

個人輸入をする場合、海外の小売価格16666円以下がポイントになります。この価格以下であれば、一万円以下の免税ルールが適用されて、関税や消費税が免除されるためです。しかし、この関税定率法第三条三には、例外品目がさだめられています。例:ニットのセーター、革靴など。個人輸入で輸入しやすい品目ですので、十分に注意が必要です。
個人輸入(海外通販)

海外からのプレゼント(ギフト)には、関税はかかる?

個人輸入でプレゼントを受け取った場合の関税はどうなるのか?について説明をしています。一万円以下の商品は、一部の商品をのぞいて、基本的に免税で輸入できます。また、ギフト(贈答品)である場合は、お酒とたばこを除く商品について免税措置を受けられます。
個人輸入(海外通販)

海外通販をするときのポイント 注意点は?

海外のネットショップから商品を購入するさいの注意点、商品にかかる関税の計算方法を紹介しています。関税には、一般税率と簡易税率があります。商品の合計金額が20万1千円以上の物と、それ以下でわかれます。簡易税率は海外からの商品を個人的に輸入したいときに「かんたん税率」によって申告ができる制度のことをいいます。
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました