【海上速達便】中国からの輸送/輸入 3日到着の最速フェリー

海上速達便の誕生!

海上速達便

 

 

「いきなり見積もり依頼を出すのは不安」

「現時点で具体的な輸送計画はない」

「社内検討用に資料が欲しい」

上記の方は、まずは「海上速達便」の資料をご請求ください。約11ページのPDFファイルの中で、次の項目をわかりやすくまとめています。

  • 海上速達便の特徴
  • 料金の計算例
  • 主要港、重量別の料金表(一例)
  • 中国各地の港からの具体的な配船スケージュール、リードタイム表
  • 中国の荷受け倉庫の一覧
  • 海上速達便の輸入諸税や納税方法の説明
  • 輸入できない商品の一例

書類形式は、PDFファイル形式のため、貴社内の共有もスムーズです。ぜひ、海上速達便の資料をお取り寄せください。もちろん、個人事業主様、法人様とは問わないです。海上速達便を使い、貴社の貿易ビジネスを拡大されませんか?

*国際物流の同業他社様からのお取り寄せはご遠慮願います。

 

海上速達便とは?

料金が不明確な時代はおわり。複雑な手続きも不要です。あるのは「1KG○○円」の明朗な単価と、最速「3日配送~」等のシンプルな表示のみ。

ありそうでなかった。宅配便のような海上輸送サービスの誕生です。

その名も海上速達便!

海上輸送便とは、エフシースタンダードロジックス株式会社が提供する「KG単価でわかる、中国からの海上輸送サービス」です。中国→日本の海上輸送部分にフェリーを使用し、日本港到着後の国内輸送までを「一貫」して提供します。

これまでの中国海上輸送と言えば、アライバルノーティスに「不明なチャージ」が請求されることが常識。きっと、この部分に強い不満を感じている方も多いでしょう。海上速達便は「○○円/KG」で明確な単価を表示し、料金のわかりやすさを追求しています。

サービスの利用者は、

  1. 中国の出荷元
  2. 日本の配送先(例:東京都○○区○○町1-11など)

の2つの情報だけで、中国港から日本国内(玄関先)までの全ての諸費用が「○○円/kg」のようにわかります。

  • 中国→日本
  • 日本の輸入通関費用
  • 国内配送料(輸入消費税、関税は別)

海上速達便は、これらの費用が全てコミコミ。「○○円/kg」のシンプル料金です!

その他の特徴

  • 航空便よりも低価格。船便よりも速い。
  • 明朗会計。○○円/kgでわかる!
  • 最短、3日着のリードタイム
  • 海上輸送(フェリー)と国内通関及び配送のセット
  • 日本側の輸入通関手配、国内配送手配が不要
  • 運べる物→基本的な一般貨物であれば何でもOK!
  • 運べない物の詳細はこちら!

上海から東京の輸送であれば、1、2、3の3日配送を実現しています。もちろん、航空便の料金よりも安いです。「航空便よりも低価格。船便よりも速い」これが海上速達便の特徴です。

海上輸送速達便

海上速達便は、こんな悩みを解決!

海上速達便は、こんな「あなたのお悩み」を解決します。

  • 複雑な税関手続きが大変!
  • 航空輸送の料金は高い。でも船便だと遅すぎる
  • 不明確な料金請求が悩ましい。

例えば、中国から日本への海上輸送を考えた場合、コンテナ単位、LCL単位、クーリエ等、様々な方法があります。どれを使えばいいのか迷います。ちなみに、中国からの海上輸送日数は、平均で二週間ほどです。(出発港によっても変わる)

これに加えて、日本到着後の輸入通関や国内配送にかかる日数や料金も読みにくいです。ケースによっては、想定よりも配送期間が長かったり、日本側の輸入通関と国内配送料がかかったりすることもあるでしょう。

  • 「一体、何日かかるんだよ」
  • 「一体、いくらかかるんだよ」

これが中国物流の現状です。しかし、海上速達便は違います。これら全ての悩みを解決します。

  • 中国側、日本側の複雑な税関手続き→ 一気通貫で悩み不要
  • 日本側の輸入通関、国内配送→ 手続き不要
  • 不明確な料金請求→ 悩み無用。○○円/KGの明朗会計

利用者にとって、わかりやすい。使いやすいを追求しました。もし、もっと小口、安くしたいと希望されている方は「上海→日本のLCLドア輸送(D2D)」をお使いください。

 

海上速達便の申し込み

特にこんな方に便利です!

「海上速達便の概要は理解した。もう少し具体的な部分を確認したい」

このように考えている方に対して、ここでは、海上速達便が役立つ事例をご紹介します。

  1. リードタイム(配送期間)の短縮に悩んでいる。
  2. アライバルノーティスの料金に悩んでいる。
  3. クーリエ/インテグレーターからの切り替えを検討
  4. 難しい輸入手続きを省きたい。
  5. 船のスケジュール管理に悩んでいる。

1.リードタイムの短縮に悩んでいる。

海上速達便

解決策:海上速達便は、海上輸送部分に「フェリー」を使います。一般のコンテナ船とフェリー船は似て非なる物です。圧倒的に配送スピードと港到着後の荷捌きスピードに違いがあります。海上速達便は、一般のコンテナ船よりもスピードが速く、航空便輸送よりも安いのが特徴です。

2.アライバルノーティスの料金に悩んでいる。

海上速達便

解決策:海上速達便は「P2D」のサービスです。P2Dとは、中国の港から日本の玄関前(車上渡し)までの一貫輸送です。つまり、日本国内の通関に関わる手続き、諸費用、日本国内配送料金がコミコミになっているので、そもそもアライバルノーティスは、意識する必要すらないです。

3.難しい税関手続きに悩まされている。

海上速達便

解決策:海上速達便は、日本側の難しい税関手続き等も全て自動的に行われます。

輸入者様には、次の3点のみご協力をお願いしています。

  • 通関書類(インボイス、パッキング等)の提出
  • 商品情報の質問への回答
  • 納品先の指示

その他は、海上速達便のサービスに含まれています。

■含まれているサービス料
  • 日本税関への輸入申告
  • D/O処理
  • 日本の港から最終納品場所までの配送料金
■含まれていないサービス
  • 税関検査費用、検査立会料の料金は別に発生する可能性があります。(必要な場合のみ)
  • 海上保険費用(必要な場合のみ)

*他、輸入諸税等は、輸入者様の口座からの自動引き落とされます。

4.クーリエ/インテグレーターからの切り替えを検討

海上速達便

解決策:海上速達便は、航空輸送よりも安く。海上輸送よりも速いのが大きな特徴です。クーリエ利用者の方は、輸送の切り替えをするだけで、配送料金を下げられる可能性があります。

基本的に、クーリエは、文書や小包等の輸送を目的として料金設定をしているため、ある一定上の量の輸送からは、コストパフォーマンスが悪くなります。

5.船のスケジュール管理に悩んでいる。

海上輸送速達便

解決策:海上速達便は、毎週土曜日発~火曜日到着。火曜日発~金曜日到着とスケジュールが決まっているのでわかりやすいです。もう様々な配船スケジュールを管理するのは不要です。

例:上海→東京の例

海上速達便

中国側の倉庫荷受け締め切り日本側の納品予定配送期間/リードタイム
上海土 0:003
火 0:003
青島月 7:003
水 7:003
金 19:003
石島月 10:003
水 10:003
金 23:593
大連日 16:004
火 16:004
金 16:004
天津土 16:005
月 16:005
木 16:005
廈門木 17:005
日 16:005
広州水 18:006
土 18:006

 

海上速達便の申し込み

 

料金の計算方法

海上速達便の料金は明朗です。中国から日本への海上輸送費+日本国内料金を「○○円/KG」で提示しています。料金の計算方法は、次の通りです。

  1. 容積重量と実重量を比較して重い方を基準重量とする。
  2. 1の基準重量に「基準レート」をかける。
  3. 標準レートは、海上輸送費用部分と国内部分に分解。
  4. 海上輸送部分は消費税非課税。国内輸送部分は課税

具体例:上海から大阪港650kg圏内の配送/350kg(実重量)

  1. 実重量(350kg)と容積重量(400kgと仮定)を比較
  2. 容積重量の方が重いから、基準の重量は400kg
  3. 料金は、基準重量400kgで計算する。
  4. 上海→大阪650km圏は210円/kg=国際輸送:130円/kg(免税)、国内輸送:80円/kg(課税
  5. 消費税の⾮課税⾦額:130円x400kg(基準重量)=52,000円
  6. 消費税の課税金額:80円×400kg(基準重量)×1.1=35,200円
  7. 合計支払い額:87,200円(52000円+35200円)

海上速達便の基準レート(最も高い単価

    • 上海 ~250円/kg
    • ⻘島・⽯島 ~290円/kg
    • 天津 ~290円/kg
    • 大連 ~300円/kg
    • 広州・東莞・厦門 ~320円/kg

*実際は一回当たりの輸送量に応じてぐんぐんと単価が下がります。

容積重量と実重量の比較方法

    • 実重量=貨物を測りにかけたときに表示される重量
    • 容積重量=貨物の体積を基に算出する「計算上の重量

海上輸送の場合、運ぶ貨物の体積×200と計算します。

例:縦30cm、横30cm、高さ30cmの箱を100個。実重量=3kg/1個を輸送
    • 実重量:3×100=300kg
    • 容積重量:0.3m(必ずmでそろえる)×0.3×0.3×200×100=540kg

よって、上記の貨物は、容積重量の540kgを基準にします。

料金の計算は、こちらのツールで可能です!

利用までの流れ

最後に海上速達便をご利用いただくまでの流れをご紹介します。

  1. お問い合わせ
  2. 料金提案
  3. 新規取引口座開設
  4. 会員登録
  5. 取引開始

まずは、中国物流に関する様々な悩みや課題をお寄せください。専門の担当者が「貴社にとって最適な輸送」をご提示いたします。もう、意味不明な料金に悩む必要はありません。ぜひ、海上輸送最速のドアデリバリーご体験ください。

サービスの対象者

海上速達便をお受けする最小重量は、次の通りです。

  • 上海・広州港→日本 最小50kg~
  • 上海・広州港以外→日本 最小200kg~

上記の物量があれば、個人様、個人事業主様、法人様は問いません。最小重量に満たない場合は、中国国内の宅配便を活用し、日本に輸送する方法もあります。(要相談)

海上速達便

その辺りの詳しい相談は、エフシースタンダードロジックス株式会社が対応させていただきます。中国国内の物流、日中間の物流に熟知する専門家にご相談ください!

今すぐ、海上速達便に申し込む

 

 

 

海上速達便の特徴のおさらい。

●中国輸送のプロが設計する「海上×フェリー輸送」

●コンテナ輸送とは違い、料金と速さのバランスが良い。

●日本の任意の場所までの全ての費用をkg単位で確認

●中国の主要港から日本の玄関先まで配送
上海、青島・石島、天津、大連、広州など
中国工場からの引き取り手配

●最短で上海→日本の玄関先まで3日配送

●EC運営など、小規模事業者様でも利用可能

海上速達便と各サービスの違い。

輸入代行サービスとの違い

  • 輸入代行サービス=買い付け代行+国際輸送を行う。
  • 海上速達便=国際輸送のみ

海上速達便は、中国物流のプロ(AEOを取得する認定通関業者でもある)が設計した国際輸送サービスです。誰でも営業ができる「輸入代行会社様」は、法的立場や社会的責任が違う上、貨物の取り扱い量に圧倒的な差があります。

  • 輸入代行サービス=ごちゃまぜ輸入申告による通関トラブルが多い。
  • 海上速達便=個々の荷主毎に適切な申告をするからトラブルも少ない→貨物の迅速な引き取りが可能

輸入代行サービスは、ごちゃまぜに輸入申告をすることが多いため、税関から荷主様に対して行われる、事後的な税関調査のリスクが高いです。

  • 輸入代行サービス=日本側の自社施設を持っていない=貨物の引き取りやトラブル対応への力が不足しがち。
  • 海上速達便=運営会社は、税関から認定を受けているエフシースタンダードロジックス株式会社です。自社倉庫等を所有しているため、とにかく、貨物の搬入速度、税関申告から貨物の引き取りまでの時間が短い。

一般フェリー輸送との違い。

  • 一般フェリー輸送=基本的に港までの配送で終了。そこから先は、自分で手配が必要。
  • 海上速達便は、ドアデリバリーだから、輸入通関、国内手配等の手続きが不要

海上速達便は、中国側の荷物の引き渡しから、日本側の任意の場所(倉庫等)までの輸送を一貫して提供するサービスです。そのため、煩わしい通関業者の手配も不要です。すべてエフシースタンダードロジックス株式会社に依頼ができます。

よくある疑問・海上速達便で運べない貨物は?

海上速達便で運べる?運べない?の基準は、以下3つです。

  1. 日本の法律で禁止されている物
  2. FCスタンダードロジックス株式会社の輸送サービス上、取り扱わない物
  3. 海上速達便以外で輸送可能な物

1.法律で規制されている物

日本の法律で禁止又は、規制されている物は、輸送できません。具体的な品目は「日本の輸入禁止や規制リスト」をご確認ください。武器関連、誰かの権利を侵害する貨物全般、●俗関連の物品等、その他、所持や使用によって、警察に逮捕される可能性がある物と考えれば良いです。

2.エフシースタンダードロジックス株式会社が取り扱いわない物

次は、貨物1に該当しない物であり、エフシースタンダードロジックス株式会社が取り扱わないと決めている品目です。

  1. 動物類全般
  2. 剥製、象牙、フカヒレ、CITES禁止品(禁止ではなく規制の物は要相談)
  3. 遺体・遺灰
  4. 金銀塊などの貴金属全般
  5. 現金(現法定通貨=古銭等は要相談)
  6. 貴石単体
  7. モデルガン等(レプリカ等問わず一切禁止)
  8. 爆発物など、人に危害を与える可能性がある全品目
  9. 人の権利を侵害する貨物(違法コピー用品)

3.海上速達便以外で取り扱う貨物

次は、貨物1&2に該当しない物で、海上速達便以外で取り扱う品目です。

  1. 長尺もの(規定以上の長さがある物)
  2. 割れ物(輸送中に割れる可能性が高い物)
  3. 大型貨物
  4. 重量貨物
  5. 温度管理が必要な物
  6. 危険品は、海上速達便以外

 

申し込みはこちらです!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました