東南アジア(EPA国)の関税は? なんと150%の関税!!

農産物 輸出ビジネス
この記事は約7分で読めます。

2018年現在、日本は、15のEPAを結んでいます。EPAとは、自由貿易協定の略であり、お互いの国でかかる関税を撤廃することです。今後、輸出ビジネスをするときは、この自由貿易の仕組みを利用して、関税ゼロで輸出できるように手配することが重要です。2018年現在、日本がEPAを結んでいる国は、次の通りです。

2018年7月現在のEPA締約国一覧
シンガポール マレーシア タイ インドネシア ブルネイ
アセアン全体 フィリピン ベトナム インド モンゴル
オーストラリア メキシコ チリ ペルー スイス
今後増える予定のEPA締約国(2018年7月時点で可能性が高いもの)
カナダ ニュージーランド ヨーロッパ各国

表をご覧になるとわかる通り、EPAを締約している国の半数以上は、東南アジアの国々です。一般的に、これらの発展途上国は、輸入時の関税率が高いことで有名です。品目ごとに異なりますが平均的な関税率が30%前後、高い物だと最大150%もの関税率になります。

そこで、この記事では、EPA締約国が設定している関税率の内、農産品分野に関する物をご紹介します。

農産物

東南アジア(EPA締約国)の関税率

日本から輸出した商品には、相手国が設定している関税率が適用されます。一般的に、この関税率は、相手が発展途上国であるほど、高い税率がかかります。関税を高くして、自国の産業を保護するためです。

「日本から輸出したときは、一つ1000円だった。でも相手国での税関を通過したら関税により一つ1300円になった」このようなことがよくあります。当然、相手国に入る価格が高くなるほど、流通する価格も高くなり、輸出先では、価格競争力を失います

hunadeのサービス

このようなことを考えると、相手国での関税率を調べることが重要だとわかります。そこで、この記事では、日本とEPAを結んでいる国に設定されている関税率の一覧をご紹介していきます。

関税利率の一覧を見る上での注意点

以下の表でご紹介している関税率は、ワールドタリフを使い調べたものです。この表以外の関税率を調べたいときは、ワールドタリフを使い、ご自身で調べるようにします。その他、表を見る上で、次のような点にご注意をお願いします。

  • すべての税率、HSコードが正しいわけではありません。
  • こちらに表示している関税率は、各国が設定するMFN税率=WTO協定税率です。
  • 日本産品については、こちらの表に記載されている関税率とは異なります。無税になったり、低率の税率になっていたりします。
  • 品目ごとの具体的な数字に注目するのは無意味です。
  • 各、数字は参考程度に留めて、ここから戦略を立てることが重要です。
設定されている関税率から、その国の特徴や考え方などを知ることが重要です。

EPA締約国の農産物の関税率

関税

表記事項について

  • F=関税フリー
  • スイスの関税は、100kgあたりで設定されています。
  • 日本商品に対する関税率は、この表とは別の税率が設定されています。

日本商品に対する相手国の税率を調べる所:ワールドタリフ

品目 HSコード シンガポール マレーシア タイ インドネシア フィリピン ベトナム
みそ 210390 F 5 5 5 30
醤油 210310 F 10 30 15 15 33
220900 F 5 60 5 15 20
うんしゅうみかん 080521 F 5 40 20 10 30
ぶどう 080610 F 5 30 5 7 10
りんご 080810 F 5 10 5 7 10
なし 080830 F 5 30 5 7 10
0809.30 F 5 40 5 7 20
いちご 081010 F 5 40 5 15 15
しいたけ 乾燥 0712.39 F 5 30 5 3 30
牛肉 生鮮 020110 F F 30 5 10 30
冷凍 020210 F F 50 5 10 20
粉ミルク 190110 F F 10 5 5 20
切り花 ばら 0603.11 F F 30 20 15 20
緑茶 3キロ以下 0902.10 F F 60 5 3 40
おたねにんじん 1211.20 F F 20 5 10 5
清酒 220600 F 25.5 MYR/% 60 90 55
ペットフード 230910 F F 9 5 5 7
干物 030559 F 7 5 5 15 20
そば、インスタントラーメン 190230 F 30 20 15 35
あられ 190590 F F 30 20 15 20
ワイン スパークリング 220410 F 23 MYR/l 54 90 5 50

 

品目 HSコード インド モンゴル オーストラリア メキシコ チリ ペルー スイス(CHF/100KG)
みそ 210390 30 5 F 20 6 F 35
醤油 210310 30 5 F 20 6 F 35
220900 30 5 F 20 6 F 21
うんしゅうみかん 080521 30 5 F 20 6 6 7
ぶどう 080610 30 5 5 15 6 6 10-15
りんご 080810 50 5 F 20 6 6 2-153
なし 080830 30 5 F 20 6 6 2-133
0809.30 30 5 F 20 6 6 4
いちご 081010 30 5 F 20 6 6 3-510
しいたけ 乾燥 0712.39 30 5 5 20 6 F F-8
牛肉 生鮮 020110 30 15 F 20 6 11 69-758
冷凍 020210 30 15 F 25 6 11 69-758
粉ミルク 190110 30 5 F 10 6 F 41-87
切り花 ばら 0603.11 60 5 F 20 6 6 F-562
緑茶 3キロ以下 0902.10 100 5 F 20 6 6 F
おたねにんじん 1211.20 30 5 5 10 6 F F
清酒 220600 150 5 F 20 6 6 9-82
ペットフード 230910 20 5 F 10 6 F 12.8
干物 030559 30 5 F 15 6 F F-8
そば、インスタントラーメン 190230 30 5 5 10 6 F 67.9
あられ 190590 30 5 5 10 6 F
ワイン スパークリング 220410 150 5 5 20 6 6 91

まとめ

  • 関税は、相手国でかけられる税金です。
  • 輸出するときは、相手国での関税率を調べることが重要です。
  • 相手国での関税率は、ワールドタリフを使います。
  • 日本とEPAを結んでいる国、特に東南アジアは、高い関税率を設定しています。
  • 日本は、東南アジアの国々とEPAを結んでいるため、特別な関税率が適用されます。
  • 各国が設定している関税率を見て、どのような特徴があるのかを知ることが重要です。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました