「大宁国際茶城/上海国際茶城」上海にある 茶葉市場を訪ねてみました!

輸入ビジネス
この記事は約4分で読めます。

上海にある茶葉市場「大宁国際茶城(上海国際茶城)」へ行ってきました。大宁国際茶城は、上海市の北部にあるお茶の葉専門の市場です。一つの大きな商業ビルの中に、茶葉を取り扱う小さなお店が軒を連ねています。お茶の茶葉から、中国茶の器などまで揃っているため、中国茶に興味がある人には、お勧めのスポットです。

今回は、この上海国際茶城についてご紹介していきます。

大宁国際茶城(上海国際茶城)

大宁国際茶城(上海国際茶城)は、上海の北部にあります。上海地鉄(地下鉄)で言うと、1号線/延長路駅(Yanchang Road)が最寄りの駅です。茶葉市場は、道路と道路が交わる三角形?のような地区にあります。うまく説明できませんが、行けばわかります。

こちらがお茶市場の全景です。

上海 お茶 市場

正面には、中に入っているお茶屋さんの看板が掲げられています。おそらく、ここに掲げられている看板が大きいほど、力がある?儲かっているお茶やさんだと思います。

上海 お茶 市場

市場の中は、このような雰囲気です。一般的なゴミゴミとしたフリーマーケットではなく、一つの大きな商業ビルの中に、小さな店舗が入居する形です。訪れた時刻は、ちょうど11時前後でしたが、人も少なくガラっとしている雰囲気でした。

上海 お茶 市場

このように、1~3F?まで、両サイドに、お茶屋さんが並んでいます。中国茶が好きな方は、とても刺激的だと思います。ちなみに、各店舗で購入するときは、ほぼ英語は通じません。身振り手振りで行うか、中国語の翻訳ができるアプリなどを使って交渉すると良いです。

上海 お茶 市場

茶葉だけではなく、茶器も販売しています。ただし、上海という土地柄、仕入れ価格としては、決して安くないです。個人の趣味として楽しむ程度であれば、購入するのも良いと思います。

上海 お茶 市場

そんな国際茶葉市場の中にある一軒のお店に立ち寄ってみました。商品を検討している旨を伝えると、このように試飲させていただきます。一体、何のお茶なのか?とわからなくなるほど、次から次へと試飲させていただけます。上海 お茶 市場

お店の中には、所せましとお茶が並んでいます。缶に入っていると、なんだか良い雰囲気ですね。

上海 お茶 市場

上海 お茶 市場

上海 お茶 市場

今回、茶葉市場に行ってみましたが、いわゆるフリーマーケットのようなお店をイメージするとギャップがあります。市場というより、商店街といった方がいですね。おそらく、ここに入居しているお茶屋さんと取引をするときは、上海ベースでの価格になると思います。つまり、そこまで安くはないかな?というのが正直な感想です。

ただし、様々な中国茶がそろっていることは事実であるため、まずは、ざっくりと中国茶を見て回りたい方は、お勧めの場所です。

茶葉市場を楽しむための2つの心がけ

茶葉市場を楽しむときは、次の2つを心がけると良いです。

  1. 入りずらい雰囲気を突き破る事
  2. ほぼ英語は通じない

特に中国だけに限った事ではありませんが、小さなお店は、家族で経営していることが多いです。気になるお店があったとしても、なぜか、お店の中で「一家団欒の食事」をしていることが多いです。正直、かなり入りずらい雰囲気ですが、この部分は、勇気を振り絞って突破するようにしましょう!

また、上海だから英語は通じる と考えてはいけません。上海であっても、日本と同様に英語が通じない所が多いです。いえ、むしろほぼ通じないと考えた方がいいです。通じる所は、ホテルのフロントや空港、駅ターミナルなど、常に外国人が訪れるような所だけです。それ以外は、簡単な英語さえも通じないことが多いです。

もちろん、この茶葉市場も同様です。「CAN」という英語すら通じないため、最初から中国語と日本語を変換するアプリなどを用意した方がいいですね。または、簡単な翻訳ができる本などを持参してもいいかと思います。とにかく、簡単な英語すらやり取りができないことを前提として、様々な用意をしておくことが賢明です。

知っていて良かった!中国のネット規制を回避してラインなどを使う方法

まとめ

  • 上海の北部にある大宁国際茶城(上海国際茶城)は、中国茶を取り扱うお店が並んでいます。
  • 一つの大きな建物の中に、小規模なお店がたくさん入居しています。
  • 1F、2Fは茶葉。3Fは、茶器を取り扱うお店が並んでいます。
  • 時間帯によるかもしれませんが、かなり空いています。
  • 店員とのコミュニケーションは、ほぼ中国語だけです。簡単な英語すら通じないことが多いです。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました