海外滞在中でもネットで稼ぐ3つの方法

稼ぐ 海外出張/貿易サービス
この記事は約7分で読めます。

海外に出かけることは、ネットでは得られない新鮮な情報を手に入れる上で重要です。ただ、実際、海外に行くとなると、それなりの費用が掛かる上、海外滞在中に「無収入状態」になります。もちろん「俺は有給があるから~」ということではなく、その有給での給与も本質的な面から言えば「無収入」とさほど変わりません。やはり一円でも良いので、海外にいながらお金を稼ぐ仕組みを持つことが重要です。

そこで、この記事では、海外にいながらお金を稼ぐ3つの方法についてご紹介していきます。

稼ぐ

海外でお金を稼ぐ方法

海外に行くと、日本における閉塞感から開放されることが多いです。もし、何か思い悩むことがあれば、ふらっと海外に行くのも一つの手だと思います。私自身も何か開放的な気持ちになりたいときは、LCCなどを使い海外へ行きます。ただ、このフラッと海外へ行くのは、実は簡単そうに見えて、なかなか実現できないことでもあります。

第一に、会社員であれば、様々に拘束されること

第二に、働かなければ、無収入状態になること

これら2つが大きな障害となり、ふらっと海外に行くことは難しいです。しかし、逆に言うと、これら2つを何とか解決できれば、決して実現するのが難しいことではないとも思います。そこで、この記事では、2つめの「海外にいるときの無収入状態」を解消するための具体的な方法をご紹介していきます。主な方法は、次の3つです。

  1. 海外価格差を利用した転売をする。
  2. 世界の今を伝える情報ブログを運営する
  3. ネットショップ構築する

1.海外価格差を利用した転売

ハンドキャリー

最も手軽かつ簡単にできるのは、日本と行先の国における物価差、関税差に目をつけて、物を移動させることです。もちろん、ここでいう「移動」とは、国際小包やコンテナ、または、LCLではなく、スーツケースの中に入れて通関する「旅具通関」のことです。

例えば、インドネシアの「ある食品」は、現地で1000円相当の物が日本では3000円以上もします。インドネシアの物を持ち帰り、日本で転売ができますね。もちろん、この逆で、日本の商品を持っていき、インドネシアで転売もできます。ポイントは、両国間の物価さと関税差に注目することです。ここを頼りに二国間の市場価格をリサーチしていくと、大きな価格差がある商品をいろいろと見つけられます。

ちなみにですが….インドネシアは、単なる例示です。別に日本とインドネシアの価格差に注目!と言っているわけではありません。その他の国でも、このような価格差がある商品は、たくさんあります。決して定番であったり、有名であったりするものばかりに注目しないようにしましょう!

2.世界の今を伝える。または、現地に滞在していることを最大限活用する

東南アジア

海外にいるときの最大のメリットは、その地にいることです。これ以上のメリットは他にはないです。

例えば、現地における最新の情報をご自身のフィルターを通して、ブログなどで発信もできますね。要は、需要と供給をつなげるのがインターネットであるため、どんなに小さな市場であっても、うまくマッチさえすれば、商売にすることは可能です。

ご存知でしたか? マレーシアの若い女性、かつデザインに興味がある方は、日本のデザインをスクラップブックなどに入れて保管していることを。しかも、どんな小さな物であってもです。お菓子のパッケージ、服の色使い、ちょっとしたロゴデザインなどを丁寧に保管しています。この事実を知れば、これらの人が好むサイトを作り、マネタイズができますね。

また、逆に日本へ向けて発信もできます。

例えば、世界で見つけた「最新の痩せるエクササイズ法、ダイエットグッズやサプリメント」などを実際に使い、レビュー記事を作ることもできますね。可能であれば、海外に住んでいる女性で、日本人があこがれるような体型の人に密着取材をして、食事法や普段の生活を記事にもできます。現地に滞在しているからこそできる強みを最大限、活かすことがポイントです。

このような情報お役立ちサイトを作成することにより、アドセンス収入を得らえることの他、訪問者を対象としたサービスや商品を売れるようになります。

例えば、先ほどのダイエットや美的ライフスタイルの情報を発信していくと…..

  • ダイエットに興味がある人
  • 海外女性のような体型になりたい人または興味がある人

などを集めていくことができます。いえ、正確にいうと、勝手に集まってきます。そして、この見込み客が来ている所へ、あなたの独自のサービスや商品を販売します。

例えば、海外の美的体型の人が語った「ダイエットに成功するポイント」をまとめた電子書籍の販売もできますね。すでに密着取材などへの記事により、対象者への注目はかなり高まっています。また、ダイエットの成功確率を上げるためのサプリの販売、ダイエットグッズなど、物販へとつなげることもできます。さらには、美的ダイエットツアーを組むこともできます。

  • 海外にいることを最大限に生かす。
  • 日本で求められている情報を海外在住ならではのフィルターで発信する。
  • 集まってきた見込み客からお金をいただく仕組みを作る、
  • さらに、そのお客さんが継続して使いたくなるもの または、継続してサイトに来たくなる理由を考える。

これら4つのポイントを活かせば、海外にいながら十分に稼ぐことは可能です。その他、ココナラ、クラウドワークス、トラベロコなどのプラットフォームを使いお金を稼ぐこともできます。少し考えるだけでも、海外にいながら、収入をあげられる方法はたくさんあることがわかります。

3.ネットショップ構築

海外にいながら日本向けにネットショップを運営もできます。

まず販売するためのネットショップは、大きく分けると次の3つです。

  1. アマゾン出品
  2. ベースなどの無料ネットショップ
  3. 独自ドメイン×ASPによるショップの構築

アマゾン出品とは、月額5,000円ほどで、アマゾンに出品できるサービスです。わずか数千円の費用を支払うだけで、お客が集まるアマゾンのプラットフォー上で販売できる点が大きな魅力です。SEOとかよくわからない。とにかくなるべく簡単な方法で販売をしたいときは、アマゾン出品をお勧めします。

ベースとは、誰でも無料でネットショップを運営できるサービスです。アマゾンのように月額費用をかけることなく販売できます。デメリットとしては、アマゾンのように圧倒的な集客力があるプラットフォームでは販売できない点です。

最後は、ネットショップです。すでに説明した2つの方法は、あくまで他人のプラットフォームを借りて販売することです。この場合、他人の集客力を借りて販売ができるため、とても大きなメリットがあります。しかし、これは同時にデメリットにもなります。一言でいえば、他人の仕組みの上で商売をしているため、どうしても他人主導の規約変更等は、避けられないです。

一方、ネットショップは、自分が所有しているため、上記2つのように他人の影響により、ショップを制限されることはありません。極めて、自由な販売ができます。もし、海外にいながらネットショップを運営するのでれば、これら3つの特徴を考えるようにしましょう。考え方によっては、アマゾン出品と同時に自社ドメインショップを運営することも一つの手だと思います。

ただし、ここで一つの疑問が生まれてきます…..

「在庫の管理はどうすればいいのか?」ですね。これについては、2つの考え方があります。

  1. 日本側で在庫を一括管理する方法
  2. 海外で在庫を管理する方法

在庫管理の方法

1.日本側で在庫を一括管理する方法とは?

日本で在庫を管理するときは、アマゾンが提供するマルチチャネルサービスが便利です。マルチチャネルサービスとは、アマゾンの物流倉庫の中で、自社の在庫を一括管理できるサービスです。しかも、在庫の管理をしてくれるだけではなく、発送までをしてくれます。

例えば、アマゾン、ベース、独自のネットショップなどで販売しているとします。それらの販売ショップを通じて物が売れたとすると…

アマゾンに指示を出すだけで、アマゾンFBA→指定の納品先まで発送してくれます。アマゾン以外で販売している商品も発送してくれるのがポイントです。発送する商品は、無地の段ボールで発送されるため、利用者は、アマゾンから発送されてきたとはわかりません。つまり、アマゾンマルチチャネルで在庫を一括管理しておけば、あなたが海外から操作をするだけで、在庫から発送までを遠隔でコントロールできます。

2.海外で在庫を管理する方法

日本で在庫を管理するのではなく、海外側で行うこともできます。この場合、在庫管理というより、直買い、直発送とも言えるかもしれません。

例えば、海外の仕入れ先の近くに滞在しているのであれば、ネットショップで商品が売れてから商品を仕入れて日本に発送ができます。もちろん、ネットショップ上では、海外から発送しているため時間がかかる旨を明記しておきます。これであれば、在庫を抱えるリスクをゼロとしながら物販を行えます。

ただし、最近では、よりスピードが重視されるため、このような方法による商売は厳しいのが現実です。それと、実は、この形態をとると、関税法上の取り扱いや、その他、他法令の関係上でメリットを受けられます。ヒントは、商品の届け先に「個人輸入扱い」として発送できる点です(詳細は伝えません)

まとめ

  • 海外滞在中に無収入にならない仕組みを作る。
  • 海外にいながらネット上でお金を稼ぐことは可能です。
  • 主な方法はブログ、代行系、海外価格差を利用した手荷物転売、ネットショップ運営
  • 海外に滞在している部分を活かせば、様々な部分でキャッシュ化は可能です。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました