TPP

TPP/日欧/日米協定

ゼロからのTPP!基礎知識から原産地の証明方法までを網羅

TPPを活用して輸出したい!または「輸入したい!」と考える方も多いのでないでしょうか? ただし、思いとは裏腹に、TPPを理解できず、思うように活用ができていない方も多いかと思います。そこで、この記事では、TPPに関する知識がゼロの方のために...
TPP/日欧/日米協定

TPP貿易は 関税率の比較と検討が重要!

TPP(環太平洋の自由貿易)を利用すれば、輸出先(相手国側)または輸入時(日本側)の関税を削減できます。 例えば、日本からベトナムにトマトソースを輸出する場合を考えましょう!TPPを利用しないと、35%の関税です。しかし、TPPを適用...
TPP/日欧/日米協定

TPP(CPTPP)相手国の関税は、いつ削減?譲許表の一覧

2018年12月30日、「TPP(CPTPP)」が発効します。これにより太平洋をぐるりと囲む一大自由貿易圏が誕生します。日本は、TPPにより、新たにカナダとニュージーランドの間に、自由貿易協定を結びます。カナダとニュージーランドは、農産品を...
TPP/日欧/日米協定

【TPP11発効】バターを輸入するときの調整金の計算方法

バターを輸入するときは「alic 独立行政法人 農畜産業振興機構」に対して関税とは別に、調整金を支払う必要があります。バターを輸入する人は、この関税と調整金の2つを支払うことで、ようやく輸入許可が下ります。2018年12月30日に発効される...
TPP/日欧/日米協定

TPPの関税 いつから、何が安くなる? 削減予定の調べ方

TPP協定の発効により、日本に輸入される商品の関税は、最終的に全廃される予定です。関税の全廃までの日程は品目ごとに異なり、即時撤廃、一年ずつ数パーセントずつ、向こう10年かかて撤廃するなど、品目ごとに様々です。そこで、この記事では、TPPに...
TPP/日欧/日米協定

【EPA】品目別規則/PSRの意味と調べ方

EPAを利用するときは、協定内で決められている品目別規則に従って、産品が原産品であることを証明します。この証明ができない限り、相手国または日本へ輸入するときの関税の免税は受けられません。そこで、この記事では、品目別規則の基本知識と調べ方をご...
TPP/日欧/日米協定

TPPの原産地証明書で求められる「必要的記載事項」とは?

TPPで関税の恩恵を受けるには、輸出者または輸入者が作成する原産地証明書(自己証明制度)が必要です。原産地証明書とは、その産品がTPP協定上のルールに従った原産品であることを証明する書類です。輸入税関は、この書類の内容をもって、輸入時の関税...
TPP/日欧/日米協定

TPPの付加価値基準(RVC)の4つの計算方法と救済ルール

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)における関税の恩恵を受けるには、域内(11カ国)で生産された原産品であることが条件です。原産品であるのかの判断は、HSコードの変化で確認する方法(CTCルール)と、完成品に含まれる「与えた価値」で確認す...
TPP/日欧/日米協定

TPPの原産地規則を理解するための17のポイント

TPPを利用して、関税無税の恩恵を受けるには、TPP締約国の「原産品であること」を証明する必要があります。原産品とは、TPPで定められている原産地規則や品目別規則のルールを満たす物です。一体、原産地規則とは、どのような物なのでしょうか? ...
TPP/日欧/日米協定

TPP11/天然はちみつ マヌカハニーも安くなる!? 2025年4月1日、完全撤廃

TPP11(アメリカを除く自由貿易協定)は、2018年12月30日に発効されることが正式に決まりました。日本としては、アセアン諸国に続く、二つ目の多国間EPAであり、今後も発効される見込みである「日欧EPA」と合わせて注目するべき貿易協定で...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先 トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました