【随時追加】HUNADEの読者質問コーナー

この記事は約4分で読めます。

HUNADEの読者質問コーナー

いつもHUNADEをご覧いただきありがとうございます。HUNADEは、サイト内で様々な記事を公開しています。基本的に記事に対する質問は、有料相談にて対応しています。無料対応はしていないため、あらかじめご了承ください。

しかしながら……..

  • 私の時間に余裕があるとき
  • 気が向いたとき

の2つの条件を満たしたときは、こちらにてお答えをしていきたいと思います。今後、このページに追加をしていきますので、必要な方は、ブックマーク等をお願いします。なお、回答をするしない、回答時間を含めて、全て未定です。

それでもよろしい場合は、こちらから「記事解説のリクエスト」をお送りください。

ご回答内容は、HUNADEの経験談によります。実際に正しいのかを含めて、外部の専門家に助言を求めるようにお願いします。*自己責任により「参考程度」に受け止めてください。

 

 

質問1.輸出に関する消費税について

お世話になっております。
貿易の消費税の記事についてご質問が2件ございます。
①実務的には、80万円-(30万円+20万円)=30万円を納税するだけです。
原材料等は仕入れの段階では、国内販売、輸出販売の区別がつきません。
わざわざ国内販売と輸出販売に分けて説明されているのは、理論上の話でしょうか。
②国内販売では免税取引は限定的ですし、売上高が1000万円以下では、
免税事業所に区分され、届け出を出せば課税事業者になるということでしょうか。
国内販売が多ければ免税事業者がベター、輸出販売が多ければ課税事業者がベターという意味が分かりません。
以上、宜しくお願いいたします。

文章の引用元:T様

こんばんは!ご質問ありがとうございます。今回、ご指摘されている記事は…

【海外輸出】消費税の還付の注意点 課税事業者との関係は?

でよろしいでしょか? まず、こちらの記事は、わかりにくい点がありましたことをお詫びます。内容等含めて少し更新をさせて頂きました。

この記事は…

  • 小規模の貿易ビジネスをしている方
  • 向けの販売をしている方
  • 向けの販売をしている方
  • 年間売上高が1000万円になるのか?ならないのか?

を想定しています。そして、この課税事業者になるのか?を判断するときの一つの材料として、輸出消費税の還付を受けたいのか?が関わることをお伝えしたかったのですね!

例えば、年間の売上高が800万円前後。国内向けに楽天販売をしている。海外向けには、EBAY等で輸出をしている。そろそろ1000万だから、自分も課税事業者になるべき? でも、本当になっても良いのかな?と迷っている方ですね。このような方を想定しています。

以降は、この前提の下、質問にお答えしていきます。

「わざわざ国内販売と輸出販売に分けて説明されているのは、理論上の話でしょうか。」

はい、理論上の話です。実際は、国内と海外に区別も不要です。ご自身がされている全ての事業の消費税の状況(受取り、支払い)により、納税するべき消費税が決まります。但し、課税事業者を判断をする上では、国内と海外の売上比率は大切です。

届け出を出せば課税事業者になるということでしょうか。国内販売が多ければ免税事業者がベター、輸出販売が多ければ課税事業者がベターという意味が分かりません。

この記事の想定読者様は、

課税事業者になろうかな? ならくても良いかな?

と迷っている方です。(課税事業者になろうかな?と考えているタイミングのこと)そして、この判断をするための一つとして、過去二年間の国内販売比率と海外販売比率をご紹介しています。

過去、二年間という期間区切り、自分が課税事業者になるべきなのか? 免税事業者のままでいいのか? これを判断するポイントが国内販売と海外販売の比率にもあると、お伝えしたかったです。

以上が回答となります。今後ともHUNADEをよろしくお願いします。

 

関連:通関士が見た!貿易トラブル事例からQ&Aを紹介

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました