feedlyの使い方 貿易・海外情報をもれなく受け取る方法

海外出張/貿易サービス
この記事は約9分で読めます。

税関やジェトロなど、貿易情報をもれなく受けとりたいときに、それぞれのサイトを定期的に巡回するのは大変です。目的のサイトを訪れるためには、サイトのURLを入力したり、サイトの名前で検索したりしなければならないからです。一つ一つ巡回をすることもできますが、忙しい生活の中で、それをおこなうことは難しいですね!そこで「RSSリーダー」を使います。

RSSリーダーとは、各サイトの更新情報を自動的、かつ一元的に受け取れるサービスです。RSSリーダーに、更新情報を受け取りたいサイトのURLを登録。登録後は、RSSリーダーを確認するだけで、すべてのサイトの更新情報を漏れなく受け取れます。忙しい方には非常に便利なサービスです。そこで、この記事では、RSSリーダーの仕組み、導入方法、活用方法などをご紹介していきます。

RSSリーダーでサイトの更新情報を受け取る方法

普段、利用されているウェブサイトは、各運営者の判断により「最新の情報」が追加されています。いつ、更新情報が出されるのかは、運営している会社や個人のスタイルによって異なるため、読者としてはそれを知る術はありません。ただし、情報化社会であるがゆえに、更新情報を無視するわけにもいきません。ときには、情報の鮮度が収益に直結することもあるからです。

例えば、税関からは関税や通関制度の重要情報が出されます。「特恵関税の対象国から〇〇を外す」などの情報は、支払うべき関税額が増えることを意味します。通関制度の見直しにより、より素早く貨物を受け取るためのヒントになる情報が配信される可能性もあります。また、ジェトロであれば、あなたが狙っている海外市場の最新動向や海外見本市などの情報が配信されます。やはり関係各所から発表される情報をもれなく受け取ることが極めて大切です。

しかし、複数のサイトから出される更新情報を受け取るのは大変です。そこで便利な仕組みが「RSSリーダ」です。

RSSリーダーとは?

あなたが利用するウェブサイトには、RSSという更新情報だけを発信する機能があります。下がそのRSSの中身です。何だかよくわからない情報が表示されていますね。ただ、この文字を理解する必要はありません。サイトから「RSS」というものがでていることだけを覚えておきましょう!このRSSを受信して表示する機能が「RSSリーダー」です。

Hunade

どんなサイトからもRSSが配信されているの?

RSSが配信されていないサイトもあります。昔に作られたサイトである場合、RSSが配信されていない可能性があります。この場合、RSSリーダーによって情報を受けることはできません。ただ、昨今の一般的なサイトであれば、ほぼRSSに対応しています。

ポイント:RSSはサイトの更新情報だけをまとめた物。RSSリーダーは、RSS(サイトの更新情報)を受け取る機能

RSSリーダーにもたくさんの種類有り!

サイトの更新情報を受け取るための機能として「RSSリーダー」があります。実はこのリーダーにも多くの種類がありますが、当サイトでは「feedly」をおすすめします。選んだ理由はいくつかありますが「feedlyマニア」になることが目的ではありませんので省略します。以降の記事では、この「feedly(フィードリー)」の一般的な使い方をお伝えします。

Feedly(フィードリー)とは?

Feedlyは、サイトの更新情報(RSS)を集約して受け取れるサービスです。つまり、税関やジェトロ、日本関税協会などがサイトを更新すると、それらの更新情報が一つのフィードリーに表示されるため、それぞれのサイトへ行く手間もなくなり、受け取る情報の漏れを防げます。

Feedlyの3つの特徴

フィードリーの3つの特徴は次の通りです。それぞれについての詳細情報は、以下でご紹介する「フィードリー使い方(導入編)」で説明をします。

  1. サイトの登録は、サイト名又はURLのどちらも可能
  2. 既読は、文字の色で確認ができる。
  3. 利用する端末を選ばない。

フィードリーの使い方(準備編)

フィードリーの特徴がわかった所で具体的な使い方をお伝えします。まずは、フィードリーを使うための準備を行います。パソコンの場合、スマホ(iPhone)の場合と別々に説明をします。ちなみにすでに述べた通り、どちらか一方だけを利用できるわけではなく、複数の端末で利用ができます。

フィードリー導入編(パソコン)

パソコンからフィードリーを利用するには、こちらのサイトから登録します。フィードリーを利用するには、会員登録が必要ですが、グーグルアカウントやフェイスブックアカウントでも利用ができます。この場合、特に煩わしい登録作用はありません。一度会員登録などを済ませてフィードリーにログインをすれば、次回以降は自動ログインされています。

Hunade

好きなアカウント情報を使ってログインしてください。

Hunade

今回は、グーグルアカウントの情報を使って、フィードリーを利用します。これでフィードリーの利用準備は完了です。

フィードリー導入編(スマホ)

フィードリーはスマホでも利用ができます。iPhone、アンドロイド、どちらでも対応しています。以下のリンクより当てはまるアプリをダウンロードしてください。以降、当サイトでは「iPhoneアプリ」を使って説明します。なお、どちらを使えば良いのかわからないときは「iPad、iPhoneを使っているのか」「それ以外か」を考えてください。

フィードリー for iPhone、for アンドロイド

iPhone版のフィードリーアプリです。

Hunade

画面上方向に向かって指を「スッ」と動かします。

Hunade

パソコン版と同じアカウントで利用してください。これにより、パソコンでの操作とスマホでの操作が「同期(情報が同じになること)」されます。今回は、先程の同じくグーグルアカウントを利用します。

Hunade

スマホでグーグルアカウントにログイン状態である場合は、以下の画面が表示されます。ログインされていない場合は、グーグルアカウントにログインを求める画面が表示されます。

Hunade

以上でパソコン版とスマホ版のフィードリーの準備は終了です。それでは、以降で具体的な使い方を説明していきます。今回も最初にパソコンでの操作方法を説明した後、スマホ版(iPhone版)での操作方法を説明します。

フィードリーの使い方

サイトの登録方法(PC)

パソコンの準備を終えた後の画面操作の方法です。まずは、更新情報を受信するサイトの登録です。左列にある「+ボタン」を押した後、画面中央部分にあるフォームに「サイト名、またはサイトのurl」を入力します。すると、いくつかのRSS候補が表示されます。受信希望のRSS右側にある「FOLLOW」を押します。

Hunade

登録するRSSをカテゴリごとに小分けしたい場合は「CREATE A COLLECTION」を押した後、任意の名前をつけます。なるべく最初の段階からこの作業を行うことをおすすめします。

Hunade

RSSの登録が完了すると、ボタンが以下の画面のように白くなります。この状態であれば、フォロー(登録)は完了しています。

Hunade

RSSを登録できたかどうか画面の左側で確認ができます。以下の赤枠のように、登録したRSSが表示されていればOKです。

Hunade

更新情報の確認方法(PC)

登録したサイトの更新情報は、画面の左側で確認します。赤枠の「ALL」ボタンが緑枠部分(2サイト+Uncategorized(カテゴリ分けしていないサイト))の合計です。この赤枠と緑枠部分の情報は「同期」されているため、どちらかを「既読」や「未読」にすれば、その情報が赤枠部分、緑枠部分の両方に反映されます。横断的に未読を確認するときは、赤枠、個々のサイトごとに未読を確認する場合は緑枠を選びます。

Hunade

赤枠の「ALL」を選んだ際の画面例:

Hunade

未読・既読の確認方法(PC)

更新情報の既読はM記事タイトルの文字色でわかります。以下の2つの画像を御覧ください。画面右側にあるタイトル部分が「薄い黒」になっているため「既読:すでに読んでいる」です。

Hunade

同じく画面の右側にあるタイトル部分を確認します。緑丸部分が「濃い黒」になっているため「未読」です。

Hunade

複数の記事を一括で既読にする方法(PC)

更新情報を確認しないと「未読」がたまります。本来は、1つずつ確認をするべきなのですが、一括で「既読」にしたいときは、次のように操作をします。まず画面左側にある「ALL」を押します。その後、画面右側にある以下のチェックマーク部分をクリック。画面の右下に表示される「YES,MARL AS READ」の部分をクリックすると、一括で既読化の処理ができます。

Hunade

以上がパソコン版の利用方法です。次にスマホ(iPhone版)の使い方を説明します。

スマホでの操作方法(基本的なメニュー位置)

スマホ版のフィードリーは、画面左側にある「三本線」がメニューです。ここから登録しているサイトの更新情報を確認。まずはこの基本的な部分を覚えます。

Hunade上の赤枠部分の三本線を押すと、以下のメニューが展開されます。

Hunade

スマホでの操作方法(サイトの登録編)

スマホのアプリからもサイトの登録はできます。画面右側にある「虫眼鏡マーク」を押します。

Hunade

サイトの名前、または「サイトのURL」を入力すると、以下の画面のように対象のRSSが表示されます。お好きな物を選択してください。

Hunade

スマホでの操作方法(サイトの更新情報を確認する方法)

登録したサイトの更新情報を確認する方法です。まずは画面左側の三本線を押します。

Hunade

登録しているサイトの全ての更新情報を確認する場合は「All」を押します。個々のサイトは「サイト名」を押します。

Hunade

画面を下から上に「スッ」と動かして、次々と更新情報を確認します。タイトル文字が「薄い黒」のときは、すでに確認済です。

Hunade

スマホでの操作方法(お気に入り記事の登録)

フィードリーで複数サイトの更新情報を受け取ると、ときには「登録しておきたい記事」があります。その場合は、画面右側の以下の部分を押して「記事タイトルを保存」します。

Hunade

保存した記事は、画面左側に出てくる「Saved For Later」の中に表示されます。私は、たくさんの更新情報から気になる物を保存しておき、一通りのチェックが終わった時点で、この機能を使って対象の記事を読み返すようにしています。

Hunade

保存されてる更新情報は、以下のように表示されます。ここから更に詳しく調べる場合は、対象記事へ移動しています。

Hunade

参考情報:フィードリー以外の方法はある?

フィードリー以外の手段もいくつかあります。例えば、ブラウザとしてグーグルクロームを使ってるなら「RSS Feed Reader」のアドオンをインストールすると、非常に便利です。一度、登録をするだけで、クローム上で更新情報の有無を確認できます。

RSS

よくある疑問→RSSのURLがわからないときは?

もし、サイトのRSSのURLがわからないときは「BeRSS」を使います。調べたいURLを入力するだけで、すぐにフィードを調べられます。

RSS URL 調べ方

 

以上でサイトのフィードリーの使い方の説明を終了します。

まとめ

情報化社会の現代においては、大量の情報を効率的に受け取り、自分に必要であるかどうかを「取捨選択する力」が必要です。効率的に大量の情報を仕入れるためには「RSS」の仕組みをうまく取り入れることがポイントです。これを使えば、さまざまなサイトから「別々のタイミング」で出される更新情報であっても、一元的に管理できます。

RSSを受け取るときに効率がいいのが「RSSリーダー」です。この記事では、このRSSリーダーとして「feedly」をご紹介しました。この記事で最も重要なポイントは「効率的に情報を収集して、取捨選択すること」です。そのため、たまたまフィードリーをご紹介しているだけであり、RSSを受信する手段は問いません。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました