一万円以下免税ルール(16666円以下)

輸入ビジネス

革靴の関税は安い!? 個人輸入の税率とEPAの関係

革靴を個人輸入するときの税率について説明をしています。革靴の関税は、EPA制度などを使うと無税で輸入できる場合が多いです。または無税とはいかなくても低率で輸入できます。革靴の関税は高いものだと思い込む前に別の輸入ができないかを考えます。そのほか、革靴に関する各種用語(コンポジションレザーなど)などもご紹介しています。その他、靴の関税も合わせてご紹介しています。
輸入ビジネス

商用輸入の関税と計算方法

転売用(ビジネス用)に輸入する場合の関税について説明をしています。関税上の取り扱いとして「個人使用目的」か、「商売目的」かの違いは重要です。関税の取り扱いと適用される法律に違いがあるためです。販売目的で輸入する商品は、減免措置等が一切ない通常の輸入手続きとなり、商品に対する関税もしっかりと納める必要があります。これを行わないと、脱税行為をしている扱いになります。
個人輸入(海外通販)

個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

個人輸入をする場合、海外の小売価格16666円以下がポイントになります。この価格以下であれば、一万円以下の免税ルールが適用されて、関税や消費税が免除されるためです。しかし、この関税定率法第三条三には、例外品目がさだめられています。例:ニットのセーター、革靴など。個人輸入で輸入しやすい品目ですので、十分に注意が必要です。
個人輸入(海外通販)

海外からのプレゼント(ギフト)には、関税はかかる?

個人輸入でプレゼントを受け取った場合の関税はどうなるのか?について説明をしています。一万円以下の商品は、一部の商品をのぞいて、基本的に免税で輸入できます。また、ギフト(贈答品)である場合は、お酒とたばこを除く商品について免税措置を受けられます。
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました