コロナに対するワクチンの輸入状況 どこからいくらで輸入?

この記事は約3分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    2021年5月現在、新型コロナに対するワクチン接種が日本各地で始まっています。現在は、高齢者、病院関係者等一部の方に限定されていますが、今後は若年層に拡大していく見込みです。そんなワクチン接種率の向上の要が海外製ワクチンの供給です。

    テレビニュースなどでは、米国のファイザー社の話題がよくあがります。その他、複数の名前がでてきてよくわからない状況です。そんなとき、ふとこんな疑問を感じます。

    「海外製のワクチンは、いくらで輸入されているのか?」

    そこで、この記事では、日本に輸入されているワクチンの価格についてご紹介していきます。なお、記事の前提として、私は医療の知識は全くないです。単に貿易統計のご紹介をしているのみです。この点をあらかじめご了承ください。

    貿易統計で調べるワクチンの価格

    2021年2月の輸入を皮切りに継続的に新型コロナに対するワクチンが輸入されています。この記事は、日本に輸入されるワクチンの価格をご紹介していきます。

    以下は、財務省(税関の上級行政庁)が発表する貿易統計です。数字の出どころは確かな物であり、データー自体に間違いはないです。

    人用のワクチンのHSコードは「3002.20」であるため、今回は、この数字を基にして、貿易統計の情報を確認しています。(3002.20は、人のワクチンでまとめられているため、データーの全てが新型コロナ用のワクチンとは言えません。その辺りをご承知ください。

    この記事を書いている2021年5月28日現在、貿易統計のデータは、2021年1月~3月までの分しか発表されていません。(下の表は、3月分までのデーターを反映しています。)

    輸入国輸入量(KG)金額(千円)単価(KG)
    フランス294532430680¥82,527
    アメリカ合衆国1015411034493¥1,086,714
    アイルランド35907244051¥2,017,842
    ベルギー81512746567¥15,639,960
    キューバ17291¥17,118
    英国116931¥630,091
    タイ0378
    インド012856
    スウェーデン03756
    ドイツ030841
    イタリア01947
    カナダ0320

    ただの「独り言」

    記事の冒頭でも述べた通り、私は医療関係者ではないため、上記の価格が適切なのか?を判断することは難しいです。他のニュース記事等では、日本は、世界からワクチンをぼったくり価格で輸入していると指摘する声があります。それは、上記の表を基にするといかがでしょうか?

    単価は、1KG辺りです。接種一回辺りにどれだけの量を使うのかはわかりませんが、ベルギー産の1KGあたり1500万円の単価、アメリカ産の100万円、アイルランド産の200万は普通ですか? この辺りの論評はさけた上で、関心が高い話題だと考えて紹介をさせていただきました。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    貿易コラム
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました