一万円以下免税ルール(16666円以下)

関税とEPA

革靴の関税は安い!? 個人輸入の税率とEPAの関係

海外から革靴を輸入するときは、日本側で発生する高い関税に気を付けます。安い革靴でも、日本側で高い関税がかかれば、結局、国内で買えばよかったと後悔します。革靴の関税率は「商品価格の30%または、一足当たり4300円のどちらか高い方」です。革製...
関税とEPA

商用輸入の関税と計算方法

転売用(ビジネス用)に輸入する場合の関税について説明をしています。関税上の取り扱いとして「個人使用目的」か、「商売目的」かの違いは重要です。関税の取り扱いと適用される法律に違いがあるためです。販売目的で輸入する商品は、減免措置等が一切ない通常の輸入手続きとなり、商品に対する関税もしっかりと納める必要があります。これを行わないと、脱税行為をしている扱いになります。
個人輸入(海外通販)

個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

個人輸入をする場合、海外の小売価格16666円以下がポイントになります。この価格以下であれば、一万円以下の免税ルールが適用されて、関税や消費税が免除されるためです。しかし、この関税定率法第三条三には、例外品目がさだめられています。例:ニットのセーター、革靴など。個人輸入で輸入しやすい品目ですので、十分に注意が必要です。
個人輸入(海外通販)

海外からのプレゼント(ギフト)には、関税はかかる?

個人輸入でプレゼントを受け取った場合の関税はどうなるのか?について説明をしています。一万円以下の商品は、一部の商品をのぞいて、基本的に免税で輸入できます。また、ギフト(贈答品)である場合は、お酒とたばこを除く商品について免税措置を受けられます。
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました