タイ/脱炭素社会の炭素税を想定 中国/ワイン輸出に活路あり!

この記事は約7分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    今回は、貿易や海外ビジネスにおける、脱炭素社会に向けた世界的な動きを紹介する。タイからはCO2排出量削減を目指した貿易対策、中国の有機ワイン人気、タイ航空が販売する救命胴衣のアップサイクリング、マレーシアからは環境に配慮したビジネスモデルを構築する大手通販サイト、アメリカからはブラックフライデーに対する疑問をユニークなサービスに転換する企業アイデアを紹介する。

    タイ×脱炭素と貿易対策

    タイ アセアンで最も脱炭素に意識の高い国 貿易対策は?

    タイは、アセアンで最も脱炭素に意識の高い経済圏と言われている。2030年までに温室効果ガス排出量を20~25%削減する協定に署名し、これまでのところ、その削減目標を順調クリアしてきた。削減のターゲットとなったのは、主に発電所と輸送機関だ。

    また輸出に伴い、製品のCO2排出量の情報を記載したラベルを製品に貼り付ける動きも進んでいる。飲食関係の製品を筆頭に、建設、石油、宝飾品などの製品がタイ温室効果ガス管理機構(TGO)に登録され、ラベル認証を行っている。しかし多くの製品はまだ準備できておらず、ヨーロッパが炭素税を次々に課していることから、輸出されたタイ製品が競争力を失ってしまうことが危惧されている。

    タイ脱炭素 貿易対策の考察

    タイを始め、貿易に伴う各国のCO2排出量削減対策は、今後さらに発展していくことだろう。その一つとして取り組みが進んでいるのが、CO2排出量の情報を記載したラベル認証だ。輸出先の国々が課す炭素税に基づき、CO2排出量の多い製品の税は高くなる。つまり排出量の高い製品の需要が減り、排出量の削減が期待される対策だ。しかし炭素税の導入はまだヨーロッパが中心。日本では、新型コロナウィルスの影響で2021年度の導入が断念されている。

    また、バイデン氏がアメリカの次期大統領に確定したことで、次期政権は、気候変動抑制に関する協定・パリ協定に復帰するだろうとの見方がある。つまり、アメリカに製品を輸出する各国企業は、アメリカの新しい地球温暖化対策に備える必要がある。対策にかかる製造コストは増加するが、全世界が同じ土俵で戦っている。アメリカの新しい動きに迅速に対応することのできる企業は、有利なスタートを切ることができるだろう。

    タイ 航空会社の救命胴衣がバッグに!?

    タイ国際航空は、緊急用に使われていた古い救命胴衣や緊急脱出スライドを、トートバッグとハンドバッグにリメイクして販売した。同社は、廃棄物管理と資源のアップサイクリング(創造的再利用)などを含む、国連が設定した持続可能な開発目標(SDGs)に沿って運営されており、今回の製品開発はその一環となる。

    タイ航空 救命胴衣バッグの考察

    タイ国際航空は例外なくパンデミックによって大きな打撃を受けているが、このバッグ製品販売はその赤字を補填するほどではない。同社ではむしろ、地上で機内食を楽しめるレストランやカフェの経営の方に本腰を入れている。

    しかしながら財政難に苦しんでいる時期に、アップサイクリング製品を発表したことが各業界で高く評価されており、同製品の予約注文は数日で締め切られるほど注目を浴びた。本製品の販売は、企業価値を高める効果の方が高いようだ。企業ブランドの状況を踏まえた上で開発された、デザイン性のあるアップサイクリング製品の価値が、世界的にも非常に高いことを示す良い例だろう。

    マレーシア 通販サイトが取り組む持続可能なシステム

    マレーシアを拠点とするファッション通販サイトZaloraは、ECサイトとして東南アジアで初めて、環境保全のために意識的な買い物をするよう顧客を掻き立てる取り組みを進める小売業者だ。同社は、供給網全体におけるパッケージ、倉庫、輸送のCO2排出量を削減し、2025年末までに完全なカーボン・オフセット*を計画している。また、取り扱う製品の半数が持続可能性の基準を満たすことも目指している。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    *カーボン・オフセット: 削減しきれなかったCO2排出量に見合った削減運動に投資すること。

    通販サイトのエコシステムの考察

    ファッション通販サイトZaloraは、東南アジア各国およびオーストラリアやニュージーランドでも展開している。持続可能性をビジネス理念に掲げたZaloraのユニークな取り組みとしては、持続可能な素材で作られた自社ブランドのファッションアイテムを開発するなど、自社倫理を積極的にアピールし、消費者を刺激していることだ。

    日本における取り組みでは、ユニクロが不要になった自社ブランド服のリサイクルを推奨しているが、このように消費者が積極的に行動を起こせる仕組みを掲げるビジネスモデルは、国内ではまだ少ない。

    世界的には、消費者にも行動の選択肢を与えることが昨今のトレンドになりつつある。過去のコラムで、ヨーロッパ大手の通販サイトの出店企業の100%が環境に配慮した基準を満たしていると言う話題を紹介したが、このようなサービスへの需要は今後も増えていくだろう。

    中国 ワインの通販購入世界一 有機ワインが人気

    世界的にワイン消費量は増え続けているが、とりわけ中国および東南アジア全体のワイン消費者数の増加が止まらない。 最近中国は、アメリカを抜いてワインの通販購入量世界一となり、通販業者に大きなチャンスを与えている。なかでも、環境への影響を最小限に抑えて生産される高品質な有機ワインへの人気が高まっている。最近の調査では、中国の消費者が有機ワインを購入する理由の多くが、環境に優しいと言う事だけでなく、健康上のメリットも非常に魅力的であると感じていることがわかった。

    中国 ワイン通販購入世界一の考察

    中国では地元のワイン生産量が増えており、国内ワイン消費量の8割は国産だというが、同時にフランスワインの人気も高い。そしてワイン消費量の増加に伴い、ますます有機農法と持続可能な製造方法を求める消費者も増えていく。

    温暖化対策のためには地産地消が最適という考え方は世界的な広がりを見せているが、輸入ワインでも、持続可能な素材で作られたボトルを導入するなど、環境負荷を最小限に抑えることができる。国内市場と輸出市場の両方を利用できる時代に、どう対応していくかが鍵となりそうだ。

    アメリカ ブラックフライデーの矛盾 各企業のユニークな取り組み

    アメリカでは年末商戦が始まるブラックフライデーが今週に迫っている。しかしながら、プラスチック製品の過剰製造、包装廃棄物、出荷によるC02排出量の増加の観点から、ブラックフライデーやサイバーマンデーといった商戦にのった行き過ぎた消費に対する疑問の声が、年々高まっている。各企業がその声にどう対応していくかも注目の的だ。

    極端な例では、ブラックフライデーに合わせて通販サイトをシャットダウンする企業もある。しかし特に持続可能な商品を扱っている企業は、この年末商戦を、より手ごろな価格で倫理的に作られた商品を届けられる大事な機会と捉えている。そうした企業は様々なサービスを展開している。

    通常のディスカウントを筆頭に、この期間だけの中古品販売、出荷までの日数を増加、時間のかかる配送方法の採用、慈善団体や環境保護団体への寄付など、様々なアイデアで対応している。つまり、企業倫理に反しない形でブラックフライデーを利用しているのだ。

    ブラックフライデーの考察

    年末商戦は、アメリカの顧客をターゲットにした海外ビジネスにとって大切な時期であることは言うまでもない。またブラックフライデーは、アメリカ以外の英語圏の国々でも取り入れられていることから、市場規模は巨大だ。その狂乱に疑問を呈する声も大きいが、その疑問をビジネスモデルに転換する各企業のアイデアは大変参考になる。

    ちなみに、世界最大級のネット通販業界の専門誌「Digital Commerce 36」の調査によると、消費者の3割は「環境に優しい配送と梱包にもっとお金を払う用意がある」と答えている。また約1割は時間のかかる配送方法を選択している。決して無視できない割合の消費者が、環境に配慮した梱包によって満足度を得られているという重要なデータだ。

    >>その他のセカイマを確認

    この記事の参考サイト
    • The Nation Thailand, Is Thailand prepared for the carbon war?
    • The Nation Thailand, THAI transforms old life vests, slide rafts into fashionable handbags
    • Retail News Asia, Zalora pursues sustainable fashion ecosystem in Southeast Asia
    • Retail News Asia, How Sustainable Fashion Will Affect Asia
    • Retail News Asia, Sustainable wines gaining popularity in SEA
    • ISPO, How Haglöfs, Globetrotter & Co. Turn Black Friday to Green Friday
    • Digital Commerce 360, How retailers work to make fulfillment sustainable with thoughtful packaging and slower shipping
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました