ネットショップで輸入品を販売!スムーズな開業のステップ

ネットショップ 輸入ビジネス
この記事は約6分で読めます。

輸入した商品を販売したいときは、どのような方法で行えばいいのでしょうか? よく聞く楽天市場などで販売すれば良いのでしょうか。それともメルカリなどのフリマアプリが良いのでしょか。この記事では、ネットショップを使って輸入品を販売するにあたり、どの販売ツールを利用した方が良いのかをご紹介していきます。

輸入品のネットショップを開くときの理想的な流れ

輸入した商品を売る方法の一つとして、ネットショップがあります。実店舗で必要になる家賃などの固定を支払わずに、販売できる所を持てるという意味では、画期的な方法です。ネットショップと言っても、楽天ショップやヤフーストアと呼ばれる「デパート型ショップ」から、独自ドメインと呼ばれる自社運営のショップまで、さまざまなタイプがあります。また、最近ではこれらに加えて、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリもあります。

はじめて輸入品の販売をするときは、既存の販売プラットフォーム(メルカリやBASEなど)を活用して、取り扱う商品の市場調査&経験を積むことからスタートします。メルカリは、個々の単発の取引を。メルカリで手ごたえがあった物をBASEなどの無料ネットショップへ出品します。

それでは、この結論に至る理由を順番に説明していきます。

ネットショップを選ぶ3つのポイント

ネットショップを開くときは、絶対に外せない条件があります。これらの条件を守らないと、お金だけがかかってしまうことになるため注意しましょう!

輸入代行のポイント

1.利用者がたくさん集まっている所に商品を並べること
2.できるだけ費用がいらないこと
3.販売に専念できること

1.利用者が集まっている所に商品を並べること

あなたは、何らかの商品を購入するときは、どのようなサイトを訪れますか? 多くの方は、アマゾンや楽天市場という大きなショップサイトを選ぶはずです。なぜか?検索フォームに商品名を入力するだけで、簡単に商品を見つけられるからです。

では、これを購入者ではなく「販売者目線」で考えると、どのようなことが言えるのでしょうか? 「このサイトへ行けば、何でも揃っている」と考えているユーザ、つまり何らかの商品を買いたい人が集まってくる所へ商品を並べれば、より販売しやすいといえます。

購買意欲が高い人が集まってくる所:メルカリ、BASEなど。まずは、購買意欲が高い人が集まるサイトへ商品を並べて反応を見ることがポイントです。

2.できるだけ販売費用がいらないこと

購買意欲が高い人が集まってくる所と言っても、いきなり楽天市場などに出店するにはハードルが高すぎます。最初に大きな加盟金を取られて、さらに、月々の会員費も取られます。まだ売れるかどうかもわからないのに、いきなり高いお金を投資するのは無謀です。

そこで、二つ目のポイントは「できるだけ安く販売を始められる所」を選ぶことです。メルカリは、会員費や月額手数料金、出品手数料などは、すべて無料です。商品が売れたときにだけ10%の手数料を支払えば良いため、お金をかけることなく、無料で販売をスタートできます。

また、メルカリと合わせて無料でネットショップを開ける「BASE」もおススメです。BASEは、初期費費用、月額費用が無料であるにも関わらず、きれいなネットショップを開けるサービスです。こちらも売れたときだけ手数料を支払えば良いため、初心者がネットショップを開きたいときにおすすめです。メルカリ個人、BASEは「お店」として運営できる違いがあります。

このように、無料で販売できるツールはたくさんあるため、最初は、できるだけ安くスタートができる所を選ばれると良いです。

無料で販売ツールはたくさんあります。ネットショップ=楽天と考えるのは危険です。

3.販売に専念できること

ネットショップを構築するとなると、すぐに独自ドメインショップでの販売を考えてしまいます。しかし、最初からネットショップを作ることはお勧めしません。なぜなら、ショップの構築や集客には、大きな苦労をする可能性があるからです。

やはり、できるだけ 簡単 安く 手軽にスタートできる販売ツールを使う方が良いです。具体的には、メルカリなどのフリマアプリや、BASEなどの無料ネットショップがお勧めです。メルカリでは。個々のテスト販売をしていき、売れ行きが良い物をBASE(無料ネットショップ)で販売するなどが良いと思います。

無料で開けるネットショップ・BASEの登録方法

無料で手軽にできるツールで販売を重ねてきたら、次に、独自ドメインによる「自分専用のネットショップ」を作ります。独自ドメインのネットショップとは、ドメイン(自分専用のURL)を取り、その中に、自分のショップをオープンさせることです。ショップをオープンさせると言っても難しい知識は不要です。

「カラーミー」などのネットショップ支援サービスを使えば、ネットショップで必要なほとんどの機能を月額980円~実現できます。初心者であっても簡単に「自分だけのオリジナルショップ」を作れることが魅力的です。

独自ドメインによるネットショップの構築方法

「おまけ」メルカリには、こんな使い方もあります!

輸入初心者の内にメルカリを利用する目的は「市場調査」と「販売の感覚」をつかむことでもあります。メルカリによる市場調査とは「どのような商品が売り切れているのか?」「どのような物に興味が持たれているのか?」を調べることです。これを調べるために、メルカリの中にある「2つの機能」を使います。

市場調査を行う2つの検索機能

機能1.検索対象を絞って「売り切れ」品をチェックします。

メルカリで販売されている商品は、カテゴリ(商品の種類)や、商品の名前などを入れて探せます。このとき、何も設定をしていないと、そのままの検索結果が表示されてしまいます。しかし、メルカリの中にある検索の設定をすることで、自分が求めている条件の商品だけを一覧表示できます。

これが通常の検索結果の画面です。

Hunade

検索結果に「売り切れ=すでに売れて販売が終了した物」を設定します。

Hunade

すると、先ほどの画面とは異なり、左上に「SOLD」の文字が表示されます。この表示になっている物は、実際に商品が売れたことを表しています。これらを一つ一つ丁寧に調べていくと、どのような商品が売れやすいのか、その傾向をつかむことができます。

楽天市場などで販売されている価格と、メルカリで落札されている価格を見比べると、およその相場観をとらえられます。また、繰り返し販売されている物も要チェックです。売れるから販売を繰り返していると考えてください。

Hunade

機能2.商品についている「いいね」の数をチェック!

先ほどと同じく商品の需要を確認するために「いいね」の数をチェックします。メルカリでは、気に入った商品に「いいね」をつける機能があります。このいいねの数が多い物には、どのような商品があるのかを調べます。

Hunade

以上、メルカリの活用方法でした。それでは、もう一度、輸入品を販売するためのネットショップ構築の流れを確認しておきましょう!

具体的な構築ステップのまとめ

輸入品を販売するネットショップを開くときは、できるだけ、簡単 安く 手軽に始められる販売ツールを使うことがポイントです。具体的には、まずは、BASEやメルカリなどでテスト販売してみます。その後、ある程度、手ごたえを感じたら、少額ネットショップの構築していきましょう!

1.初心者は、BASEやメルカリなどを使って、商品の需要を探りながらテスト販売をします。

無料でBASEを試したい!

2.販売知識も増えて、本格的にネットシップを開きたいときは「カラーミー」を使います。

3.1と2を組み合わせながら、少しずつ販売量を増やしていきましょう!

これら1と2を行うのにあたり、さらに次の5つのポイントを意識すると、成功しやすくなります。

5つのポイント

1.海外サイトへのネット注文だけでは手に入らない物を扱うこと
2.輸入制度上、扱いにいくい物(要:他法令物)をあえて扱うこと
3.自由貿易と関税に関する知識をつけること
4.圧倒的に安い配送料金を実現すること
5.日本と海外の需要と供給を多面的にとらえること

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



hunade

\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました