泰/コメの箱 輸出で価値発見 米/ウェルネスは組立式がトレンド 

セカイマ2020-29貿易コラム
この記事は約8分で読めます。

海外に輸出されると新たな価値が見出される製品がある。今回はそれを応用したビジネスを中心に紹介する。タイからは有機米のパッケージが欧米に注目されている話を、フィリピンからは日本の餅菓子の食感を再現したアイスについて、そしてイギリスの高級紳士服で有名なサビルローに開店した女性専用店オーナーのビジョンをお伝えする。その他にも、アメリカの家庭用ウェルネス製品のトレンド、インドネシア政府による輸入規制の話題もお送りする。

泰/コメの箱 輸出で価値発見 米/ウェルネスは組立式がトレンド 比/餅アイスが現地で人気 尼/一部製品輸入規制へ 英/女性専用テーラー海外進出へ

タイ コメの箱は再利用 パッケージが海外で注目

タイの有名な稲作地帯を拠点とする企業SRISANGDAO RICEは、高品質な有機栽培のコメを販売している。コメが収められたパッケージの設計には、有機栽培であることを伝えるためのデザインを施した。素材にはもみ殻が使用され、金型で四角い形に成型されている。箱の底板は細長いタイ米の形に切り抜かれた穴が空いていて、消費者が包装容器をティッシュケースなど自由に再利用できる。

パッケージデザインの考察

同社のこのパッケージは、製品のコメが有機栽培であることを伝えるための企業努力だ。その結果、環境に優しい素材で作られ、かつ消費者がパッケージを捨てずに別の用途でも利用できる形態となった。そのアイデアが欧米のメディアで評価され、世界で最も影響力のある建築デザイン系ウェブマガジンDezeenが主催する2020年度Dezeen賞の最終候補に選ばれている(受賞発表は今年10月)。

コメの品質が高く、パッケージデザインも美しい本製品は、日本への輸入商材の候補としても最適だろう。しかしながら、タイと同じコメ文化圏である日本では、このパッケージは驚くほど新鮮かと言えばそこまでではない。

ここで注目したいのは欧米メディアで非常に高く評価されているという点だ。つまりこのパッケージが、持続可能性という欧米文化圏のビジネストレンドに合致したことを示している。国内向けに開発したもの、あるいは国内では流行が過ぎたものでも、海外に輸出すれば新たな価値が発見される良い例だと言える。

元記事:

  • Dieline, SRISANGDAO Rice’s Packaging Can Be Reused As Tissue Box

  • Dozen Awards 2020, Srisangdao Rice

アメリカ 家庭用ウェルネス製品 組み立て式がトレンド

家庭用サウナキット「サウナロケット」は、カバー付き洋服ラックのような形状の一人用サウナ小屋だ。柔らかい防水生地で出来たキットを組み立て、加湿・加熱ユニットを接続すれば、数分でサウナ小屋が完成する。室内には赤いライトがついている。 

この「サウナロケット」のように、ウェルネス業界の大型製品カテゴリには、フラットパック(平箱包装)で輸入配送でき、かつ個人でも組み立てられるタイプが続々と登場している。

例えば、オーストラリアの建築グループStudio Rainが開発したサウナ小屋「Atmosphere」は軽量な再生木材を使用しているため、組み立てに重機は必要ない。またハンガリーのデザインスタジオHello Woodの多機能なキャビン(小屋)「Kabinka」はゲストハウスやオフィスとしても使え、購入時に組み立て式を選択できる。

組み立て式の考察

世界的に家庭用ウェルネス製品の需要が伸びている。ウェルネス商品における多くの消費者は、休息をとる時間が限られている事から、柔軟性と利便性が高く利用しやすいサービスを選択する傾向があるという。この事から、配送に手間がかからず、特別な道具がなくても一人または数人で組み立てられる製品が世界的にトレンドになっているそうだ。

特にサウナは近年日本でもブームとなっており、組み立て式であれば、狭い日本の家でも使わない時はしまっておくことができるし、配送料も抑えられるので、国内需要は十分にあると言えるのではないか。

元記事:

  • Trendhunter, Lifestyle Consumer Insights: Flatpack Wellness

フィリピン MOCHIKO(餅粉)アイスが現地で人気

フィリピンのマニラ近郊にある観光地タガイタイに数年前にオープンした「Mochikoショップ」。もともとフローズンヨーグルトのブームに乗ってビジネス展開をしていたオーナーはある日、日本の餅菓子に出会う。その食感が忘れられず、フィリピンにも定着するはずだと信じて、餅で包んだアイス「餅粉アイス」の店をオープン。

餅粉アイスは現地で瞬く間に人気となるが、競合が急増して方針変換する。その後、日本風カレーなどを扱うスパイシーフード店「Spicebird Grill」で拡大したビジネスはパンデミックで打撃を受けるが、既存のデリバリーサービスを取り入れて再復帰。Mochikoアイスも復活を遂げ、ファンに喜ばれているという。

餅粉アイスの考察

「Mochikoショップ」の餅粉アイスは開店当初、現地で大当たりしたという。ブームのピーク時には、1つのモール内に同様の商品を扱う店が7店舗もあったそうだ。その後、生き残りをかけてビジネス形態を変え続けてきたオーナーによると、様々な困難を乗り越えることができたのは、「単一ブランドの複数店舗を持つより、複数のブランドを作ってビジネス形態を多様化した」からだと語っている。

ちなみに餅を食べる習慣があるフィリピンだが、日本の餅菓子とは食感が全く違うらしい。日本とフィリピンで同じ食材を使いながら異なる料理を生み出しているのだ。日本の餅菓子の食感を輸入したこのオーナーのように、異文化の見慣れない製品でも、馴染みのある材料を使用していれば、消費者へのアピールや浸透は早い。そこに商機を見出す事は容易だろう。

元記事:

  • Philstar Global, On making adversity look delicious

インドネシア 履物・自転車・電子機器の輸入を規制

インドネシア政府は先月末、輸入規制の対象物品を変更した。新しい規定では、履物、二輪および三輪自転車、電子機器(エアコン)が輸入の規制対象になる。インドネシアでは2020年5月から6月にかけて消費財の輸入が大幅に増加したこと、加えて上記の製品カテゴリには国内成長率が著しく高いものがあることから、今回輸入規制に踏み切った。

インドネシア輸入制限の考察

インドネシア政府が規制対象とした3つの物品カテゴリはいずれも、ほとんどが中国から輸入されているそうだ。今回初めて規制対象になった自転車に至っては、中国からの輸入が全体の99%を超えている。

インドネシアでは、パンデミックの影響で自転車に乗る一般市民が急増した。特に、折りたたみ自転車、マウンテンバイク、子ども用自転車の需要がうなぎ上りだという。そこに安価な中国製品が流れ込み、インドネシア製品の競争力が低下していることが、今回の規制の原因となった。日本からの輸出も対象となるが、インドネシア国内の消費者の動向には注目だ。

ちなみに日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、現地の輸入者はオンラインによる申請が可能だが、商業省のシステム不備の原因で申請が受理されなかったケースもあり、今後も実務面での運用が適切かどうか注意が必要だとのことだ。

元記事:

  • Katadata, Aturan Baru Menteri Perdagangan Perketat Impor Alas Kaki hingga Sepeda

イギリス 背広テーラー 女性専用で最高売上 海外進出へ

ロンドンにある通りサビルローは英国紳士服の聖地。その200年の歴史で初めて、女性専用テーラー「The Deck」がオープンした。サビルローにはこれまでも女性用スーツを扱う店はあったが、女性のみを対象とする店は初めてだ。

「The Deck」は2019年に、ロンドンの高級住宅地チェルシーで第一号店を出店した。パンデミックに入ってから、サビルローの多くのテーラーは高賃金の支払いに苦労しており、この世界的に有名な通りが消滅の危機にあると警告している。そんな最中に同店はに開店した。そして収益予測の2倍の売上を記録。6月には最高売上を誇った。今後は、中東を中心とした海外の高級品市場への販路拡大も視野に入れている。

英女性専用テーラーの考察

サビルローは背広発祥の地。日本語の「背広」はこの通りの名に由来すると言われる。しかし高級紳士服ビジネス業界には、昨年から暗雲が立ち込めていた。昨年10月にはアメリカによって25%の輸入関税がかけられ、さらに今年に入ってからはパンデミックが発生。相次ぐ打撃を受けてきた。そんな中での「The Deck」の快進撃は目覚しい。

同店はインスタグラムなどのSNS上の有名人のクライアントによる口コミで成長したという。また、在宅勤務のホワイトカラーが増えた事でビジネススーツの市場縮小が懸念されている。しかし、「The Deck」のオーナーは…..

「スーツは職場に限定されたものではありません。私のクライアントは一生ものの服に投資します。そしてスーツを用途の広いアイテムとして活用します」と答えている。

大量生産される安価なファストファッションとは真逆の価値観として、高品質で耐久性のある服はスローファッションと呼ばれる。このトレンドはパンデミックを通してますます注目を浴びている。

元記事:

  • The National (UAE), Savile Row’s first women-only tailor: ‘opening after pandemic suits me’

  • Reuters, Women-only tailoring house opens on London’s Savile Row

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました