特定原産地証明書

特定原産地証明書

【EPA】輸出活用 関税を削減する全手順

EPAマニュアルを公開!関税を削減できるEPAを輸出で活用するための全手順をまとめています。この記事をご覧になるだけで原産性資料の用意、原産品情報の確認方法、申請及び取得の方法、日本商工会議所とのやり取りなどの一連の知識を身に着けられます。
特定原産地証明書

「EPA」製造工程フロー図の書き方

EPA(自由貿易)で重要である特定原産地証明書を取得するときは、対比表、ワークシート、製造工程フロー図などを作成します。この記事では、これらの原産性資料の内、製造工程フロー図の書き方についてご紹介しています。
特定原産地証明書

CTCルールとVAルールの合わせ技 日インド協定の特徴

日インド協定は、CTCルール(関税分類変更基準)とVAルール(付加価値基準)の2つの原産地規則が合わさっています。原産地規則を調べた結果、一般ルールが表示されるときは、このCTCとVAの2つの基準を求められている可能性が高いです。
特定原産地証明書

【重要】 サプライヤーが証明書を発行するときの注意点

EPA(関税ゼロ貿易)で必要になるサプライヤー証明書を発行してもらうときの注意点をご紹介しています。サプライヤー証明書は、完成品に含まれる原材料について、その原産性を証明するために必要になる書類です。これを発行してもらうときは、原材料についても協定で決められている原産性を満たすことが重要です。
特定原産地証明書

VAルール(付加価値基準)の混乱を解決!内製品とは?

VAルール(付加価値基準)に関して混乱しやすい原産材料についてご紹介しています。VAルールは、自社の商品の内、日本で付加価値として計上される割合が、ある一定以上のものを原産品にすることです。このルールを適用する上で重要にある内製品と外製品の考え方をご紹介しています。
特定原産地証明書

EPAの「完全生産品」とは何か?

EPA/原産地規則の中で決められている完全生産品(WO)の定義について詳しく説示しています。完全生産品とは、当事国において完全に生産された物、収穫された物、回収されたものなどが対象になります。これらの貨物をEPAで輸出するときは、完全生産品の対象になるのかを十分に調べることをお勧めします。
特定原産地証明書

「原産地規則ポータル」EPAで重要な品目別規則を一発で検索!

税関が運営する原産地規則ポータルの使い方をご紹介しています。原産地規則ポータルを使えば、協定ごとに細かく決められている原産地規則を一つの画面で調べられるようになります。また、このサイト上でEPAに関連する情報も合わせて調べることができます。
特定原産地証明書

【付加価値基準】控除方式と積み上げ方式の違いは?

付加価値基準は控除方式と積み上げ方式の2種類があります。このうち、控除とは、商品の価格から外国産材料の部分を引いた残り部分を基準に考える方式です。一方、積み上げ方式とは、日本の原産品に該当する物を一つ一つ積み上げていき、基準点を超える物を原産品として認定する物です。
特定原産地証明書

メーカー(製造者)が特定原産地証明書を取得する方法(VAルール使用)

製造者が特定原産地証明書をVAルール(付加価値基準)によって取得する方法をご紹介しています。VAルールは、出荷する商品の価格のうち、どれだけの割合が日本の原産品部分であるのかを基準とする原産性ルールです。このとき、基準となる値が閾値です。閾値は、各協定の品目別規則の下欄にかかれています。平均的には、およそ40%前後の場合が多いです。
特定原産地証明書

【遡及発給】特定原産地証明書の過去にさかのぼるとは!?

特定原産地証明書を船積み後に取得するときは「遡及発給」します。遡及発給とは、過去にさかのぼって特定原産地証明書を取得することです。例えば、日本から輸出した商品は、すでに現地の港に着いている。この状態のまま日本で特定原産地証明書を発行するときなどが当てはまります。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました