海外向け商品の販売はフェイスブックページのショップ機能

フェイスブック 海外出張/貿易サービス
この記事は約7分で読めます。

海外向けに商品を販売するときにいきなり高額な初期投資は避けたいところです。しかし、だからといって何も手をつけず時間だけが過ぎてしまうことは避けたいですね。そこでオススメなのがフェイスブックページの中にある「ショップ機能」の活用です。

フェイスブックページとは、主に企業用のページを作成できるサービスです。この中の一つとしてフェイスブック上で商品の販売ができる「ショップ機能」が存在します。そこで、この記事では、海外向け販売を開始したいけれど、最初から大きな投資はできない方のために、フェイスブックページのショップ機能の始め方についてご紹介をします。

フェイスブック

フェイスブックページのショップ機能

会社としてフェイスブックを行うときは、企業用のフェイスブックページを作成します。個人アカウントとは異なり、会社が情報発信をしたいときに利用します。フェイスブックページの管理は、複数で行うことができます。そのため、社内において、すでにフェイスブックを利用している人が会社全体として一つのページを管理・運営します。

日本においては、このフェイスブックページをブランディングや消費者とのコミュニケーションの場として利用する所が多いです。しかし、東南アジア諸国は、このフェイスブックページを単なるコミュニケーションサービスとしては使っていません。なんとフェイスブックページ上で商品の販売をしています。

例えば、自社の商品をいくつか並べておき、商品に関する質問などをフェイスブック上で受けつけるようにしています。消費者や業者など、すべてフェイスブック上でコメントをやり取り出来るため、良い意味でも悪い意味でもダイレクトに反応が返ってきます。また、フェイスブック上で販売ができるのも魅力的です。

なぜ、フェイスブックページのショップ機能がおすすめなの?

海外への情報発信を考えると、すぐにその手のコンサルタントに頼みたくなります。しかし、海外向けコンサルタントは、非常に高額な費用がかかるため、まずは「反応を見たい!」程度に運営したい方にとっては、非常にハードルが高いです。そこで、海外向けフェイスブックページのショップ機能をお勧めします。

海外向けフェイスブックページのショップを利用するときは、特に大きな資金は不要です。もちろん、初期設定なども不要で、誰でもすぐに始められるようにできています。特に、フェイスブックページは、次の3つの特徴があります。

  1. 顧客やターゲットを細かくして広告出稿ができる。
  2. 海外に向けた手軽な商品販売
  3. ページ上で顧客にアクションをさせる仕掛け
  4. フェイスブックインサイトでページの分析ができる。

1.顧客やターゲットを細かくして広告出稿ができる。

フェイスブック広告は、広告を投入する地域、年代、性別、趣味、趣向に細分化されたターゲットごとに出稿できます。無駄な広告費を極力なくせます。

2.海外に向けた手軽な商品販売

海外向けネットショップなどを運営できますが、まずはどのような商品に反応があるのかを調べることも重要です。上記で説明をした広告と組み合わせて、反応が良い商品を把握できます。顧客からの疑問があれば、それがそのまま海外マーケティングを行うための大きな資産です。

3.ページ上で顧客にアクションをさせる仕掛け

フェイスブックページでは、目的を達成できるように、さまざまなアクションボタンを設置できます。これにより無料で見込み客を集めたり、見込み客に対して行動を求めたりできます。

4.フェイスブックインサイトでページの分析ができる。

フェイスブックページを訪れたユーザーが、どのような投稿について関心を示したか?などの行動を分析できます。これにより、顧客の求めている内容を数字で把握できます。この結果をもとにして改善していけば、よりファンに愛されるページになることは間違いありません。それが結果的に貴社のブランド力向上と売上拡大につながります。

以上の点をふまえると、フェイスブックページ上でショップを運営することは、海外の市場調査という側面ではかなり優れたツールであると言えます。いきなり大きな投資を行う必要もありませんので、まずはフェイスブックページの運営とフェイスブック広告を組み合わせて「実行する」ことが何よりも重要です。

次にフェイスブックページのショップを利用する上でのガイドライン(利用規約など)を確認します。

フェイスブックページショップに出品する際の注意事項

フェイスブックページのショップにて様々な商品を紹介することは、海外マーケティング上で役立つことがわかりました。それでは、このショップには、どのような物が掲載ができるのでしょうか。ここでは、商品を追加するにあたり気をつけなければならない注意事項をご紹介します。以下は、フェイスブック社の利用規約の部分を引用したものです。

要件

製品ごとに少なくとも1つの画像が必要です。

画像は製品自体の画像である必要があります。製品のグラフィック(イラストやアイコンなど)は使用できません。

 

推奨事項

次のような画像を使う必要があります。

わかりやすく、製品全体が表示されている

1024 x 1024以上の解像度

正方形のフォーマット

製品を近距離から写している

背景が白い

実生活にあるシチュエーションで製品が撮影されている

 

次を含む画像は使用できません。

テキスト(コールトゥアクション、プロモーションコードなど)

不快なコンテンツ

広告素材や宣伝素材

ウォーターマーク

時間的制約のある情報(期間限定の値下げなど)

引用元:フェイスブック社利用ガイドラインより

上記のガイドラインを確認する限り、さほど厳しい規約にはなっていません。特に関係しそうな点として以下の部分があります。

1.製品ごとに少なくても1つの画像を用意すること=イメージ図、イラストは不可

2.なるべく大きくてはっきりしている画像を用意する。

3.時間的制約のある情報を入れてはならない。

1番と2番は商品に関係する写真を用意することです。3番は「いつまでにご注文だったら○○円~」と時間を区切り、心理的に購入を促進させる言葉をいれた「画像」を使用してはなりません。日本人向けの市場でよく用いられている手法が禁止されているため、ご注意ください。

フェイスブックページのショップを利用するための注意事項は以上です。それでは以下にショップ機能の設置方法を順に説明していきます。

ショップ機能の設置方法

フェイスブックページ上でショップ機能を利用するためには、まずはフェイスブックページを作成する必要があります。海外向けフェイスブックページ(企業ページ)の作り方を参考にして貴社のフェイスブックページを作成してください。作成し終わると、以下の赤枠部分に「ショップ」があります。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-1

 

販売者に関する利用規約(英語)を確認した上で、チェックを入れて次へを押します

hunadeのサービス

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-2

 

決済機能(カート機能)を別に持っている場合(決済を別のURLで行ってもらいたいとき)は右側の「別のウェブサイトで精算」を選びます。通常であれば、左側のメッセージを送信して購入を選べばいいです。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-3

 

商品を販売するときの通貨を設定します。一般的なUSD(アメリカドル)を選ぶことをおすすめします。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-4

 

早速、商品を追加していきます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-5

 

上部で写真を追加します。製品の良さが伝わるようになるべく大きな写真を投稿します。また枚数は少なくても三枚ほどあったほうがいいです。製品の動画があれば、右側で追加ができます。その下にある名前、価格、説明などは、グーグルキーワードプランナーを参考にして設定します。

2

 

この画面が表示されたら追加完了です。新しい製品がある場合は、この作業を繰り返していきます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-7

 

このように商品がフェイスブックページのショップ上に掲載されます。

 

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-67

 

処品の詳細ページは、以下の画像のようにコンパクトにまとめられています。商品に対する疑問等も右上にあるメッセージから気軽に送信ができるため、ユーザーの問い合わせの敷居も低いと予想できます。また、運営者側としても遅滞なくメッセージを確認できるため、素早く返信を行うことができます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-hunade-45

まとめ

初期投資をなるべく抑えて海外向けの販売を行いたいときは、フェイスブックのショップ機能が便利です。これであれば最初から高額なコンサルタント代金を払うことなく、海外における簡単な市場調査を行うことができます。

フェイスブックページのショップ機能では、商品の販売までできます。しかし、実際の利用目的は販売ではなく、あくまで海外における市場調査です。そのため、海外向けのフェイスブックページを作成した後に、貴社が求めているターゲットにリーチできるような広告配信を行うことが大切です。それが海外在住消費者(消費者になる予定)の反応などを知る手掛りです。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました