自由貿易(EPA)

特定原産地証明書

関税削減・EPA輸出活用する全手順 ゼロから体系的に説明

関税を削減できるEPAを輸出で活用するための全手順をまとめています。この記事をご覧になるだけで原産性資料の用意、原産品情報の確認方法、申請及び取得の方法、日本商工会議所とのやり取りなどの一連の知識を身に着けられます。
TPP/日欧/日米協定

【日米貿易協定】貿易ビジネスで活用するための基本知識

日米貿易協定を貿易ビジネスで活用するための基本的な知識をまとめてご紹介しています。協定を使える人、HSコード、関税率を調べる方法、原産地規則の確認方法、日米貿易協定を使うときにするべきことなどをまとめています。日米貿易協定を使い、アメリカ、日本との間の貿易を拡大したい方は必見です。
TPP/日欧/日米協定

EU周辺だけと特別な税制が設定されている7スポット

「EU周辺にあるけれど、税制上EUの扱いを受けない」所があります。イギリスのガーンジー島などです。これらの国へ荷物を配送するときは、税制上、EU域外の扱いを受けるため「輸出取引、原則非課税の原則」が適用されます。この特別地域の税制上の仕組みをうまく活用して、タックスヘイブンや転送サービス会社などがあります。
TPP/日欧/日米協定

10か月経過 日欧EPAの効果は?意外な国が爆伸び!

2019年2月1日に発効された日欧EPAは、運用開始から約10か月が経過しました。そこで、この記事では、財務省統計局の資料を使い、どの国との貿易が大きく伸びているのかをご紹介していきます。
TPP/日欧/日米協定

【HTS】アメリカの関税を調べる2つの方法

アメリカンの関税率を調べる方法をご紹介しています。アメリカの関税率は、ワールドタリフまたは、HTSの検索サイトを使うと調べられます。この記事では、このHTSの使い方について詳しくご紹介しています。
TPP/日欧/日米協定

「USTR発表」日米貿易協定の合意内容の一例をご紹介!

日米貿易協定の合意内容例をご紹介しています。日本側の関税率は、CPTPPの協定国と連動するように設定される予定です。これは、アメリカの競争相手であるオーストラリア、カナダ、ニュージーランドを強く意識した結果だといえます。この記事では、日本側で撤廃される予定の産品を中心にご紹介しています。
TPP/日欧/日米協定

アメリカとの貿易に関係する政府機関のまとめ

アメリカとの貿易(日米FTA)をするときに役立つ政府機関の紹介をしています。CBP、FDA、USTR、CPSCなど。
TPP/日欧/日米協定

日欧EPAの事後確認(検証)の仕組み

日欧EPAにおける事後確認(検証)の仕組みについてご紹介しています。日欧EPAでは、輸出者による自己証明、輸入者による自己証明、輸出後の確認など3つの事後確認の方法があります。この記事では、それらすべての事後確認の仕組みを図解しています。
自由貿易(EPA)

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)とは?

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)について詳しくご紹介しています。東アジア地域経済協定は、日本、中国、オーストラリアなどの六か国の他、アセアン10か国との自由貿易協定です。この記事では、加盟するメリット、デメリット、TPPとの違いについてご紹介しています。
自由貿易(EPA)

CC、CTH、CTSHの意味は?関税分類変更基準に関係!

EPA(自由貿易)で原産性を証明するルールの一つに「関税分類変更基準(CTC)」があります。このCTCルールに関係するのがCC、CTH、CTSHの三つです。この記事では、これら関連用語の説明をしています。
タイトルとURLをコピーしました