貿易取引おける通貨記号(通貨コード)の一覧 JPYやUSD

輸出ビジネス
この記事は約2分で読めます。

貿易書類の中に書いてる通貨表示を見ると、日本円であれば「JPY」、米ドルであれば「USD」と表示されています。世界には、様々な通貨がありますが、貿易書類の中では、JPYやUSDなどの三文字で表すようにしています。そこで、この記事では、貿易取引で使われている通貨コードの一覧をご紹介します。

通貨記号(通貨コード)の一覧

貿易書類(インボイスなど)では、取引する通貨を三文字の記号で表します。有名な物でいえば、アメリカドルの「USD」、人民元などの「CNY」などがあります。この他、世界の通貨は、次のような三文字で表します。

通貨の名称 記号
日本円 JPY 日本
アメリカドル USD アメリカ
ユーロ EUR ヨーロッパ
カナダドル CAD カナダ
イギリスポンド GBP イギリス
ノルウェークローネ NOK ノルウェー
スイスフラン CHF スイス
スウェーデンクローネ SEK スウェーデン
デンマーククローネ DKK デンマーク

 

通貨の名称 記号
人民元 CNY 中国
香港ドル HKD 香港
シンガポールドル SGD シンガポール
台湾ドル TWD 台湾
タイバーツ THB タイ
オーストラリアドル AUD オーストラリア
ニュージーランドドル NZD ニュージーランド
メキシコペソ MXN メキシコ
韓国ウォン KRW 韓国

まとめ

この記事で紹介した通貨記号は、外国為替相場でも使われています。貿易取引をするときは、どちらの通貨を使うのかによって「通貨変動リスク」を負担する人が変わります。日本の場合であると、米ドル建てで行う企業が多いと思います。やはり、世界の基軸通貨(ドル、ユーロ、円など)の中でも、アメリカドルの流通量は最強です。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました