自由貿易(EPA)

特定原産地証明書

【EPA】輸出活用 関税を削減する全手順

EPAマニュアルを公開!関税を削減できるEPAを輸出で活用するための全手順をまとめています。この記事をご覧になるだけで原産性資料の用意、原産品情報の確認方法、申請及び取得の方法、日本商工会議所とのやり取りなどの一連の知識を身に着けられます。
TPP/日欧/日米協定

【日米貿易協定】貿易ビジネスで活用するための基本知識

日米貿易協定を貿易ビジネスで活用するための基本的な知識をまとめてご紹介しています。協定を使える人、HSコード、関税率を調べる方法、原産地規則の確認方法、日米貿易協定を使うときにするべきことなどをまとめています。日米貿易協定を使い、アメリカ、日本との間の貿易を拡大したい方は必見です。
TPP/日欧/日米協定

【HTS】アメリカの関税を調べる2つの方法

アメリカンの関税率を調べる方法をご紹介しています。アメリカの関税率は、ワールドタリフまたは、HTSの検索サイトを使うと調べられます。この記事では、このHTSの使い方について詳しくご紹介しています。
TPP/日欧/日米協定

アメリカとの貿易に関係する政府機関のまとめ

アメリカとの貿易(日米FTA)をするときに役立つ政府機関の紹介をしています。CBP、FDA、USTR、CPSCなど。
自由貿易(EPA)

RCEPのメリット・デメリットと問題点

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)について詳しくご紹介しています。東アジア地域経済協定は、日本、中国、オーストラリアなどの六か国の他、アセアン10か国との自由貿易協定です。この記事では、加盟するメリット、デメリット、TPPとの違いについてご紹介しています。
自由貿易(EPA)

CC、CTH、CTSHの意味は?関税分類変更基準に関係!

EPA(自由貿易)で原産性を証明するルールの一つに「関税分類変更基準(CTC)」があります。このCTCルールに関係するのがCC、CTH、CTSHの三つです。この記事では、これら関連用語の説明をしています。
TPP/日欧/日米協定

日欧EPA Customs Authorisation Numberとは何か?

日欧EPAを活用するときに作成する宣誓文の中にある「Customs Authorisation Number」についてご紹介しています。
TPP/日欧/日米協定

ゼロから覚える日欧EPA 原産地規則、用語の解説など

知識ゼロから日欧EPAを理解するための情報をまとめています。日欧EPAの概要、具体的な手続き方法、各種制度について説明しています。
TPP/日欧/日米協定

日欧EPAの事前教示制度 BOIとBTI

日欧EPAにおける事前教示制度(BOI、BTI)についてご紹介しています。事前教示制度は、実際に商品を輸入するために商品のHSコードや原産性ルールを調べられる仕組みです。
TPP/日欧/日米協定

日欧EPAの6つのメリット デメリットはあるの?

日欧EPAにおけるメリットとデメリットをご紹介しています。日欧EPAにおける唯一のデメリットは、価格競争が起きることです。一方、メリットは、輸入価格が安くなる。ヨーロッパの高品質な商品を購入しやすくなるなどがあります。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました