一万円免税例外品目

個人輸入(海外通販)

一万円以下免税ルールが適用されない商品

日本に商品を輸入するときに、輸入する合計課税価格が1万円以だと、関税・消費税は免税です。当サイトは、これを「一万円以下免税ルール」としています。しかし、輸入する商品によっては、合計額が一万円以下の場合でも免税にならない対象外の貨物があります...
関税とEPA

革靴の関税は安い!? 個人輸入の税率とEPAの関係

海外から革靴を輸入するときは、日本側で発生する高い関税に気を付けます。安い革靴でも、日本側で高い関税がかかれば、結局、国内で買えばよかったと後悔します。革靴の関税率は「商品価格の30%または、一足当たり4300円のどちらか高い方」です。革製...
個人輸入(海外通販)

個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

個人輸入をする場合、海外の小売価格16666円以下がポイントになります。この価格以下であれば、一万円以下の免税ルールが適用されて、関税や消費税が免除されるためです。しかし、この関税定率法第三条三には、例外品目がさだめられています。例:ニットのセーター、革靴など。個人輸入で輸入しやすい品目ですので、十分に注意が必要です。
トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました