コスト削減

国際輸送

輸入許可後の混載便は通関業者に依頼しない方が良い

日本国内に輸入、税関から輸入許可を得ると、貨物を受け取れます。輸入許可を得た貨物は、アライバルノーティスに記載されている倉庫に保管されており、荷主は指定の期限内(フリータイム)に、専門の運送業者(混載業者)または、自らのトラックで貨物を引き...
国際輸送

海上輸送の見積を通関業者に依頼してはならない理由

輸出入の申告をするときは、通関業者と呼ばれる専門業者に代行してもらうのが一般的です。申告の代行をしてもらうことで、貿易プレイヤーは、貿易取引自体(入金確認、商品の品質向上など)に集中でき、通関関係で必要になる煩雑な作業から逃れられます。ただ...
リーファーコンテナ

リーファーコンテナをドライとして活用=コスト削減!?

日本に滞留するリーファーコンテナ(温度管理ができる)をドライコンテナとして活用する方法をご存じですか? この記事では、リーファーコンテナをドライコンテナとして活用する方法、いわゆるreefer as dry!(リーファーアズドライ)をご紹介...
国際輸送

ドレー代金の消費税を免税にする方法

「輸出入許可の意味する2つのこと」でもお伝えした通り、輸入貨物に対する消費税は、内国貨物に変化したときに課されます。これを逆に言うと、内国貨物に変化する前にかかる費用は免税です。実は、この仕組みを利用すると、ドレー代金に対する消費税を支払わ...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました