輸出ビジネス

輸出ビジネス

【ジェトロ】引き合い案件データベースの使い方

誰に輸出するのか? それをどこで探せばいいのか? 海外への輸出を考えたとき、相手先を探す作業があります。もちろん、この相手には「需要」も含まれます。「何が求められているのか?」このように相手の求める物をベースに探すことが成功への近道で...
輸出ビジネス

海外へのお土産として果物を持ち出す方法

海外へのお土産として「果物」を持ち出したいとき、どのような手続きが必要なのでしょうか。果物というと何かと難しい手続きが必要な気がします。実は、海外へ果物を持ち出す場合は「持ち出す国」「持ち出す果物」によって細かくルールがあります。 例...
輸出ビジネス

植物(果物)を輸出 植物防疫所における植物検査をレポート

海外へ植物を送るときは、日本側で「植物検疫書」を取得する必要があります。植物検疫書を取得せず行うと、現地の税関で輸入ストップになるため注意が必要です。そこで、この記事では、実際に植物検疫書を取得したときのレポートをご紹介していきます。 ...
国際郵便(EMS)

EMS等を使って植物を輸出!植物検査申請書の記入方法

海外の企業や知人へ果物を発送するときは「クールEMS(国際スピード郵便)」がお勧めです。普通の貨物と同じように、箱に入れて、専用ラベルに記入するだけで、相手先の玄関(外国)まで届けられます。ただし、実際、クールEMSを使って、果物を送るとき...
国際郵便(EMS)

【海外】EMSを使って植物(果物)を発送する方法

郵便局の国際宅配便サービス(EMS)は、世界中に商品を送れて便利です。最大重量30キロまでであれば、どんなものでも発送ができる点が良いです。ただし、どんな物といっても、食品や植物を発送するときには、ある一定の条件があるため注意が必要です。 ...
輸出ビジネス

TPP(EPA)でも話題の自己証明制度とは

日本から貨物を輸出する際は「特定原産地証明書(貨物の原産地を示す書類)」が必要です。この証明書は、該当する貨物の「生産者」または「輸出者」が、日本商工会議所に原産地証明書の発行を依頼して取得します。取得するときは「特定原産地証明書の発行手順...
輸出ビジネス

ワールドタリフ/WorldTariffの登録方法と使い方

「外国に商品を輸出したら、いくらの関税が発生するのか?」この疑問を簡単に解消できるのが「ワールドタリフ(World Tarrif)」です。ワールドタリフは、HSコードを入れて検索するだけで、世界各国の関税率を簡単に調べられます。しかも、利用...
輸出ビジネス

輸出統計品目表(輸出時のHSコード表)の見方

外国へ商品を輸出するときは、商品ごとに「HSコード(品目表)」を記載します。これにより、日本政府は「どこに、どんな物が輸出されているのか」を統計データとして記録できます。また同時に輸出入をする者としては「法律を順守して適正な輸出申告」をする...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました