よくわからない「円高になると損する理由」

この記事は約6分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    大手自動車メーカーともなると、外国為替が1円変動するだけで、およそ300億円もの収益の違いが発生すると言われています。一般の企業から考えると、巨額すぎる変動幅に驚かれる方も多いはずです。なぜ、為替の変動により、ここまでの差が生まれるのでしょうか。

    数年前の民主党政権時代では、一時期、極度の「円高状態」が続きました。ちょうど、その頃、各地のスーパーでは、「円高還元セール」なども開かれ、一般の人でも外国為替が変動するメリットがありました。しかし、このメリットとは裏腹に、円高で苦しんだのが輸出企業でした。

    円高であることで、外国における価格競争力を失い、一気に市場から締め出される。このような状況だったのです。なぜ、為替が変動することにより、ここまでの影響を受けるのでしょうか?そこで、この記事では、円高と円安が意味、貿易取引の関係をご紹介していきたいと思います。

    貿易と円安・円高の関係を理解しよう!

    貿易をするときに大きな影響を与えるものが「外国為替」です。一ドルは、いくらで交換できるのか? この数値の指標によって、貿易企業の収益は、大きな影響を受けます。一般的には、輸出企業であれば、円安。輸入企業であれば、円高になると有利になるといわれています。一体、この円安や円高とは、どのような意味があるのでしょうか?

    円高・円安の意味

    テレビなどは「本日の外国相場は、一ドルは100円50銭の円安」という言葉を聞くことが多いです。ここで一般的なイメージでいう「安い」を想像してみてください。あなたの目の前には、三つほどの商品が並んでいます。A50円、B100円、C1000円です。この中で最も安いのは、どれでしょうか? もちろんAの50円ですね。

    ところが、外国為替の相場でいう「安い」とは、これとは全く意味が違います。一ドルは100円だったものが90円になることを円安とは言わず、円高と言います。外国為替における安いや高いとは、外国通貨に対する円の価値が高いのか、安いのかを表しています。ポイントは、円の「価値」にあります。

    例えば、あなたが何らかの商品を購入するとします。もし、この商品が限定品であるときは、他の方も同様に欲しがっているため、求めている人と、供給している人との関係から、ぐんぐんと価格が上がっていきます。外国為替の円高、円安というのは、このイメージに近いです。

    「ドルと交換したい人」がどんどんと増えていけば「ドルの価値」が上がっていきます。価値が上がったドルと交換するには、それだけたくさんの外国通貨を用意する必要があります。つまり、一ドルと交換するために必要な円の数が増えるということです。

    別の言い方をすれば、ドルに対する円の価値が安くなっているので、それだけ多くの円を用意しなければならないとも言えます。これが「円安ドル高」です。例:一ドル=100円が一ドル=120円になること。

    一方、円高の場合は、これとは逆です。ドルに対する円の価値が高くなれば、一ドル=100円が一ドル=90円で交換できます。円の価値が高くなっているから、少ない円で交換ができる。これが「円高ドル安」です。

    ■ポイント
    円高と円安の高いと安いとは、円の「価値」が外国通貨に対して高くなっているのか?安くなっているのか?を示しています。・円安:一ドル=100円 → 一ドル120円に変化すること
    ・円高:一ドル=100円 → 一ドル80円に変化すること

    輸出と輸入で為替の効果は逆になる

    円高と円安は、円の「価値」の上下です。では、この円高と円安の変化は、国際的な貿易業務では、どのような影響があるのでしょうか?

    外国と決済をするときは、必ず世界の中にある基軸通貨(ドル、ユーロ、円、ポンドなど)を使います。もし、円でやり取りをすれば、外国為替の影響を全く受けずに取引ができます。ドル、ユーロなどを利用すれば、いい意味でも悪い意味でも必ず為替の影響を受けます。ここでは、円安と円高のそれぞれにおける輸出と輸入への影響をご紹介していきます。

    なお、以下では、説明を簡単にするために、基準となる価格を100円として、100円を超えるものを円安。100円を下回るものを円高としています。

    ケース1.円安×輸入

    まずは、円安状態で輸入するときの影響です。円安とは、円の価値が低くなることでしたね。つまり、一ドルが100円だったものが120円になるのが円安です。この円安状態のときに、外国の製品を輸入すると、どのような影響があるのでしょうか?

    円安になる前(1ドルが100円のとき)に、1000ドルの商品を購入したときは、1000ドル×100円で100000円を支払えばよかったです。ところが、これが円安になると…

    一ドルが120円になるため、1000ドルの商品を購入するときは、1000ドル×120円で120000円を支払います。為替レートが円安に変化したことによって、およそ20000円も多く支払う必要が出てきます。

    円安×輸入のときは「損」をします。

    ケース2.円安×輸出

    次に円安状態で輸出するときの影響を考えてみましょう。先ほどの輸入とは逆で、海外に商品を販売するときの為替の影響です。

    例えば、ある商品を外国で販売しようとして1ドルは、100円のときに、1000ドルとして輸出したとします。この場合、海外で1000ドルの商品が売れれば、1000ドル×100円で100000円の売り上げです。もし、このときに為替相場が円安方向に振れると….つまり、100円が120円になると….

    1000ドルで販売していた商品が売れると、120000円の売り上げです。同じ1000ドルなのに、為替の影響によって、およそ20000円が儲かります。先ほどの輸入の時とは、逆のパターンですね。もちろん、この円安で生まれた利益分だけ商品価格を下げることもできます。この場合、外国でより安く販売できるようになり、価格の競争力が上がります。

    円安×輸出は「得」をします。

    ケース3.円高×輸入

    円高状態×輸入の場合を見てみましょう。円高は、一ドルが100円を下回ることですね。(説明のため100円を基準にしています。)つまり、95円や90円になることです。この円高の時に輸入すると、どのような影響があるのでしょうか?

    例えば、一つ1000ドルの商品を輸入するときを考えてみます。円高になる前は、一ドル=100円であるため、1000ドルの商品を輸入するときは、1000ドル×100円で100000円が必要です。これが円高(90円)になると、1000ドル×90円で90000円を支払うことになります。同じ商品を購入しているのに、円高になるだけで、およそ10000円を安く購入できます。

    円高×輸入は「得」をします。

    ケース4.円高×輸出

    最後に円高状態×輸出の場合を考えてみましょう!

    例えば、ある商品に対して1000ドルの価格を設定して輸出したとします。円高前であれば、1000ドル×100円で100000円の売り上げが立ちます。もしこれが円高(90円)になると、1000ドル×90円=90000円の売り上げとなり、およそ10000円分の損をしてしまいます。つまり、同じ商品を輸出しているにも関わらず、外国為替の影響によって損をしてしまいます。

    円高×輸出は「損」をします。

    円高と円安、輸出と輸入の関係

    ここまでの内容をまとめると、円高、円安、輸出と輸入は、次のような関係です。

    輸入輸出
    円高有利不利
    円安不利有利

    まとめ

    • 外国為替は、対象の通貨に対する需要と供給のバランスです。
    • 通貨に対する需要が高まれば、円高方向に振れていきます。
    • 円高や円安の高いや安いとは、外国為替に対する「円の価値」が高くなることや安くなることを示しています。
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    貿易コラム
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました