タイのブランドを一挙に紹介!アパレルからコーヒー豆迄

この記事は約6分で読めます。

タイは暑いだけではない。辛いだけでもない。渋滞が多いだけでも、バイクの波が激しいだけでもない。タイは、タイ製品のブランドが凄いのです!

現地人がオススメ!タイのブランド

知っている人にはかなり有名なタイのブランド

皆さんはタイの有名ブランドをご存知でしょうか?そう言われて、すぐに答えられる人はタイ通です。タイへ観光に行った方なら目にしたり、お土産で買ったことがあるでしょう。その中にはタイ人に根強い人気を誇る日用品、若者の支持を集めるアパレル品、定番のお土産である雑貨や美容品など数多くのブランドがあります。世界でも有名な老舗ブランドから、年々知名度が増してきたブランドなどタイ代表をご紹介します。

タイの売れ筋商品 現役バイヤーが紹介!

タイのブランドはアパレルがダントツ!

バイヤーの仕事柄、アパレル品に触れる機会は多いです。タイのブランドと言えば、私の中ではアパレル品が一番です。有名ブランドはもちろん、世界的には無名だけど、価格の割には質が高く日本のお客様に人気のあるブランドが数多くあります。

ジムトンプソン

世界的に有名なブランドは、ジムトンプソンです。タイシルクと言えば、ジムトンプソンであり、その高級感と質の良さは世界中の人々に愛され続けられています。男女のシャツからバッグ、ポーチ、ネクタイ、スカーフ、人形などアイテムも豊富です。

年配の方や大切な人へのお土産に最適なブランドと言えます。本店&支店の他に、高級デパート内にもお店があります。製品を買う前に、人気の観光スポットである「ジムトンプソンの家(博物館)」の観光をおすすめします。

ナラヤ

このブランドも観光客には大変有名です。リボンが目印で、手頃な価格の割には質が良く種類もいろいろ取り揃えています。定期的に新作が出され、ウィンドウに飾られたモノを見るのが楽しみでもあります。以前は日本人、現在は多くの中国人観光客が訪れています。タイ人女性でも身に着けている人を結構見かけます。派手なデザインもいいけれど、落ち着いた色の黒、紺のリボンバッグは定番の人気商品です。

LYN(リン)

タイの若い女性に人気を集めています。バッグをはじめ、財布、時計、靴など種類もさまざま。特徴はポップなカラーバリエーションと、凝ったデザインの割には1万円を切る価格帯。高級品ではないけれど、親しみやすさも人気の一つと言えます。ターミナル21などデパート内に店舗があります。

JASPAL(ジャスパル)

創業1972年の老舗ブランドです。デザイン的にはカジュアルなものが多く、観光客よりもタイ人の若者に人気があるようです。日本人から見ると、やや派手で若すぎる印象を受けるかもしれません。価格の手頃感も支持を集めているのでしょう。

プラチナムセンターの女性用アパレル

有名ブランドはありません。若いタイの女性やバイヤーから支持を集めるお店がたくさんあります。価格も割安です。デパート内にあってもおかしくないデザインの服がたくさんあります。

その他では、いくつかあるビキニのブランドが知名度を上げています。私の中では、Addaというタイのサンダルがおすすめです。デザインが豊富で作りもしっかりしています。150B‐200B位と価格も手頃。仕事柄、市場での歩き専用サンダルとして定期的に購入しています。タイの安いサンダルは裏のゴムが滑りやすいのですが、これは滑りにくくその点も気にいっています。

お土産に人気、タイの生活用品。

南国の生活には欠かせない、使ってみるとハマる製品がいろいろあります。お土産としても人気です。

マダム・ヘン

タイの石鹸の中でも歴史があります。泡立ちが良いので、きれいに洗い落としてくれる石鹸という印象です。ただし、ナフタリンのような独特の香りがあり、苦手な人もいるかも知れません。形は大きく、手頃な価格は魅力です。

ヤードム

タイ人に絶大な人気を誇る香り薬です。主成分のメンソールを鼻で吸い込みます。この清涼感がクセになり、私も長く愛用しています。ある調査によると、ヤードムはタイのお土産のNo1。価格も安く、バラマキ用にも便利なすっきりグッズです。

プリックリーヒート

ヤードムと同じくらい愛用されている消臭・制汗パウダーです。入浴後、やや濡れた体に手で塗り込みます。しばらくすると体がひんやりしてくる感じがたまりません。暑いタイには欠かせない定番品です。

スパ好きの女性の間では有名

タイは美容大国であることから、街中や高級ホテル内にはエステやスパがたくさんあります。スパグッズのブランドは日本人の間でも有名です。

HARNN(ハーン)

ホームスパブランドの代表です。米ぬかの油を主成分としており、それが人気の要因でもあります。製品は石鹸、ボディクリーム、シャンプーなど多岐にわたっており、高級スパや5つ星ホテルにも置かれています。お土産としては独特の色と香りのある石鹸が人気ですが、他の製品も高級感があるのに手頃な価格です。各デパートに店舗があり、日本にも進出しています。

THANN(タン)

日本での認知度は、HARNNよりも高いと思います。有名なタイのナチュラルスキンケア・ブランドです。世界各国に進出しており、日本でも高級ホテル内にスパがあります。石鹸やシャンプー、ボディクリームなどはアメニティとして提供されています。HARNNとは元々は同じブランドであり、HARNNの妹ブランドでもあります。

飲料やスナック、コーヒー豆も負けていない!

このカテゴリーにも有名なタイブランドがいくつかあります。

ビアシン

1933年から製造されているタイ最古の人気ビールです。シンボルマークは獅子。アルコール度数は6%と高め。程よい苦みと強めの炭酸を感じます。この味が辛いタイ料理、そして暑いタイにマッチします。ほとんどのレストランには常備されており、日本の居酒屋でもよく見かけます。度数が高いためビールの中に氷を入れて飲む人もおり、タイでは珍しくありません。

コーゲー

このナッツのコーヒー味を初めて食べたとき、大変感動しました。ホットコーヒーとの相性は抜群です。コーヒー味以外にも塩味やわさび味などがあり、こちらはビールにおすすめです。袋入り10B‐20Bで、量の多い缶入りもあります。スーパーやコンビニには必ず置いてあり、チャトチャック市場にも専門店があります。たかがナッツ、されどナッツです。

コーヒー豆

意外にもタイは世界でも有数のコーヒー生産国です。北部の丘陵地帯で生産されているコーヒー豆は人気があり、お土産にもおすすめ。バンコクには、チェンライ産のアラビカ種のコーヒーが飲める「ドイチャーンコーヒー」店がいくつかあります。ここでアメリカンを初めて飲んだとき、その香りと濃厚な味に衝撃を覚えました。店内ではコーヒー豆も販売されており、250gで300B‐400B。私は定期的に買っています。

まだまだ紹介したいタイ製品はありますが、今度はあなたがタイに来て新たなタイブランドを見つけてみませんか?

まとめ

  • ジムトンプソンをはじめ、タイのアパレルは世界でも有名なものが増えている。
  • プラチナムセンターには、有名になりそうな無名ブランドがたくさん集まっている。
  • ヤードムはタイのお土産のNo1。日本人の中にもかなりのファンがいる!?
  • 美容大国タイならではの高級ブランドが目白押し。スパやホテルでも使用されている。
  • ビールやスナック類にも人気ブランドがある。コーヒー豆は味が濃厚でおすすめ。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました