「Peach」桃の輸出状況 価格・他法令・考えるべき課題

桃の輸出 輸出ビジネス
この記事は約5分で読めます。

神話にも登場する「オオカミジミ」=桃は、神様の実とも表現される神秘的な食べ物です。芳醇な香り、口いっぱいに広がる果汁が好きな方も多いでしょう。特に日本で生産される桃は、世界最高レベルの果実だと思います。海外で「桃らしきもの」を真似て作っても、日本の桃にかなわないと考えます。そこで、この記事では、桃の輸出状況をご紹介していきます。

桃の輸出

桃の輸出ビジネス

桃の生産が盛んな自治体を中心にして、海外に桃を輸出する取り組みが盛んになっています。特に台湾、香港、シンガポール向けの輸出が盛んであり、商品を集めるJA、海外に売り込む自治体、その物流を後押しする企業の3者が連携しながら輸出に取り組んでいるようです。日本の桃は、味自体は非常に競争力がある一方、価格競争力がなく、他国産品との競争が激化しているとも聞きます。もちろん、国内勢同士の競争も厳しくなっています。

といいますのは、輸出先に台湾、香港、シンガポールが多いのは、現地の輸入規制の緩さに関係しています。特に香港の場合は、自由貿易の先進地であるため、外国産品に対する規制や関税等は非常に開放されています。つまり、これは、自由競争の原理が働き、国内外勢とのし烈な戦いにさらされやすくなることも意味します。このような基本的な部分を頭に入れた上で、桃の輸出状況を確認していきましょう!

基礎情報

桃のHSコード、他法令、輸送方法に関する情報は次の通りです。

HSコード

0809.30-000

他法令及び関係機関

桃を輸出するときは、日本側で「植物防疫法」が関係します。輸出の検討を始める場合は、まずはお近くの植物防疫所に問い合わせをしましょう。日本は、相互に「植物検疫に関するルール」を定めてている国とは、農林水産物の輸出入を認めています。逆にいうと、このルールが決まっていない国には、輸出入が一切できないため注意が必要です。

  • 法令コード:PL(植物防疫法)
  • 管轄:農林水産省 消費・安全局植物防疫課

また、日本側だけではなく、相手国側の検疫制度も確認が必要です。この部分は、取引先の企業(相手国側)に調べてもらいましょう。特に日本からの農産物は「放射能汚染していないか?」の観点でチェックされることが多いです。農産物の放射能に関する証明書の発行、検査機関は「農林水産省のページ」で確認ができます。

日本側の法令:植物防疫法
相手国側のポイント:放射能検査

輸送方法

桃を輸出するときのポイントは、害虫を付着させないこと。さらに鮮度を保つための温度などを管理にあります。特に害虫の付着は、相手国側で「滅却処分(すてること)」になる可能性があるため注意が必要です。その他、収穫地から相手に届けるまでの物流(コールドチェーン/温度を定温で運ぶための物流網)の構築も重要です。2020年現在、代表的な定温輸送サービスには、CAコンテナ(大規模用)、小口リーファーコンテナクールEMS(テストや小ロット用などが)などがあります。

また、桃の輸出先国別の積地(日本側の荷物の発送地)は、次の通りです。

例えば、香港向けであれば「神戸、関西空港…..」と並んでいますね? この場合は、行の左の方から多い順に並んでいます。日本全国、香港向けの貨物は、神戸や関空の便で運ぶことが多い=この両方に香港向けに輸送するための物流(便)が整っていると推測できます。

輸出先の国 申告先税関(輸送元地)
台湾 関西空港、成田、酒田、中部空港、大阪、川崎、福岡空港
香港 神戸、関西空港、羽田、成田、東京、名古屋、中部空港、福岡空港、横浜、博多、大阪、川崎、堺、門司
タイ 東京、羽田、中部空港、横浜、福岡空港、関西空港
シンガポール 那覇空港、羽田、関西空港、東京、福岡空港、成田空港、横浜、神戸
マレーシア 羽田、関西空港、成田、神戸
インドネシア 羽田、東京
カンボジア 成田、関西空港
マカオ 関西空港
オマーン 成田
アラブ首長国連邦 関西空港、羽田
英国 羽田
グアム(米) 成田

関連記事:

その他、桃の輸出に関連する記事や情報は次の通りです。

農林水産省・桃の輸出事業
日本産高級モモの輸出流通システムを構築
Freshtron(フレッシュトロン)
「鮮度を20日保持」新技術で野菜の輸出後押し

桃の輸出状況と価格

最後に桃の輸出価格をご紹介します。この価格は、貿易統計の2018年度(2018年4月~2019年3月)を基準。表中の価格は、税関への輸出申告価格(FOB)です。つまり、日本の港における価格であるため、相手への最終引き渡し価格はさらに高くなります。数量欄におけるカッコ内の数字は船での輸送分を指します。(カッコがないものは、すべて航空便での輸送です。)この数字をみると、香港とタイ向けは、比較的、船便での輸送が多いです。他方、台湾は、ほぼ航空便で輸送していることがわかります。

よって、仮にあなたが香港やタイ向けに桃の輸出を考えるなら、少なくても「船便」を使わないと、価格競争上、負ける公算が高いと判断できます。

国名 数量 価格 単価/KG
香港 1401803(597163) 1404508 ¥1,002
台湾 243444(1248) 294323 ¥1,209
シンガポール 36056(3286) 44510 ¥1,234
タイ 26160(19683) 22255 ¥851
マレーシア 13068(290) 8111 ¥621
インドネシア 2914(150) 2501 ¥858
カンボジア 1498 1675 ¥1,118
オマーン 135 712 ¥5,274
英国 250 652 ¥2,608
アラブ首長国連邦 258 488 ¥1,891
グアム(米) 250 272 ¥1,088
マカオ 221 214 ¥968
中央値 ¥1,103

桃に対する世界の検索キーワード

キーワード キーワード需要が多い国
red haven peach アメリカ、カナダ
white peach アメリカ、シンガポール、カナダ、南アフリカ、フィリピン
green peach ガーナ、ナイジェリア、アメリカ、フィリピン
donut peach シンガポール、マレーシア
flat peach イギリス、オーストラリア、インドネシア、アメリカ
桃子 中華圏(中国、台湾など)
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました