【ペイオニア】アマゾン輸出で必要となる銀行口座の入手方法

AMAZON 輸出ビジネス
この記事は約5分で読めます。

アメリカアマゾンなど、海外のアマゾンで商品を販売した場合、代金の受け取りは、どのような仕組みになっているのでしょうか? アマゾン輸出の指南サイトをみると「米国の法人口座が必要」だとかかれています。実際、それを信じて渡米をして、アメリカ国内で銀行口座を開設する必要があるのでしょうか? この記事では、海外アマゾンで販売する場合の銀行口座の用意についてご紹介していきます。

AMAZON

アマゾン輸出で必要なこと

「サラリーマンでも副業レベルでできる輸出は何か?」を考えると、一つの答えとして海外アマゾンを使った輸出ビジネスがあげられます。いわゆる「アマゾン輸出」です。実は、アマゾンは日本以外にも展開しており、世界全体に合計十数か国あります。そして、この海外にあるアマゾンのプラットフォームを使い、販売活動(輸出)をするのがアマゾン輸出です。

しかし、実際にアマゾン輸出を始めるとなると、一つ大きな障害があります。それが「法人の銀行口座」の用意です。実は、アメリカアマゾンの販売するには「アメリカの法人銀行口座」が必要です。もちろん、これはアマゾンの規約上の規制ではなく、アメリカの法律に基づく物です。したがって、アマゾン以外のプラットフォームを使った販売活動にも同様の規制が適用されます。

海外アマゾンで販売するときは、海外法人の銀行口座が必要

米国法人の銀行口座を入手するには?

では、海外アマゾンで輸出している人は、どのように銀行口座を入手しているのでしょか? やはりアメリカまで銀行口座を作りに行く必要があるのでしょうか? 実は、この部分を解決できる便利なサービスがあります。それが「ペイオニア(Payoneer)」です。

ペイオニアとは?

ペイオニアとは、海外における貴社名義の銀行口座を提供するサービスです。具体的には、次のように利用します。

  1. ペイオニアと新規契約をする。
  2. 契約後に取得できる海外受け取り用銀行口座とご自身の日本口座をリンクさせる。
  3. 海外アマゾンの収益用の銀行口座として「ペイオニアから提供された口座」を登録する。
  4. アマゾンやAirbnbの規約に基づく期間で収益がペイオニア口座(あなた専用)に入金される。
  5. 受け取った外貨は、登録している日本口座に日本円で受け取れる。

この1~5の仕組みによって、海外アマゾンでの販売に必要になる銀行口座を取得できます。

アマゾンアメリカからペイオニアを経由した資金の流れ

1.アメリカのお客さんがアマゾンアメリカで購入する。
2.アマゾンアメリカから販売者に支払われる(ペイオニア口座)
3.ペイオニア口座から自分の日本口座に出金する。

ペイオニアの特徴

では、その他のペイオニアの特徴も確認しておきましょう。主な特徴は、次の5つです。

  1. Airbnbや一般の海外取引先の入金先としても活用できる。
  2. ペイオニアアカウントを使った請求もできる。
  3. ペイオニアアカウントから日本への出金できる
  4. ペイオニアユーザー同士も支払いができる。
  5. 複数のストアの支払い管理も一元的にできる。

1.Airbnbや一般の海外取引先の入金先としても活用できる。

この記事では、アマゾン輸出をするときに必要になる銀行口座問題の解決策として、ペイオニアを紹介しています。ペイオニアは、アマゾン取引以外のプラットフォームや海外取引先の企業の資金決済方法としても活用ができます。対応する通貨は、次の米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、人民元、カナダドル、メキシコペソなどです。

例えば、一般の輸出取引をするとします。決済方法は「T/T」つまり、銀行口座を指定しています。この場合も、ペイオニアを使って入金や出金ができます。もし、相手もペイオニアを使っている場合は、ペイオニア同士の決済となり、一回100万円までは取引手数料はゼロです。また、ペイオニア口座同士のやり取りは、外貨取引になるため、為替による影響もありません。

2.ペイオニアアカウントを使った請求もできる。

ペイオニアを使い相手先に積極的な請求もできます。

1.自動リマインド機能で請求を催促するメールも送れる。
2.請求状態の一元管理も可能(請求、未入金など状態などを画面上で一覧管理)
3.取引先も支払い方法を選べる(銀行振り込み、クレジットカード、eCheckなど)

3.手数料が安い。ペイオニアアカウントからの出金も安い。

ペイオニアは、これまでの銀行を使った決済とは、全く違います。ペイオニアの方が資金決済スピード、手数料共に圧倒的に優れています。ペイオニアのアカウントから日本国内の銀行は「すべて対応」していること、また、出金に関わる手数料も安いです。

ある銀行 ペイオニア
銀行口座からの送金 海外送金 国内送金
資金を受け取るまでの期間 約一週間 最短一営業日
為替手数料+被仕向け送金手数料 数千円 2%以下
取り扱い銀行 ネット銀行を除く 国内すべての銀行

4.ペイオニアユーザー同士も支払いができる。

非ペイオニアユーザーとのやり取りだけではなく、ペイオニアユーザー同士も資金のやり取りができます。一回の出金額が100万円までは手数料無料です。また、ペイオニア同士は、対応外貨同士でのやり取りをするだけなので、為替による影響を受けません。この場合は、上限100万円まで手数料無料で資金の出金や受け取りができます。(為替による影響もなし)

5.複数ストアの支払い管理も一元的にできる。

ネットショップを運営している方は、アマゾンの他、楽天など、複数の店舗を運営している場合も多いです。この場合、店舗ごとの入金管理をするのは非常に大変ですね!実は、ペイオニアでは、このような複数ストアの支払い管理も一元管理ができます。

ストアの代表例:アマゾン、楽天、LAZDA、SHOPEE、など

まとめ

  • アマゾン輸出で必要にある法人銀行口座は、ペイオニアで用意する。
  • ペイオニアは、アマゾンだけではなく、その他のサービスの受け取りにも活用ができる。
  • ペイオニアは、独自の仕組みにより、既存の銀行による決済にはない、様々な利点がある。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました