【輸入】バイマ(BUYMA)とは、何か?

この記事は約5分で読めます。

海外の旅行先で見つけたきれいな服や靴を手軽に販売ができたらうれしいですね。もし、旅先で販売ができるのであれば、海外にいながら滞在費を稼ぐこともできます。しかし、自前のネットショップを作るのは大変ですし、そこまで本格的なことはしたくない方も多いはずです。そんな方に便利なサイトが「バイマ」です。このサイトは、海外にいるバイヤーと、海外のブランド品を欲しがる日本人とをつなげるサービス(プラットフォーム)を提供しています。

海外にいるバイヤーと聞くと何だか難しいイメージがあります。しかし、海外旅行へ行ったときに「気軽に出品」するだけでも、海外バイヤーの仲間入りです。もう少し本格的に販売したいのであれば、現地に住んでいる日本人と連携してビジネスを大きくしていくこともできます。「輸入ビジネスを始めてみたい、でもあまりリスクを取りたくない」という方には、このバイマをお勧めします。

そこで、この記事では、海外アパレルや、ブランド品を販売できる「バイマ」について、概要、魅力的なポイントなどをご紹介していきます。

バイマとは?

日本国内で海外のブランド品を購入する場合は「偽物でないか?」を気にする方が多いです。そのため、本物を求める人であれば、日本国の正規代理店で購入するのが一般できます。一方、なるべく安くブランド品を購入したい場合は、フィットハウスやドン・キホーテなどで「並行輸入品」を購入する方が多いです。バイマは、このどちらの方法でもありません。

バイマは、海外の販売者と日本の購入者を自社のサービスで直接つないでいます。これにより同じブランド品を購入するときであっても、他の流通よりも安い価格で商品を購入できます。それがバイマの利用者が急増している一因になっています。つまり、既存の流通を壊して、あたらし販売網を作ったことにより、事業が成長しているのです。

例えば、海外のブランド品が日本の一般消費者に届くには、少なくても以下の業者を経由します。実際には、これに加えて、輸出や輸入をするための専門業者が間に入るため、どうしても海外と日本との価格に「開き」ができてしまいます。【一般的な商流:海外の業者→日本の輸入業者→小売業者→一般消費者】

バイマは、この間を仲介する業者をインターネットの力で追い出してしまい「海外にいるバイヤーと日本の一般消費者をつなげる新しい仕組み」を作ったのです。では、このバイマの仕組みとは、どのようなものなのでしょうか?

バイマが提供しているサービス

バイマは、海外にいるバイヤーと、日本の消費者をつなげるサービスを提供しています。具体的には、アパレルやブランド品を販売したい人は「パーソナルショッパー」としてバイマに登録します。この登録や出品には、手数料はかかりません。その代わり、物が売れたときには、売買金額の「5%あまり」を手数料として引かれる仕組みになっています。物が売れるまでは「無料」で販売ができるため、とても使い勝手が良いです。

一方、物を購入する側を確認してみましょう。商品を購入する側で気になるのは「商品がしっかりと届くのか」「偽物を買わされないか」ということですね、この点は、バイマのサポートシステムや補償制度が存在するため、完全に個人間で売買をするよりかは、格段に安全性が高い仕組みになっています。

例えば、バイマが提供するサービスの一つとして「あんしん補償制度」があります。商品を購入するときに、このサービスに加入しておけば、輸送中の事故や盗難品、偽物などの被害から、購入者を救済してくれます。また、海外にいるバイヤーとの決済は「バイマ」を通して行われるため「金を支払ったのに荷物が届かない」という不安もありません。

バイマが商品を販売しているのか?

バイマの利用を検討している人は「バイマは安全なのか?」「バイマは偽物を販売していないか?」と疑問を感じやすいです。実は、これには2つの大きな誤解があります。

まず「商品を販売しているのはバイマではない」ことです。バイマは、楽天市場と同じように「売買をする場」を提供している会社です。このバイマの中で、海外にいるバイヤーと日本の消費者が自由に売買を行っているということです。もちろん、バイマが提供している「場」の中で取引をするわけですから、あくまでバイマが決めているルールに沿って取引をすすめる必要があります。

2つめの間違いは「バイマは偽物を販売していないか」ということです。商品を販売しているのは、バイヤーとして登録をしている「パーソナルショッパー」の皆さんです。この方たちは、バイマのルールに沿って販売活動をしています。

多くの方は、しっかりとルール通りに行いますが、中には「偽物を販売する人」がいるのも事実です。これは、バイマというサービスの形上、仕方がないことです。つまり、この偽物を買わされるかどうかは、バイマではなく、バイマに登録しているパーソナルショッパー次第ということです。

ここまでは、バイマを「購入者」として利用する場合の特徴をお伝えしてきました。では、販売者としてのバイマの魅力はどこにあるのでしょうか。

バイマの魅力は、無在庫販売にあり!

インターネット上で商品を販売するときは、ヤフオク、アマゾン、メルカリなどがあります。これらを利用すれば「あえてバイマを利用する必要がないのでは?」と感じるかもしれません。しかし、バイマは、これらのサービスとは、全く異なる仕組みを取り入れています。それが「無在庫販売」です。

無在庫販売は、自分が在庫を抱えないまま販売することを言います。一般的に、物販ビジネスをするときは、ある一定の在庫を抱えて行うため、商品が売れないときは、この在庫分がそのままリスクになります。しかし、バイマの場合は、自分が販売している商品が注文されてから、仕入れを行う仕組みをとっているため、在庫リスクはゼロになります。これを表したのが下の図です。

1.一般的な在庫販売の場合

一般的な販売方法であると、売れるか、売れないかわからない商品を仕入れてから、購入者へ販売します。この方法であると、予定通りに販売できれば問題がありませんが、何かの理由で販売ができない場合は、そのまま在庫として残ることになります。

Hunade

2.無在庫販売

一方、無在庫販売の場合は、インターネット上で、在庫を抱えないまま商品画像だけを掲載しておきます。これを購入者が注文して決済します。販売者は、この注文を受け後、仕入れ先の店舗から仕入れを行うため、一切、在庫リスクを抱えることはありません。バイマは、この無在庫販売の仕組みと、実際に決済されるまで手数料がかからないという特徴によって、爆発的にその規模を拡大しているのです。これがバイマで無在庫販売を実現する大きなポイントになります。

Hunade

まとめ

海外のアパレルやブランド品を販売できる「バイマ」は、輸入初心者や在庫を抱えたくない人に便利なサービスです。何か輸入ビジネスを始めたい、でもできるだけリスクを小さくしたいという方は、ぜひ、挑戦をしてください。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました