EPA利用ガイド

特定原産地証明書

【EPA×CTC】畳を輸出するときの証明書の作成方法

近年、中国の一般家庭では、日本の「畳」を取り入れることがはやりのようです。この要因は、日本へ来た留学生が畳を経験したときの「心地よさ」が忘れられなくなり、中国の自宅においても畳を取り入れたいとの理由によるものです。これは中国に限った...
特定原産地証明書

【特定原産地証明書の発給編】 原産品判定承認からの手続き

関税ゼロ貿易は「特定原産地証明書」が必要です。この証明書は、輸出者が取得して、それを輸入者が使用します。もし、商品を日本から輸出するのであれば、輸出者が日本商工会議所へ申請して、特定原産地証明書を手に入れます。 日本商工会議所から証明...
特定原産地証明書

【原産品判定編】貨物の原産性を証明!企業登録後の申請

EPA(自由貿易)を利用するためには、貨物の原産性を証明する必要があります。証明方法は、自ら原産性を証明する自己証明制度と日本商工会議所などの第三者機関による証明の2つがあります。この内、後者の第三者証明制度は、日本商工会議所に「特定原産地...
特定原産地証明書

EPAの原産資格割合と無効な加工作業とは?

EPA(関税などを撤廃又は低率にする経済協定)は、商品がどこで製造されたかを示す「原産地」が重要です。この原産地の資格を得るためには、元々国内で完全に生産されたものであるか、外国の材料を規定のルールに従って加工するのかのどちらかがです。 ...
関税とEPA

【EPA】累積の意味 外国産の原材料を国産扱いにできる!

商品を作るときに全ての原材料を「日本の原材料」で製造できることは稀です。多くの場合、コストなどの問題から外国産の原材料と日本産の原材料を混ぜて作ったり、外国産の原材料のみで製造したりします。EPAにおける「原産品」とは、すべての原材料につい...
特定原産地証明書

日本商工会議所の企業登録・更新方法 特定原産地証明書関連

EPA(自由貿易)を利用するときは「特定原産地証明書」が必要です。この書類を発行できるのは、日本で唯一、日本商工会議所だけです。貨物を輸出する人は、日本商工会議所へ企業登録をした後、原産品承認を受けることによって、特定原産地証明書を手にでき...
特定原産地証明書

加工工程基準(SPルール)とは?

EPA(自由貿易=関税ゼロで取引ができる協定)は、商品の原産国が重要です。「何をもって原産品とするのか?」この基準は、以下の3つです。 完全生産品の条件を満たすこと 原産材料のみで構成している条件を満たすこと 非原産材...
関税とEPA

デミニマスルール/計算方法も紹介!EPAの救済・CTC

CTCルールは、完成品と原材料との間に「HSコードの差」があることで協定の原産品とする考え方です。 例えば、ケーキが完成品、そこに原材料として、小麦後、卵、砂糖が含まれているなら.....ケーキのHSコードと小麦粉、卵、砂糖のHSコー...
特定原産地証明書

【生産者同意通知】EPA 輸出者と生産者が違うとき

世の中にには、さまざまなビジネスがあります。貿易業界でいうと、商品を輸出入する「輸出者」と商品を製造する会社(生産者)は、異なる場合が多いです。そのため、特定原産地証明書の作成は「商品の生産者」または「輸出者」のどちらも申請できます。 ...
トップへ戻る
Chinese (Simplified)EnglishJapanese
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました