輸出ビジネスで関係する書類と機関

この記事は約4分で読めます。

輸出ビジネスでは、色々な所と書類をやり取りします。たくさんの関係機関があるため、最初はなかなか混乱することも多いはずです。そこで、この記事では、輸出ビジネスで関係する機関と書類をご紹介していきます。

輸出で関係する機関と書類

輸出ビジネスは、税関や通関業者などに始まり、船会社、銀行、保険会社と様々な機関と関係します。これらの機関と無事にやり取りができると、輸出が完了します。下の図をご覧ください。こちらは、輸出ビジネスで関係する機関と書類の一覧です。詳しい説明は「貿易ビジネスに関係する書類と機関のまとめ」でもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

輸出 関係機関 HUNADE

輸出ビジネスの関係先・提出書類・役割

上記の図で掲載されている書類と機関を説明していきます。まずは、図の左側にある銀行からスタートしていきます。

銀行の役割

輸出者と銀行は「L/C決済(信用取引)」における貿易書類の買取で深く関係してきます。L/C決済は、輸入者との決済で間に銀行を入れることで、取引の安全性を高める方法です。L/Cの仕組みの中では、輸出者は銀行に対して、貿易書類を提出することで代金の回収ができます。また、輸出する先の相手の信用情報を調べてほしいときも便利な存在です。

関連記事:L/C決済とは? その輸出、本当に大丈夫?

商工会議所と日本商工会議の役割

商工会議所と日本商工会議所は、日本の貨物であることを証明するための「原産地証明書(げんさんちしょうめいしょ)」を発行しています。

  • 商工会議所は「原産地証明書」を発行。
  • 日本商工会議所は「特定原産地証明書」を発行

特定原産地証明書は、EPA(関税ゼロ貿易)を行うときに必要になる特別な原産地証明書です。発行は、各市町村にある商工会議所ではなく、日本商工会議所が一元的に行っています。

保険会社(貿易保険も含む)

貿易取引では、取引代金の決済ができないリスク、貨物が損失(沈没)や劣化するリスクを小さくするために保険に入ることが一般的です。決済に関する補償の部分は、NEXI日本貿易保険がカバーしています。一方、貨物の損傷などは、海上保険がカバーします。どちらの場合も、輸出者は、船積み手配と一緒に保険をかけます。

通関業者の役割

輸出者が外国へ貨物を輸出するときは、税関へ「〇〇を輸出します」と申告します。これが「輸出申告」です。この申告は、輸出者さんが自ら行うこともできますが、手続きが複雑であるため、通関業者と呼ばれる専門の業者へ依頼することが多いです。通関業者へ依頼をするときは、シッピングインストラクションインボイスパッキングリストなどを送付します。通関業者は、これらの書類を基にして、輸出申告書やB/L Instructions(旧:ドックレシート)(コンテナヤード(船会社)に提出する書類)を作成します。

税関の役割

税関は、輸出申告された貨物の輸出許可、不許可を判断しています。通関業者は、輸出者から受け取った書類を基にして輸出申告書を作成します。申告の用意ができたら税関に対して輸出申告をして許可を受け取ります。輸出許可になると、税関から輸入者に対して「輸出許可書」が発行されます。

コンテナヤードの役割

コンテナヤードは、港などでコンテナを保管するためのスペースです。船にコンテナをのせたり、おろしたりする業務をしています。コンテナヤードでは、税関から輸出許可が下りたコンテナを船積みしていきます。通関業者からは、コンテナと合わせて「B/L Instructions(旧:ドックレシート)」と呼ばれる書類を受け取ります。また、船会社には、B/L Instructions(旧:ドックレシート)受領の件などを通知しています。

船会社の役割

船会社は、輸出者に対して「船荷証券(B/L)」を発行します。B/Lが発行されるタイミングは、コンテナヤードから、B/L Instructions(旧:ドックレシート)を受領した旨の連絡を受けたときです。無事にB/Lが発行されると、輸出するための準備が整ったことになります。L/C決済の場合は、このタイミングで貿易書類を銀行へ持ち込んで買取してもらいます。

輸入者

輸出者は、無事に船積みが完了したら「シッピングアドバイス」と呼ばれる書類を表題にして、貿易書類一式をFAXなどで送付します。この貿易書類には、インボイス、パッキングリスト、B/L、原産地証明書などの書類があります。輸入者は、これらの書類のFAXを受け取ると、輸入者側の通関業者へ転送して輸入申告のための用意にとりかかります。

まとめ

輸出ビジネスに関係する機関と書類をご紹介してきました。それぞれの機関の関係と役割を覚えるようにしましょう。また、どんな機関がどのような書類を作成して提出しているのかも重要です。「申告をする。それに許可を与える。書類を提出する。それを受領する」など、機関ごとに細かく役割が決まっています。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました