アジア発/ライブコマース 日本産ジンの輸出チャンス!

世界の今2020-12貿易コラム
この記事は約8分で読めます。

コロナショックで先が見えないと言われる昨今だが、海外メディアでは、この時代を見据えた準備を提案する記事が増え始めている。今回はポストコロナ時代の主流ショッピング形態との呼び声も高いライブコマースについて紹介。そのほか、タイのベビー製品ブランド、アメリカのウェルネスブランドの挑戦、シンガポールのオーダーメイド家具、そして海外でにわかに注目を浴びる日本のクラフトジンについてお伝えする。

ライブコマースの今と未来 タイ/オーガニックベビーブランド 米/次世代のマッサージ機 ほか

ポストコロナ時代の新常識?アジア発「ライブコマース」

ライブコマースとは、eコマースにライブストリーミングを融合させた販売サービス。商品をライブで紹介して購入につなげるためのプラットフォームで、いわばテレビ通販のウェブ版だ。テレビ通販と異なるのは、既存のプラットフォームを使えば個人でも始められ、消費者とその場でのコミュニケーションができるSNSの一種であるという点だ。

中国や韓国から火がつき、アジア発のトレンドとして一気に広まり、世界中で成功例が紹介されている。そしてコロナショックにより、このサービスのへ需要が急速に高まっており、ポスト・コロナ時代の新しい常識になる強い可能性を秘めている。

ライブコマースの考察

ライブコマースは、コロナ以前にも中国や韓国で多くの成功事例を輩出してきたにもかかわらず、なかなか日本に根付かない事が指摘されていた。テレビショッピングのウェブ版の認識が強く、リアルタイムでインタラクティブなショッピング体験である事が浸透しなかったためだという見方があった。しかしコロナ時代に突入し、5Gのサービス開始という追い風もあって、日本国内でも盛り上がりを見せているという。

このプラットフォームは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術とも親和性が高く、実店舗に行かずとも店内を見て回ることができるという試みも盛んだ。一方、ライブコマースが定着している中国では、農家、自営業者にも大きな力になっているとの報告もあり、インフルエンサーや大企業などの枠組みを超えた、裾野の広いユーザーが期待されているようだ。

元記事:

  • Trendwatching, WHERE NEXT? 10 CROSS-INDUSTRY TRENDS THAT ARE ACCELERATING BY THE COVID-CRISIS.
  • Medium, Live Commerce: How Streaming Is Transforming Shopping

タイ/オーガニック・ベビー用品ブランドLamoon Baby

Lamoon Babyは、2011年に設立された、敏感肌の乳幼児向けのオーガニック製品ブランド。社長は、乳児だった息子が化学製品でアレルギー反応を起こした事がきっかけで起業した。商品ラインナップは、シャンプーやパウダーに始まり、洗剤、オーガニックコットン製品、母親向けなど、幅広く揃っている。

また製品には化学物質、香料、パラベンを使わない100%有機天然成分を使用しており、その品質はオーガニック認証機関である米国のUSDAおよびフランスのEcocertに認定されている。広い海外展開も視野に入れており、現在、カンボジア、香港、マレーシアに輸出している。中国とベトナムにも進出予定だ。Lamoon Babyは、製品の品質や流通経路に至るまでの丁寧かつ高いクオリティが国内外で評価されている。

Lamoon Baby URL: http://www.lamoonbaby.com/

オーガニック製品の考察

タイでは日本と同じように少子化が進み、子ども一人当たりの消費が増えているとの事。Lamoon Babyの女性社長によると「常に高品質を求める高学歴な母親」をターゲットにしており、同社は高級品市場でビジネス展開をしている。パッケージもアジア的なかわいらしいイラストや色合いで、日本でも受け入れられやすいデザインだ。一方、日本のベビー用品は、2018年にタイの小売業者Ficelleによって、バンコクで販売進出を果たしている。

元記事:

  • DITP, Special Skin Care Solutions for Babies
  • Retail News Asia LIVING, Japanese baby products firm Ficelle makes full-scale Thai debut

米国発のマッサージ機Theragun「パーソナライゼーション」で業界を牽引

一見グルーガンのような見た目のポータブルマッサージ機Theragunは、2007年に発売当初、プロのスポーツチームやアスリートにアプローチして支持を受けてきた。その後、一般向けの商品ラインの販売を開始し、動作音をできるだけ小さくしたり、ポケットサイズの安価なシリーズもリリースしている。

Theragunを製造販売するTherabodyはさらに、アプリサービスも開始し、あらゆる面からユーザーをサポートする製品ラインTheraOneを発表。ユーザーの個々の生活や健康状態に合わせて、Theragunの速度や圧力、マッサージすべき部位や時間などを設定できるシステムを開発した。また2020年夏には、ヘンプ成分CBD(*注参照)を使用したオーガニックのマッサージバームやオイルの製品ラインも発売予定。

Theraboby URL: https://www.theragun.com/

Therabodyの考察

ウェルネス業界では、リアルタイムでフィードバックやガイダンスを提供する「パーソナライゼーション」機能を備えた製品が台頭している。Terabodyでは、ユーザーがアプリに自分の健康状態や活動状態を入力することで、製品自体がユーザーにふさわしい設定を選んでくれるという双方向性が画期的だ。

Terabodyは、開発者のジェイソン・ワースランド博士が隣でサポートしてくれるサービスを目指しているとのこと。つまり、製品を通して、ユーザーが自分の健康状態について学び、成長できる点に力を入れている。言い換えれば、ユーザーがその製品を使い続ける環境を作るシステムだ。こういったシステムを持つ製品は、ウェルネス業界以外でも広くトレンドとなるのではないだろうか。

*注: CBD製品の輸入には厚生労働省の審査が必要です。

元記事:

  • Well To do, Theragun Launches Groundbreaking New Devices & CBD Line

シンガポールのオーダーメイド家具職人

Liew Yu Huaは、シンガポールの安価な木材を美しい家具に変身させる家具職人としてInstagramから火がつき、シンガポール国内で注目を浴び始めている。

スコットランドやカナダで家具製作を学んだYu Huaは、2019年に自身のブランドSecret Life of Treesを立ち上げた。カナダでの師匠は日本で大工修行も積んでいる。Yu Huaの家具は商業的にはNGとされる、形が歪んでいる木材や破片をそのまま生かしたデザインが特徴で、主に委託制作をしている。顧客はinstagramや口コミで広がっている。

Secret Life of Trees URL: https://www.secretlifeoftrees.com/

オーダー家具の考察

新年度にリモートワークが重なった事で、自宅用家具の需要が高まっているという。Liew Yu Huaがデザインする家具は、素材の持つ背景だけでなく、オーダーメイドの際にはクライアントの個人的な背景も作品に織り込むという。シンガポールにはほとんどいない女性家具職人Yu Hua自身もユニークなブランドストーリーを持つ。

自宅で過ごす時間が増えたいま、家具で自宅をより心地よいスペースにしたいと強いこだわりを持つ消費者への訴求力が強いブランドではないだろうか。

元記事:

  • CNA LIFESTYLE, Creative Capital: This designer-maker is carving a niche for bespoke furniture

日本産のクラフトジンに世界が注目

クラフトジンは地元のさまざまな果物やハーブを使用したローカル色の強い製造法が特徴で、にわかに注目が集まっている。その中でもネットオーダーで自宅で楽しめるジンを紹介。

ドイツの元ワイン農家Ferdinand’s Ginが手掛けたジンは、リースリングの香りでワイン愛好家にも人気。また、シンガポールのジンLeVel33 Hopped Dry Ginにはホップが使用され、柑橘系のさわやかな風味がある。

そして日本産のジンは、2016年に京都の蒸留所が手掛けたKi No Biを皮切りに、最近になって注目を浴び始めている。沖縄の泡盛メーカーが手掛けたクラフトジン「まさひろOKINAWA GIN」は海外展開も積極的に行い、シークワーサー、グアバ、ゴーヤなどのフレーバーで話題となっている。

クラフトジンの考察

ステイホームで旅行ができなくなった今、ワインやジンなどのお酒が各国の香りを運んでくれるアイテムとして見直されている。

日本産のクラフトジンは、世界でも確固たる地位を築いているウイスキーや泡盛、焼酎などの蒸留酒製造のノウハウを生かし、柚子、緑茶、山椒など日本ならではのフレーバーが感じられる製品が、海外では今まで味わったことのないタイプとして人気が出始めている。特に海外からは、北海道から鹿児島、沖縄までの、地方色の強いクラフトジンに熱い視線が注がれているようだ。

元記事:

  • CNA Luxury, Tippling during COVID-19: 3 unique gins to order and drink at home
  • Time Out (In), Best Japanese artisanal and craft gin
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました