Parboiled riceの意味 ミャンマー発

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    ミャンマーにおける主要な産業の一つに米作があります。2018年の一年間でおよそ3.5ミリオントンがミャンマーから外国へ輸出されています。そんなコメの輸出が盛んなミャンマーにおいて「Parboiled rice(強化米)」に関する情報を見つけましたのでご紹介します。

    なお、大前提として私は栄養の専門家やコメ農家でもございません。記事中で誤った点を記述していることもあるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。あくまで英文記事から読み取れた内容をサマリーとして掲載しています。

    この記事で掲載している情報以上のことをお知りになりたい方は、ご自身の責任と努力の上、情報収集に努めるようにお願いいたします。

    Parboiled rice(強化米)

    Parboiled rice(強化米)とは、白米に比べて食物繊維が二倍、血糖スコアが非常に低いお米です。ただし、強化米といっても特別なお米のことではありません。米殻から「コメにする過程」に工夫しただけのものです。

    Parboiled rice(強化米)の5つの特徴

    強化米のメリットは、次の5つです。お米=血糖値と考える方も多いのではないでしょうか。強化米は、この常識を覆します。米の精製過程を工夫することにより、お米から糖分を減らします。ただし、お米に含まれるビタミンや亜鉛などの栄養素は、そのままであるのが大きな特徴です。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス
    1. 低脂肪
    2. 血流の流れを良くして血圧を下げるビタミンBが豊富
    3. 亜鉛による細胞生成の活性化
    4. 白米との比較で食物繊維が二倍
    5. 糖スコアが低い

    こんな人にオススメ!

    強化米は、次の5つの病気を抱えている人が食べると良いとされています。

    • 糖尿病患者
    • 冠動脈疾患
    • 高血圧
    • 便秘を予防する
    • 小児疾患
    • ダイエット希望者

    強化米の作り方

    強化米と通常のお米は、どのように違うのでしょうか? 強化米を作る上での大きなポイントは「もみ殻付きでお湯に浸し、蒸すこと」です。

    もみ殻を付けたままゆでたり、蒸したりすることにより、糖分などが抜けつつ、ビタミンA・B、亜鉛などの重要な栄養素のみを米に残せます。具体的には、次のような作り方をしていきます。

    1. 60度~80度の湯を用意する
    2. 「もみ殻付き」のコメを入れてよく混ぜる
    3. 8時間ほど冷ます。目的:砂糖ビタミンA・B、亜鉛などが流す。
    4. 15分ほど蒸す。(もみ殻とコメの間に残っているビタミンや亜鉛を再び浸透させる。)
    5. 乾燥させる
    6. 外皮を取り除き食べる

    ポイントは蒸すこと

    一般的には、収穫したコメは、外皮を取り除き、玄米や白米を作ります。パーボイルドライスは、この外皮を取り除く工程をなくし、そのままの状態で「お湯へ浸透」「蒸し」「乾燥」の三つの工程を経ることにより、糖分スコアが低く、食物繊維が白米比で二倍以上のお米ができあがります。

    冷まし工程により、糖分やその他の栄養素を洗い出す。その後、蒸し工程により、必要な栄養素を再吸収させる。

    現在の輸出先

    2019年現在、ミャンマーから輸出されているパーボイルドライスは、以下の国に輸出されています。ヨーロッパにも輸出されていることを考えると、日本側のマーケットにも受け入れられる可能性があります。

    • ヨーロッパ
    • アフリカ
    • アセアン諸国

    ただし、日本市場のマーケットにニーズがあるとしても、外国産米に対する最も大きな問題は、日本側の高い関税率です。お米に関しては、LDCによる特別特恵も適用できません。2019年現在、お米には、以下の関税率が設定されています。

    • HSコード:1006~
    • 暫定税率 1KG 50円(現状は、暫定税率を適用)
    • WTO税率 1KG 340円

    もし、あなたがお米の生産農家であるなら、このパーボイルドマイについてもう少し研究されると、現在、生産しているお米とは違うビジネス展開ができると思います。現状、日本国内に、このパーボイルド米と同じものが流通されているのか?を含めてご検討ください。

    ちまみに、ミャンマーのお米の原価(70円/KG程)は、非常に安いです。上記の関税率を支払ったとしても、価格競争力はあります。現状は、日本産のコメ自体の品質でこの価格差をカバーできていると思いますが、仮に日本品質のコメをミャンマーで生産できると、非常に大きな脅威です。やはり、大開国時代であることを見据えて、研究と行動をしていく必要があります。

    まとめ

    • ミャンマーでは、パーボイルド米(強化米)が輸出されている
    • パーボイルド米は、血糖スコアが低い、食物繊維が二倍の特徴がある。
    • 高血圧、糖尿病、ダイエット希望者などに適している
    • 日本のコメ農家さんは、パーボイルド米の研究をするべきです。(していなければ)
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました