輸入ビジネス

輸入ビジネス

ワシントン条約(CITES)と貿易取引の手引き

貿易初心者向けにワシントン条約の規制に関する知識をご紹介しています。この記事は経済産業省、外務省、税関等で別々に掲載されている情報をわかりやすく統合し、ワシントン条約に関連する品目の貿易取引をする方に役立つように情報をまとめています。主な内容は、リスト規制、リストの見方、違反事例、付属書と学術名の関係及び抑えておくべきポイントです。
輸入ビジネス

【アメリカ】直貿易ガイド 海外通販、輸入取引、日米間輸送

アメリカから直貿易をするために必要になる知識(国際輸送、転送サービス、関税、輸入規制、危険物輸送、フォワーダー等の情報)を網羅的にご紹介しています。また、米国産の米国の古着、ウィッグ、雑貨類、Tシャツ等を品目別に細かくご紹介しています。
輸入ビジネス

【必須】アリババから仕入れる(輸入)前に確認するポイント

アリババから仕入れ(輸入)るときに考えるべきポイントをご紹介しています。中国サイトアリババは、価格的に非常に大きなメリットがあります。しかし、実際に商品を購入するときは、日本側の通関手配及び総費用、荷受け体制の構築などを含めて検討する必要があります。
輸入ビジネス

アライバルノーティスの費用計算ツール ボッタクリも暴露

日本側でかかるアライバルノーティスの費用の概算を計算できるツールです。このツールを利用することで、あらかじめ日本側でかかる費用の算出ができます。また、平均的な価格を知ることで、ご自身がボッタクリ被害にあっているのかがわかります。特に中国路線の闇の部分を中心にご紹介をしています。
輸入ビジネス

【輸入貿易管理令】IQ品目など複雑な仕組みを解説!

輸入貿易管理令を知識ゼロから説明しています。輸入貿易管理令とは、特定の品目つき承認を要する輸入承認(IQ品目)、特定の地域や船積み地からの貨物を規制する二号承認品目などがあります。この記事では、輸入貿易管理令の全体的な仕組み、目的などをご紹介しています。
輸入ビジネス

輸入と古物商の関係 必要なケースは?2020年4/1日改正

輸入や輸出ビジネスと古物商免許の必要性についてご紹介しています。古物商免許は、中古品を売買する時に必要なものです。自分で輸入した物を自ら国内販売する場合は、古物商免許は不要です。他方、日本国内で買い付けた物を輸出する場合は、古物商免許が必要です。この記事では、古物商免許が必要なる条件をケースごとにご紹介しています。なお、2020年4月1日に全面施行される改正案もご紹介しています。
輸入ビジネス

BASEで販売 輸入商品を売るには?ライブ販売の魅力

BASEを使い輸入販売をするための内容をご紹介しています。ベースの登録、アプリの追加と仕組み、外部対策や内部対策の方法、ライブ販売の魅力など、知識ゼロでもBASEショップを構築できるように情報をまとめています。
輸入ビジネス

コロナウィルスと中国輸入ビジネスの現状

新型コロナウィルス蔓延に伴う中国輸入ビジネスと日中の物流に関する影響をご紹介しております。
他法令 食品/薬機/植物

燻蒸(くんじょう)が持つ2つの意味 いくらかかるの?

日本に輸出入する貨物の内、生鮮食品や木材梱包材などは「燻蒸」と呼ばれる方法により、表皮に付着する害虫を駆除する必要があります。これらの物品を取り扱うときは、燻蒸に伴う商品価値の低下、くんじょう処理による費用負担のリスクを含めて検討する必要があります。
輸入ビジネス

評価申告と課税価格 輸入の税金は何にかかるの?

輸入の課税価格は、商品自体の価格と加算するべき費用の合計です。この加算するべき費用の総称を「評価」と言います。評価には、海上運賃の他、保険代金、無償提供した金型、手数料等があります。
通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました