旅行ブーム到来?! 貿易トレンドはエコ・アウトドア・抗菌!

この記事は約7分で読めます。

HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • アリババ輸入の6ポイント


  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集等し、公開する行為をお断りします。

    ■記事の本文はここから!


    前回の当サイト記事「世界経済の回復は?トレンド予測は?海外の商機を読み解く」でも紹介したように、ワクチンの接種が進む欧米を中心に、今年度中には旅行ブームが再来するとの予測が実現化しそうだ。アジア各国はワクチンの普及が進んでいないため余談を許さない状況ではあるが、シンガポール、韓国、台湾オーストラリアなどの感染拡大を阻止した国々が、双方向の観光客の往来を認める協議を開始している。

    長期の外出規制を経て、旅に出ることを心待ちにしている人々は多く、世界的な旅行ブームは徐々に広がりを見せていくだろう。現在各国のメディアが指摘している旅行トレンドは「持続可能性」だ。

    観光業界では、自然環境保護の意識を高めるエコツアー、ヨガや瞑想や健康食の体験をするウェルネスツアーなど、自分の健康や自然環境に意識を向けるツアー商品に注目が集まっている。

    また、使い捨てアメニティの撤廃やナチュラルクリーニングを導入する宿泊施設も人気だという。さらに、密を避ける行動規制が要因となって、世界的にアウトドア志向も高まっている。つまり輸出入ビジネスにおいて、エコやアウトドアをキーワードにした商材に需要が集まることが予想される。例えば持続可能な生産体制で製造された製品や、アウトドアグッズなどだ。

    今回の記事では、東南アジア各国の旅行トレンド予測と、旅行ブーム前夜を迎えるアメリカで注目されている旅行グッズを紹介する。

    ASEANは一人旅・ステイケーション 米では抗菌機能がマスト

    タイ: 一人旅・ステイケーション用のグッズに商機!

    タイの旅行トレンドは、パンデミック発生前と比較して大きく異なり、一人旅をしたいと考える人が17%から40%に増加したというデータが報告されている。また、豪華な旅行よりリラックスできる旅行をしたい人が約半数を占めている。そして旅行には、郷土料理を楽しんだり、地域社会を支援したり、ウォーターボトルやトラベルボトルを持参してゴミを極力減らすなど、持続可能性が不可欠だと考える人も増えている。

    現在のタイ国内では未だ旅行規制があり、ホテルはワーケーションやステイケーション(自宅近郊で過ごす休暇)のパッケージを提供している。こうした需要から単身旅行者向けまたは短期旅行向けのトラベルバッグやスーツケースの輸出が狙い目と言えるのではないだろうか。

    また、タイからの輸入グッズとして注目すべきは、持続可能性を追求した水着ブランド「Angelys Balek」だ。魚網などのリサイクル素材を利用し、製造過程でも労働者の健康を気遣うシステムを構築した同ブランドの水着は、欧米のセレブの目に止まり、SNSで評判を呼んでいる。

    シンガポール:グランピングに注目

    シンガポールは、新型コロナウィルスの感染拡大を阻止した国との間で、環境客の往来に隔離を免除する「トラベル・バブル」政策の推進に前向きだ。最近は感染者が増加したことで政策停止の措置を取っているが、こうした政策下でも感染対策を十分に取ることが義務付けられるケースが多いため、今後も、マスク、消毒液、抗菌グッズなどの旅行用の感染対策グッズは大きな需要を占めるだろう。

    また、シンガポール政府による推進は国内旅行にも向けられ、3億シンガポールドル以上の旅行クーポンが発行されている。2021年6月末には終了すると言われているが、国内のトレンドキーワードの上位に上がり、それに呼応するように「ステイケーション」への注目度も上がっている。タイと同じように、近場への旅行が需要の主流となっているのだ。

    また世界的トレンドと同じくアウトドア人気も上昇しており、特にグランピング(豪華はキャンプ)への注目度が高い。グランピング業界で必要とされるタイニーハウスやテント、バーベキューグッズの輸出にチャンスがあると見て良いのではないだろうか。

    ベトナム:少人数旅行・ウェルネスに需要

    ベトナムでは、少人数で2~3日の国内ツアーを楽しむ観光客が増えているという。特にビーチや島などの混雑のない観光地や、ウェルネスツアーが人気だ。しかし、ベトナム人観光客は持続可能性への関心は他国ほど興味がないようだ。オンラインホテル予約サイトAgodaの調査によると、旅行における持続可能性は個人に責任があると考える人が多い国はタイ、日本、アメリカで、少ない国は中国、イギリス、ベトナムだという結果が出た。

    つまり、国内のウェルネスツアーには注目が集まっているものの、持続可能性にはあまり関心が寄せられていない。それを踏まえて、ベトナムでは、旅行で使えるヨガ・フィットネスグッズ、水着、ウォーキングシューズ、バックパック、トラベルポーチに需要を見出すことができるのではないだろうか。

    アメリカ:旅行グッズトレンドは持続可能性、抗菌、盗難防止

    アメリカの旅行トレンドは世界を先取りしている。国内ツアー、エコツアー、ウェルネスツアー、アウトドアの大きなトレンドのほか、ワクチンが行き届いた時点での次のトレンドも見えてくる。赤ちゃんや子供を含む家族旅行、ペットと同伴の旅行など、専用のグッズが必要な旅行スタイルの需要が大きく期待されている。




    2021年2月には、旅行グッズの大きな見本市「トラベルグッズショー」がラスベガスで予定されていたが中止となった。しかし同イベントの公式サイトでは業界内で話題となっている様々な製品を紹介しているのでその一部を紹介しよう。

    旅行用バッグ

    旅行用バッグのトレンドは、持続可能性、抗菌、盗難防止、防水がキーワードだ。

    例えば、インドの老舗革製品ブランド「Hidesign」の旅行カバンは、昔から植物性のなめし革を使用し、裏地も綿100%で、頑丈な縫製で長持ちすると評判だ。持続可能性を体現した高級感のあるカバンとしてにわかに注目されている。

    また、ビジネストリップ用バックパックのアメリカブランド「TANKA」は抗菌性および撥水性を持つ軽量化された生地から作られた機能的なバックパックだ。そして盗難防止機能をもつブランドは、「Pacsafe」「Aqua Vault」「Travelon」など日本にも輸入されており、今後も多様なブランドが手がける分野だと期待できる。また、ユニークなバッグとして、腰痛などの痛みを軽減するデザインの「Back TPack」は、背後に背負うタイプではなく、二つのバックを両脇に抱えるような形で、背骨に負担をかけないサイドバッグ方式。子供用サイズもあり、人間工学に基づいたバッグだ。

    旅行グッズ

    シアトルのバッグブランド「YAY NOVELTY」が新発売したタイムリーな旅行グッズは、ワクチンカードホルダーだ。ワクチン接種証明をアプリで利用できない人にとっての旅行における必需品になりそうだ。

    また運動不足の旅行者にとって筋肉疲労を避けるグッズも重要だ。「Vim&Vigr®」のレッグスリーブは、ふくらはぎに履くレッグウェアで、筋肉の動きをサポートして疲労回復を促進する機能を持つ。

    またアメリカでもマスクの需要は依然高く、メディアは旅行の必需品だと認識している。「Seirus EVO Arc Masque」のように抗菌性があり、呼吸が楽で。耳が痛くならないなどの機能が発達した布マスクのほか、マスク用ポーチやストラップにも需要が多い。

    まとめ

    日本国内の状況を見る限り、旅行などまだ先の遠い未来のことのように感じられるかもしれない。しかし国によっては、今年中に旅行ブームがやってくると予測されており、輸出チャンスは十分に感じられる。また国内もワクチン接種が進めば、少なくとも国内旅行は近い将来には解禁されると見られ、今から輸入ビジネスに向かって準備することは決して遅くはないだろう。状況が見えない中ではあるが、旅行グッズの需要が急増する時期は必ずやってくる。焦らずに商機を見据えていきたいところだ。

    >>その他のセカイマを確認

    この記事の参考サイト
    • Bangkok Post, Five emerging trip types in 2021
    • Bangkok Post, Top travel trends to watch in 2021
    • Vogue, How Thailand’s Biggest Swimwear Label Went Sustainable
    • The Egg, HOMEGROWN INSPIRATION: SINGAPORE’S TOP 5 TRAVEL SEARCH TRENDS IN 2021
    • PR News, Agoda Sustainable Travel Trends Survey Reveals People’s Top Concerns about Tourism’s Impact, and Measures to Make Travel More Sustainable
    • The Leader, Travel trends in Vietnam this year
    • Destination Deluxe, 9 TRAVEL TRENDS FOR 2021
    • Hospitality Net, The Biggest Trends For Summer 2021, According To New Report
    • Travel Goods Magazine, Industry Buzz
    • Travel Goods Magazine, Revenge is a Trip Best Served with Bold Travel Gear
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました