泰/海外ヒット日本食品の発掘 比/高品質チョコレート 

世界の今 2020-36 貿易コラム
この記事は約7分で読めます。

今回は市場開拓を狙う海外ビジネスを紹介する。タイで開催中の海外未進出の日本食品発掘プロジェクト、フィリピンの最高品質のチョコレートを作り出した企業努力、インドでビジネス展開を広げる日本の眼鏡チェーン、アメリカで増えたユーモア広告、そしてオーストラリアワインの輸出増の背景についてお伝えする。

泰/海外ヒット日本食品の発掘 比/高品質チョコレート 印/日本眼鏡チェーン拡大 米/ユーモア広告 豪/ワイン輸出傾向

タイ 海外ヒット日本食品 発掘プロジェクト

日本の農林水産省と日本貿易振興機構(JETRO)によるプロジェクト「debutante : New Selection of JAPAN FOODS」が現在、タイ国内で実施されている。このプロジェクトは、日本産食品の販売促進事業の一環として、輸入実績はないが将来有望な商品を発掘する狙いで、各国で選定された日本の商品をテスト販売する。現在、フランス、アメリカ、ベトナムでも実施が開始している。

タイでは10月30日から来年1月末までテスト販売が実施。実地販売に加えて、タイの日本食品輸出入企業、大正株式会社が運営する通販サイト「HONMONO NIPPON」や、アメリカの日本食品通販サイト「GOHAN MARKET」でも実施中だ。

日本食品発掘プロジェクトの考察

このプロジェクトは、タイ、フランス、アメリカ、ベトナムの4カ国で実施が開始した。プロジェクト内で採択された商品は、各国個別の審査会が開かれ、それぞれ約50商品ずつが選ばれている(タイのみ約25商品)。各国市場を熟知した専門家が選定することで、各国消費者のニーズに応えることができるヒット商品を見つけ出す。

選定された商品の傾向としては、タイは菓子類やつまみが多いのに対し、ベトナムは調味料が多い。またアメリカは即席ラーメンなどの麺類が多いのに対し、フランスは調味料やつまみが多いようだ。各国のセレクションを分析するだけでも大変参考になるはずだ。

公式サイト: https://debutante-food.jp/

元記事:GOHAN MARKET, Stay inspired with modern Japanese food

フィリピン カカオ輸出増 チョコレート国際大会で金賞

フィリピンのダバオ市は、世界最高品種のカカオ豆の産地として、近年勢いを増している。今年、世界で初めてオンラインで開催されたドイツのチョコレートコンテストで、ダバオ市にカカオ農園を持つ老舗チョコレートメーカー「マラゴスチョコレート」のチョコレート製品が、4つの金賞を受賞した。
農場経営をしていた「マラゴス」がカカオ産業に参入して発売を開始したのは2013年。以来、ダバオ地域のカカオ生産量は激増し、フィリピンのカカオ生産に勢いをつけた。ダバオ市は現在、フィリピンのカカオ生産量の約8割を占めるようになり、アメリカ、日本、ヨーロッパを中心に輸出されている。

フィリピンチョコレートの考察

「マラゴスチョコレート」は2003年にカカオ産業に参入。女性創立者のチャリータは、チョコレート製造プロセスだけではなく、労働環境も改善した。また、民間および公的支援を得て、カカオを優先作物にするためのキャンペーンを貼り、業界の成長を目指した。そうして作られたチョコレート製品が2013年に発売されるとすぐに、国際的に高い評価を得た。

ダバオ地域のカカオは日本にも輸入されているが、現地で生産されるチョコレートは、まだ広く日本で紹介されていないようだ。成長めざましい日本のチョコレート業界。今年9月には、日本の各チョコレートメーカーや小売店などが、2025年までに「持続可能なチョコレートを標準とする」ことを宣言している。「マラゴス」のサステナブルな企業ポリシーは、こういった動向にも充分にマッチすると言えるだろう。

元記事:Philstar Global, Davao chocolate wins big in 1st virtual competition

インド 日本眼鏡チェーン拡大 手頃・高品質で若者に人気

日本の眼鏡店チェーン「オンデーズ(OWNDAYS)」が、インドのムンバイに6都市目の店舗拡大を発表した。すでに5都市に進出し、現地の若者を中心に好評を博している。インドでは手頃な価格で高品質なアイウェアの需要が大幅に高まっており、パンデミック下でも店舗をオープンできていることから、インド市場で存在感を増している。

インドで日本眼鏡チェーン拡大の考察

インドの人口は、2022年に中国を超えることが確実視されている。眼鏡業界で言えば、中流階級をターゲットとした商品がまだ少ないことにオンデーズは注目してビジネス展開をしている。
オンデーズはまた、インドの現地NGO団体と協力して眼科検診を実施するなどCSR活動にも力を入れている。同社の海外ビジネス進出はアジア各国に広がり、インドは11カ国目だ。各国の市場を鋭い角度で分析し、現地との関係を深める活動にも力を入れるオンデーズのビジネスモデルに学べることは多い。

元記事:Retail News Asia, Japanese Eyewear Brand Owndays expands India presence

アメリカ 時世にのったユーモア広告で話題をさらう

瞑想をアシストするポータブル装置「Mind Nap」は、デバイスに指を置くだけで、息を吸ったり吐いたりするタイミングを教えてくれる。心拍数などを読み取る機能があり、スマホのアプリと連動して瞑想の呼吸法を個人に合わせてカスタマイズできる仕組みだ。今回の大統領選挙はアメリカ国民のメンタルヘルスにとって厳しいものだったが、国民は、こうした商品を利用して休憩とリラックスを覚えるしか術はない。

時世にのったユーモア広告の考察

アメリカ大統領選挙はかつてない波乱と緊張感を国民に与えた。その間、上記の紹介記事を初め、様々なメディアは、その緊張感を逆手にとったユーモアのある商品紹介記事を配信している。この他にも、元々ユニークな広告で知られる「BABEワイン」は、「ELECTON NIGHT SURVIVAL KIT(選挙の夜を乗り越えるキット)」と称した赤ワインセットを販売した。

おまけとして、涙を拭うためのティッシュ、握り締めるためのボール、「SCREAM HERE(ここで叫べ)」と書かれた枕が付いてくる。キットは販売開始2時間で売り切れ。すぐに補充を開始した。
海外ビジネスにおいて国際情勢は無視できないが、振り回されすぎると持続が難しくなる。しかしながら今回は、コロナと選挙という時世を利用した広告戦略の強さを知る良い機会でもあった。

元記事:

  • AdAge, ABE WINE’S ELECTION NIGHT SURVIVAL KIT INCLUDES PLENTY TO DRINK AND A PILLOW TO SCREAM INTO
  • Yanko Design, BREATHE! THIS HANDHELD MEDITATION-DEVICE COACHES YOU TO RELAX THROUGH ANXIOUS TIMES!

オーストラリア ワイン輸出が増加 その背景とは?

オーストラリア連邦政府機関であるワイン・オーストラリア公社の輸出報告書によると、オーストラリアラインの輸出額は昨年に比べて4%増加した。輸出先は中国、アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランドが上位を占めているが、イギリスへの輸出増が最も顕著で、18%も伸びている。

パンデミックによって人々が家で過ごす時間が増えたことが主な原因だが、それに伴って消費の傾向が変わってきているのも大きな特徴。全体的には、高級ワインが継続して堅調な一方、商業用の安価なワインが復活した。特にイギリスとアメリカでは商業用ワインの成長が大きく見られたが、例外的に、中国市場では高級ワインが大きく成長した。

豪ワイン輸出増の考察

オーストラリアワインの輸出は、2007以来一貫して増加を続けている。今年も、世界中の様々な市場で見られた混乱をよそ目に、安定して増加を続けている。輸出市場にはどんな背景があるのだろうか。
イギリスへの輸出が増えた背景としては、2021年1月に実行されるイギリスのEU離脱に伴った貿易の混乱が起きる前に、輸出を急ぐ豪企業が相次いだためとしている。

また中国への輸出量も増えているが、豪ワインをめぐる豪中間の貿易摩擦は続いていることは間違いない。先週には、複数の中国のワイン輸入業者が出荷を停止するよう、中国政府から口頭で指示を受けたというニュースが報道されており、豪中貿易摩擦は先が見えない状態だ。
ちなみに、日本への豪ワインの輸出はやや減少している。豪政府の分析によると、EUやチリのワイン関税が撤廃されたことが大きいためとしている。また日本市場は天然・有機ワインやスパークリングワインの需要が高まっているとも分析している。

元記事:

  • Beverage Daily, Australian wine exports grow despite pandemic challenges
  • ABC Australia News, Australian wine imports ‘suspended’ by China as trade tensions with Beijing continue
  • Australian Government Export Market Profiles, Demand trends
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

[スポンサードリンク]



Translate »
タイトルとURLをコピーしました