革の輸入

輸入ビジネス

革製品の輸入ビジネスマニュアル

革の一部又は全部を使用する製品を輸入するときには、高い関税が発生します。一般的な工業製品の関税率が一桁で設定されている中、革関連には、2桁の関税率が設定されています。そのため、革製品を扱うときは、いくつかの注意点があります。 設定...
輸入ビジネス

革製バックを輸入するバイヤーは必見!おススメの仕入れ先国一覧

海外産の革製ハンドバッグを商業的に輸入する場合は、8%~14%もの関税がかかります。これは、日本に入ってくる貨物の平均的な関税率(5%前後)よりも高い方に分類されていることになります。海外産の革製バッグを輸入している方は、この高関税に悩まさ...
関税とEPA

革靴の関税がかからない方法 マレーシアEPA、メキシコ協定がおススメ

日本では革靴をはじめ革製品にかかる関税が高いです。これは昔から続くある特定層の権利を保護する理由といわれています。真実はどうであれ革靴を購入するのに一足あたり4300円~の関税に頭を悩ます方は多いはずです。 しかし、あるポイントを抑え...
関税とEPA

革靴の関税は安い!? 個人輸入の税率とEPAの関係

海外から革靴を輸入するときは、日本側で発生する高い関税に気を付けます。安い革靴でも、日本側で高い関税がかかれば、結局、国内で買えばよかったと後悔します。革靴の関税率は「商品価格の30%または、一足当たり4300円のどちらか高い方」です。革製...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました