国際輸送

このカテゴリの記事一覧
  • 海上輸送入門
  • 輸送の比較
  • 海上輸送の見積もりで必要なこと
  • このカテゴリの人気記事
    国際輸送/フォワーダーを勝手にランキング!全50社の特徴
    コンテナ船の航海日数 米国・中国など世界の主要港別に紹介
    海上運賃の内訳とサーチャージ
    このカテゴリの記事一覧
    国際輸送

    欧州/ヨーロッパの主要なコンテナターミナル

    日欧EPAなどの発効により、ヨーロッパとの貿易を始める方も増えたでしょう。ただ、ヨーロッパと聞いても漠然としたイメージしかない方が多いはずです。まして、ヨーロッパの主要なコンテナターミナル(CY)など知るはずもないですね! そこで、こ...
    国際輸送

    【CAx】コンテナの空き状況を調べる方法

    「コンテナが不足していると聞く。でも、実際、どれほど、不足しているのかわからない! できれば、コンテナの空きスペースを客観的な数字で確認したい」と考えている方も多いでしょう。 実は、コンテナのスペース状況(可用性)を確認できるサイトが...
    国際輸送

    SOCコンテナとCOCコンテナのメリットとデメリット

    コロナの影響により、海上輸送費が高騰しています。海外サイト、YOUTUBE、国内他サイトでも、コンテナ不足に関連する話題を取り扱うことが多く、世間の関心の高さを感じます。 「なぜ、コンテナ料金が高騰しているのか?」 これについて...
    国際輸送

    東京港と横浜港の違い 輸出と輸入の使い分けは?

    世界から関東方面に海上輸送するときは、東京揚げなのか? 横浜揚げが良いのか?迷います。東京港と横浜港は、約40km程度。距離だけで判断すれば「どちらでもよい?」と感じますね! そこで、この記事では、東京港と横浜港の違いと特徴についてご...
    国際輸送

    【一気通貫】国際物流の意味 これからのワンストップ!

    ウィキペディアによると、一気通貫とは「麻雀の役の一つ。123・456・789と揃えると成立すること」と記載されています。麻雀経験ゼロの私は、全く意味が分かりません。しかし、実は、国際物流にも「一気通貫」「一気通貫物流」の言葉を使います。 ...
    国際輸送

    【コロナ】コンテナ不足5つの理由とスペースの案内

    コロナの第三波が猛威をふるっている。欧米各国では次々とロックダウン。日本でも自衛隊に援助を要請するなど、事態が悪くなっています。一方、ワクチンや特効薬?が開発されたとの情報もあり、少しずつ、光が見え始めているとも感じます。 さて、コロ...
    国際輸送

    海上輸送のコスト減を達成するための7つのポイント

    海上輸送費のコストは、どのように削減すればいいのでしょうか? この記事では、海上輸送費のコストを削減するための7つのポイントについてご紹介していきます。
    国際輸送

    「貿易」国際輸送の比較 脱EMS/小包配送を実現

    国際輸送といっても航空便、海上輸送、FCL、LCLなど、様々な物があります。初めて貿易ビジネスを始めるときは、その概要を掴むだけでも難しいはずです。そこで、この記事では、国際輸送の比較・使い分けのポイントをご紹介していきます。 なお、...
    国際輸送

    【建値】貿易取引における2つの意味 インコタームズとの違いは?

    貿易取引をするときは「インコタームズ」と呼ばれる貿易条件の型を使い交渉します。 例えば、FOBで取引する。CIFで取引をするなどです。仮にあなたが日本から輸出すなら、海外のバイヤーからは「FOB TOKYO はいくら?」「FOB YO...
    国際輸送

    20フィートと40フィート、お得な方は?

    外国に貨物を輸送する一般的な方法は、20フィートや40フィートのコンテナを使った輸送です。(1フィートは約30cm。÷3をすると、6mや12mのコンテナに該当)荷主は、物量などや料金などを考えて、これらのコンテナの内、より適切な方を選びます...
    トップへ戻る
    \ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
    お問い合わせはこちら!
    タイトルとURLをコピーしました