B/L

輸入ビジネス

輸入におけるB/Lの流れを確認!

国際ネットショッピングなどで商品を購入すると、一つまたは二つ程度のダンボールなどで運ばれてくることが多いです。これが「商売目的の輸入」になると、20フィート1本分など、大きな単位での輸入になります。いわゆる「FCL(コンテナ」や「LCL(コ...
輸入ビジネス

マスターB/LとハウスB/Lの違いは?

海外から貨物を輸送するときは、B/L(船荷証券)という引き換え書類を頼りにして「誰が貨物の所有者なのか」を明確にしています。このB/Lには、マスターB/LとハウスB/Lの2つがあります。直接、船会社と輸送契約を結んでいる物が「マスターB/L...
輸入ビジネス

貿易書類・船荷証券(B/L)実際の見本を使って説明!

日本から輸出したり、海外から輸入したりするときは、海上輸送が一般的です。海上輸送では、荷主と船会社で海上輸送契約を結び、コンテナと呼ばれる専用の箱の中に貨物をつめて輸送します。輸出国で荷主(荷物を所有している人)が船会社に荷物を預けると「船...
輸出ビジネス

輸出で必要になる三つの書類

私たちが外国へ貨物を輸出する場合は、税関へ「●●と〇〇を輸出したいので許可をお願いします」と申請する必要があります。この作業を「通関」といいます。通関は、日本へ貨物を輸入するときや外国へ貨物を輸出するときなど、どちらの場合も必ず行わなければ...
輸入ビジネス

D/O(デリバリーオーダー)輸入貨物を引き取るには?

輸入貨物を引き取るときのD/Oとは何か?について説明をしています。D/O交換をする際に必要になる書類は、B/L(船荷証券)の原本です。この原本と一緒に船社チャージを支払うとD/Oを交換できます。交換したD/Oは、コンテナターミナルやCFSなどにおいて輸入許可書ととも差し出して貨物を引き取ります。
輸入ビジネス

輸入書類の流れ 許可には、どのような書類が必要になる?

輸入書類・通関の流れを紹介しています。輸出国側から輸入許可にいたるまでに必要になる書類は、インボイス、パッキングリスト、B/L、アライバルノーティスがあります。またそれとは別で船会社に対して「D/O」を請求するために必要になる書類がいくつか存在します。税関への手続きと船会社への手続きを分けて考えるようにしましょう!
輸入ビジネス

「サレンダーB/Lの確認ができない!」の原因と対処方法

「サレンダーB/Lの確認ができなくてD/O(貨物引換券)の発行ができない」と言われたときの対処方法です。多くの場合、現地の船会社と日本側の船会社代理店との連絡不足が原因です。サレンダーのはずなのに、サレンダーではない場合に対処する方法を説明しています。
輸入ビジネス

【貿易】オリジナルB/Lがない!貨物を引き取るには?

「輸入許可になったのにB/Lオリジナルがないのでひきとれません」と言われないためのポイントを紹介しています。オリジナルB/Lとサレンダー(元地回収)、LGなどの書類によって、貨物を引き取れる仕組みをゼロから説明しています。
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました