日欧EPA

TPP/日欧/日米協定

【日欧/日EU EPA】原産地規則、用語の解説など

この記事では、知識ゼロの方に向けて日欧EPAを詳しくご紹介していきます。日欧EPAの基本的な知識から、原産地の証明方法まで体系的に情報をまとめています。 関連記事:こちらもチェック!ゼロから覚えるTPP11
TPP/日欧/日米協定

日欧EPAの6つのメリット デメリットはあるの?

日本とEUは、自由貿易(日欧EPA)を結びました。これにより、お互いに国でかける関税をなくし、これまでよりも自由な貿易を目指しています。そこで、この記事では、日欧EPAのメリットをご紹介していきます。
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA/TPPの原産品の証明に関する疑問をスッキリ!

TPP11と日欧EPAなどの自由貿易は、これまでの協定と比べて「原産品の証明方法」が違います。これまでの協定では、日本商工会議所が行う「第三者証明制度」により原産品を判定していた一方、TPP11や日欧EPAからは「自己申告制度」に原産品を証...
TPP/日欧/日米協定

「TARIC」EUの関税率を調べる方法

日欧EPAを活用して、日本の産品をEU向けに輸出しようとしていますか? 輸出するときに気になるのが、EU側の関税です。どれだけ素晴らしい商品であっても、EUへの輸入時に課税される関税率が高ければ、EUでの価格競争力を失います。関税は、輸出先...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 付加価値基準の計算と用語のまとめ(MaxNOMなど)

日欧EPAを利用して関税の免除を受けるときは、その産品の原産国が日本又はEUであることを証明する必要があります。この原産品である基準を決めているのが原産地規則(品目別規則)です。品目別規則の中には、CCやCTH、EXWなどの専門的な用語がた...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 原産地証明の方法 原産地申告書と自己申告制度

日本とヨーロッパのEPA(自由貿易=関税ゼロ)を利用するには、商品が日本またはヨーロッパで作られていることが条件です。日欧EPAでは、この原産性の証明を「自己証明制度」で行います。そこで、この記事では、日欧EPAにおける原産地証明について説...
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA 原産地に関する申告文の書き方

日欧EPA(日本とヨーロッパとの自由貿易)の原産地に関する証明は、輸出者の原産地申告書または、輸入者による自己申告制度のいずれかで行います。この記事では、輸出者が作成する「原産地申告書」の書き方についてご紹介していきます。なお、日欧EPAの...
TPP/日欧/日米協定

「日欧EPA」ヨーロッパ28か国のVAT(付加価値税)まとめ

2019年二月一日、日欧EPAが発効しました。この発効に伴い貿易をする人は、何をするべきなのでしょうか? 最も重要なのは「ヨーロッパに詳しくなること」です。貿易ビジネスで成功するための大きなポイントは、相手国の市場を理解して、それにマッチし...
TPP/日欧/日米協定

地理的表示保護制度(GI)のメリットとデメリットを解説!

この記事は、地理的表示保護制度のメリットとデメリットを解説しています。 日欧EPA発効に向けた動きが様々な分野で加速しています。その中の一つに「地理的表示保護制度(GI)」があります。EU向けに輸出又は、EU産品を日本に輸入し、販売す...
TPP/日欧/日米協定

【日欧EPA・TPP】チーズを輸入するときの関税率

チーズは、平均関税率が30%の保護品目です。しかし、日欧EPAやTPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、この保護品目であるチーズの関税率も削減の対象です。そこで、この記事では、チーズの輸入状況と日欧EPA、TPPによる関税の削減具合につい...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました