EPA(自由貿易)

自由貿易(EPA)

EPAとリインボイス(インボイス・スイッチ)の関係

EPA(自由貿易)かつ第三国インボイスを利用するときは、輸出者が取得した特定原産地証明書と仲介者が発行したリインボイスの2つの書類を輸入国税関へ提出します。
自由貿易(EPA)

「EPA」生産者の定義とは?ファブレスメーカーはどうなる?

EPAで言う生産者の定義には、実際に商品を製造した会社と、商品の製造を委託している会社の2つが含まれます。この記事では、この内、商品の製造を委託しているファブレスメーカーについての注意事項をご紹介しています。
TPP/日欧/日米協定

TPP11・韓国の参加を拒否しなければならない理由

TPP11(イレブン)に韓国が参加をしたいと打診をしているそうです。日本は、韓国の参加を拒否して、これから発効される日欧EPAなどの効果を自ら小さくしないようにしなけらばなりません。昨今のFTAは一つの協定だけで考えるのではなく、多面的に検討するべきです。その意味において韓国の参加は、百害あって一利なしです。
TPP/日欧/日米協定

TPP(TPP11、CPTPP)メンバーの基礎情報まとめ

新TPP(CPTPP)の加盟国に関する基礎情報をお伝えしています。各国の人口、物価上昇率などを基準として、チャンスがある市場なのかを判断する重要性についてご紹介しています。消費市場として魅力がある国は、シンガポールまたはオーストラリアです。ベトナムであれば、高い経済成長率を背景にして、生産市場から消費市場へと変化していることがわかります。そのため、各国における基礎指標を必ずチェックすることが重要です。
TPP/日欧/日米協定

「新TPP/CPTPP」表面だけじゃない!完全累積制度のとらえ方

新TPPにおける完全累積制度の考え方についてご紹介しています。完全累積制度とは、TPP域内にある工場で生産された付加価値分を累積していくことができる仕組みのことです。これにより、これまでよりも柔軟に生産移管が行うことができ、ビジネスの市場もぐっと広がるメリットがあります。
TPP/日欧/日米協定

【CPTPP/TPP11】新しく加わる国は2か国のみ。日本の狙いとメリット

新TPP(CPTPP)は、日本にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?実は、新TPPに加盟したとしても、新しく貿易市場が広がるのは、ニュージーランドとカナダだけです。新TPPに加盟する多くの国とは、すでに二国間EPなどを行っているためです。
輸入ビジネス

革製品の輸入ビジネスマニュアル

革製品の輸入をするときは、どのようなポイントがあるのかをご紹介しています。革製品の輸入はワシントン条約による規制を受けること、通常よりも高い関税率がかかることの2つがポイントになります。特に高額な関税率をどのようにして減額するのかが重要になります。関税を削減するポイントは、次の三つです。関税割当、EPA、特別特恵です。これらの税制度をうまく活用することによって、革製品の輸入ビジネスの成功が決まります。
海外出張/貿易サービス

貿易書類(EPA関連資料含)のダウンロード

貿易で必要になる各種資料のテンプレートをそろえています。特定原産地証明書関連(ワークシート、サプライヤー証明書など)ご自由にお使いください。書類の二次配布は、気分が悪くなりますのでおやめいただきますようお願いします。
特定原産地証明書

特定原産地 サプライヤー証明書のひな形 ダウンロード可能

特定原産地証明書で使うサプライヤー証明書をご紹介しています。この記事では、サプライヤー証明書とはどのような書類なのか?を詳しく説明しています。また、このサプライヤー証明書のひな形をダウンロードできるようにしています。
TPP/日欧/日米協定

「日欧EPA対策」これだけは知っておくべき5つのポイント

日欧EPAが発効されるには、各国の国会での批准作業が必要です。合意後であっても、批准されなければTPPと同じようにご破産することになります。EPAは、このポイントをふくめていくつかの覚えておいた方が良いことがあります。この記事では、そんな重要な5つのポイントをご紹介しています。各国での国会での批准、申告日、特定原産地証明書などを説明しています。
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました