貿易書類

特定原産地証明書

【特定原産地証明書】発給手順、手数料、代行等を解説!

日本からタイに輸出するときは、タイ側の税関が課税します。あなたの相手(輸入者)は、課税された関税を支払うことでタイに商品を入れられます。これが関税の仕組みです。この関税を削減するための仕組みが「EPA」です。そしてこのEPAを活用するための...
輸出ビジネス

貿易書類・シッピングアドバイスとは?

輸出者は、輸出する商品の準備と船積みまで終えたら「シッピングアドバイス」という書類を送付します。この書類は、輸入者に「無事に船積みしたら安心してね!」と伝えるための物です。輸入者は、この書類を受け取ったら、海上保険を「確定保険」に切り替えた...
輸入ビジネス

貿易書類・船荷証券(B/L)実際の見本を使って説明!

日本から輸出したり、海外から輸入したりするときは、海上輸送が一般的です。海上輸送では、荷主と船会社で海上輸送契約を結び、コンテナと呼ばれる専用の箱の中に貨物をつめて輸送します。輸出国で荷主(荷物を所有している人)が船会社に荷物を預けると「船...
輸入ビジネス

貿易書類・パッキングリスト フォーマットも掲載!

輸出する貨物をどのように梱包したのかを説明する書類が「パッキングリスト」です。輸出や輸入の通関時において、インボイスと一緒に税関へ提出される書類です。この記事では、パッキングリストの役割とどのような情報が書かれているのかをお伝えします。 ...
輸入ビジネス

ハンドキャリーのインボイス 価格の証明ができないときは?

東南アジアなどの諸外国では、市場で物を購入することがあります。そんなときに困るのが「価格を証明する書類」です。一般的なショップであれば、レシートなどで価格の証明ができます。しかし、現地の「市場」などで購入する場合、レジなどもありませんし、店...
輸入ビジネス

【インボイス】貿易で使う意味 サンプル(見本)も掲載!

インボイスは「いつ、誰から、何を購入したのか?」を証明する書類です。輸入者は、税関への輸入申告時に、このインボイスを用いて貨物の価格を証明。その後、必要な税金を納付して貨物を引き取ります。これが輸入時におけるインボイスの役割です。もちろん、...
輸出ビジネス

輸出で必要になる三つの書類

私たちが外国へ貨物を輸出する場合は、税関へ「●●と〇〇を輸出したいので許可をお願いします」と申請する必要があります。この作業を「通関」といいます。通関は、日本へ貨物を輸入するときや外国へ貨物を輸出するときなど、どちらの場合も必ず行わなければ...
輸入ビジネス

【委任状】通関業者に依頼するときに用意する書類

輸出や輸入をするときは、税関に「○○を輸出します」「○○を輸入します」と申告します。一般的に、この申告は「通関業者」と呼ばれる税関への申告を代行する業者を通じて行います。 実は、税関への申告自体は誰でも行うことができます。通関士などの...
輸入ビジネス

D/O(デリバリーオーダー)輸入貨物を引き取るには?

輸入貨物を引き取るときのD/Oとは何か?について説明をしています。D/O交換をする際に必要になる書類は、B/L(船荷証券)の原本です。この原本と一緒に船社チャージを支払うとD/Oを交換できます。交換したD/Oは、コンテナターミナルやCFSなどにおいて輸入許可書ととも差し出して貨物を引き取ります。
輸入ビジネス

輸入書類の流れ 許可には、どのような書類が必要になる?

輸入書類・通関の流れを紹介しています。輸出国側から輸入許可にいたるまでに必要になる書類は、インボイス、パッキングリスト、B/L、アライバルノーティスがあります。またそれとは別で船会社に対して「D/O」を請求するために必要になる書類がいくつか存在します。税関への手続きと船会社への手続きを分けて考えるようにしましょう!
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました