EPA(自由貿易)

特定原産地証明書

貿易のCTCルール 関税分類で原産確認 対比表の作成方法も解説!

この記事は、EPA貿易の原産性ルールの一つである「CTC」の解説をしています。CTCの基礎知識、対比表の作成方法、作成例も併せてご紹介しています。 EPA(自由貿易)を利用するときは、その産品が日本の原産品であることが条件です。原産品...
輸出ビジネス

輸出統計品目表(輸出時のHSコード表)の見方

外国へ商品を輸出するときは、商品ごとに「HSコード(品目表)」を記載します。これにより、日本政府は「どこに、どんな物が輸出されているのか」を統計データとして記録できます。また同時に輸出入をする者としては「法律を順守して適正な輸出申告」をする...
関税とEPA

日本とEPAを結んでいる国々とその狙いとは?

TPP、日欧EPAなど、先進諸国との大型EPAの締結が相次いでいます。2019年現在、日本は、どの国とEPAを結んでいるのかをご紹介していきます。
関税とEPA

EPAとFTAの意味と違い。WTOとの関係は?

この記事は、EPAとFTAの意味と違い。WTOとの関係性について説明しています。 日本は、経済分野で交流を深めるために、経済連携協定(EPA)を積極的に締結しています。他方世界では、EPAではなく、FTAを結んでいます。一体、この2つ...
関税とEPA

EPAのメリット・デメリット

この記事は、EPAのメリットとデメリットについて解説しています。 経済連携協定(EPA)は関税がなくなる、または低率になるメリットがある一方、他国を原産国とする商品との競争にさらされるデメリットがあります。これからの時代は、日本国内向...
輸入ビジネス

暫定8条とは?アパレル輸入ビジネスに必須の関税制度

自社で所有している生地を海外の工場に送り「製品に仕上げてもらうとき」に使う便利な関税制度があります。関税暫定措置法第8条、通称「暫8(ざんぱち)」です。近年、アパレル輸入ビジネスをする会社は、この暫8とEPA(関税を安くする制度)の併用、ま...
関税とEPA

ネクタイを輸入するときの関税 無税で輸入できる可能性あり

東南アジアのマーケットで必ずある物が「ネクタイ」です。日本では高価で販売されているシルク製ネクタイが、アジア諸国では、手頃な価格で販売されています。 今から数年前、ラオスの首都ピエンチャンで開かれていたナイトマーケットでのことです。メ...
関税とEPA

テントを個人輸入するときの関税は?

キャンプ場へ行くとさまざまなテントがあります。ひときわ大きなもの、個性的な形のもの、目を疑いたくなるような派手なものまで、所有者の「個性」をひしひしと感じます。今回は、この「テント」を海外から輸入するときに必要になる「関税のポイント」や「海...
関税とEPA

革靴の関税がかからない方法 マレーシアEPA、メキシコ協定がおススメ

日本では革靴をはじめ革製品にかかる関税が高いです。これは昔から続くある特定層の権利を保護する理由といわれています。真実はどうであれ革靴を購入するのに一足あたり4300円~の関税に頭を悩ます方は多いはずです。 しかし、あるポイントを抑え...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました