インコタームズ

インコタームズ

インコタームズ・DPU(荷卸込持込渡し)とは?

インコタームズ2020で新設された「DPU(荷卸込持込渡し)」について詳しくご紹介しています。DPUは、売り手が輸入国側の指定の仕向け地までの輸送と荷卸しまでの義務を負っている貿易取引です。しかしながら、この一連の流れにある輸入通関は、買い手が危険負担と費用負担をする義務を負います。
インコタームズ

【2020で廃止】インコタームズ・DAT(ターミナル持ち込み渡)

インコタームズ2020では、DATは廃止。代わりに「DPU」を新設しています。インコタームズの内、DAT(ターミナル持ち込み渡)について説明しています。DATは、売り手が輸入国までの輸送費を負担する+危険負担も負担する貿易条件です。輸入国側の受け渡しポイントをターミナル以外にするときは「DAP」を指定します。
インコタームズ

インコタームズ・DDP(関税込持込渡)とは?

インコタームズにおける「DDP」について詳しくご紹介しています。DDPは、買い手側に最大のメリットがある貿易条件です。売り手は、貿易取引にかかわるほとんどの費用(輸入国側の関税や消費税などを含む)を負担する必要があります。
インコタームズ

インコタームズ・DAP(仕向地持込渡)とは?

インコタームズにおける「DAP」を説明しています。DAPは、売り手が輸入地の指定地までの費用と危険負担をする貿易条件です。この記事では、DAPの関税、保険代金、DDUとの違いについて説明しています。
インコタームズ

インコタームズ・CPT(輸送費込)とは?

インコタームズ(CPT)の概要をご紹介しています。CPTは、危険負担は輸出国側で切り替わる。海上輸送費は、売り手が輸入国側まで負担する仕組みです。この記事では、海上保険、航空の他、CFR、DAP、FCAとの違いについても説明しています。
インコタームズ

FCA(運送人渡し)の意味、費用と危険負担とは?

FCA(運送人渡)の費用と危険負担をご紹介しています。FCAは、どのタイミングで危険と費用の負担が変わるのでしょうか?通関、海上費用、輸出国側の費用について説明しています。
インコタームズ

Ex-GodownとEx-Worksの違いとは?

Ex-GodownとEx-Worksの違いをご紹介しています。Ex-Worksは、売主の工場で貨物を引き渡す取引です。一方、Ex-Godownは、買主が指定する倉庫で貨物を引き渡す取引です。インコタームズ2010には、ex-worksしか定義されていないため、実務上は、godownを使わない方が賢明です。
インコタームズ

インコタームズ/FAS 危険負担と費用負担の切り替えは?

インコタームズの一つである「FAS」は、輸出国に停泊している本船の船側に貨物をつけることで危険負担と費用負担が切り替わります。FASは、一般の貿易取引で使われることはなく、主に在来船を使った取引で行われています。
インコタームズ

インコタームズ・CFR 輸出者が船賃を負担!関税・海上保険

インコタームズ/CFRの意味をご紹介しています。CFRは、貿易条件の一つです。輸出者が輸出国から輸入港までの海上運賃を負担します。ただし、危険負担は、FOBと同様、輸出国側で切り替わっているため注意が必要です。
インコタームズ

インコタームズ「CIP」の意味。危険・費用負担、海上保険は?

インコタームズ「CIP」における危険負担と費用負担、海上保険の意味をご紹介しています。CIPは、仕向け地(相手国)の指定地(コンテナターミナルなど)につけるまでを輸出者の費用負担で行う貿易条件です。この条件における危険負担は、輸出国側における運送人に引き渡すときです。
タイトルとURLをコピーしました