上海から日本に荷物を発送!オールインの格安混載(LCL)D2D

【D2D】上海から日本に荷物を発送するサービス

D2D

上海から荷物を発送する方法

上海から荷物を発送する場合、輸送モードにより、コスト、納期等が変わります。また、方法によって、輸入通関の正確性も変わり、特に事業目的で輸入する場合は、事後調査のリスクの点でも十分に検討する必要があります。

いわゆる買い付け代行、輸入代行等は、日本側でごちゃまぜ&不適切な輸入申告が多いため、法律上のリスクが非常に高いです。

各輸送サービスの特徴・メリットとデメリット

輸送方法メリットデメリット
クーリエ(小口宅配)とにかく早い(速い)料金が高い。基本は、ダンボール程度の輸送に留めるべき。
コンテナ輸送コンテナに積めるほど、送料は安くなる。ある程度の輸送量が必要。速度が遅く。通関手続き等の手配が別に必要。
LCL(コンテナ混載)量が少なくても良い。速度が遅く、通関手続き等の手配が別に必要。
D2DD2Dの運営会社は、日本税関から許可を得ているAEO輸入代行等、誰でも無許可で営業ができる会社とは、信頼性が違う。=輸入者の法律上のリスク管理で重要な部分です。

必要な量に応じた料金設定ができる。

上海から日本の指定地までの着値を提示

面倒な通関等の手配は不要

基本はデメリットなし。強いて言うなら、クーリエ級の速度は期待できない。但し、送料は圧倒的に安い。

  • 上海→日本各地=7日納品~
  • 深圳→上海経由→日本各地=13日納品~

 

D2Dは、海上輸送の初心者向けに設計されているから、とにかく簡単。クーリエで輸送するようなストレスフリーな輸送を提供。一般LCL特有の複雑な手続きも一切不要です!

ところで、国際輸送は、なぜ、ここまで複雑なのでしょうか?

 

国際輸送が複雑になる3つの理由

国際輸送をする上で、複雑な手続きや煩わしい手続きに悩まされることが多いです。国際輸送が複雑になる理由は、以下の3つです。

  1. 不必要に速い輸送方法の選択
  2. 売り手の言いなり輸送
  3. 国際輸送部分をバラバラに依頼

例えば、アリババなどで商品を購入し、売り手の言いなりクーリエ等(小口宅配)で輸送している場合は、おそらく、かなり高い輸送料金を払っているでしょう。

他、LCL(海上×コンテナ混載輸送)で輸送していても、不適切なフォワーダーを使えば、同じく相場以上のお金を支払っています。さらに、各業者の業務範囲も複雑なため、適切な依頼先がわからず、バラバラに依頼することも多いです。これが複雑になる理由です。

国際輸送は、ある意味、相場があってないような物。知らない者が「食われる世界」です。

 

そんな国際物流業界に透明性と利便性をもたらしたのが…..

上海ドアデリバリー混載輸送/LCL(以下、D2Dby エフシースタンダードロジックス株式会社です。

 

個人事業主様、法人様等が利用できる小ロットかつ、低予算で利用ができる国際海上輸送サービス。

 

一般的なLCL輸送の面倒。複雑。高い。などの不便な所を全て取り払い、貿易初心者の方でも利用しやすい海上混載輸送です。 特に、中国仕入れ、アマゾン、楽天等で販売されている個人事業主様、中小零細企業の皆様に便利です!

 

 

 

D2Dがもたらす事業変化

1.アマゾン・楽天販売者様の変化

D2D

少しでも有利な価格を実現したいと考えて、D2Dを導入しました。おかげ様で、クーリエ輸入では実現できない価格で商売ができています!

 

当店は、アマゾン販売、楽天販売を同時にしています。在庫管理は、おなじみのアマゾンFBA+マルチチャネルを使っています。D2Dは、アマゾンFBA納品代行にも対応しているので、助かります。

 

 

2.クーリエを利用されていた方の変化

D2D JIREI

少量なのに送料が高いので困っていました。輸送速度は少しゆっくりでも良かったのですが…ただ、海上輸送をするとしても複雑な手続き等が必要とも聞いており躊躇していました。そんなときに出会ったのがD2Dです。

 

D2Dは、必要書類を提出すれば、あとの全ての手続き(中国と日本の国際輸送、日本側の通関、日本国内配送等)は、業者さんがやってくれます。依頼をしたら、あとは、日本の納品先(自由に指定)で荷物を待つだけです!

3.LCLを利用されていた方の変化

D2D

D2Dは、これまでLCLで悩まされていた人にも画期的なサービスです。まず料金部分ですね。これが日本の指定地までの着値でわかる点が助かります。海上輸送は、アライバルノーティスと呼ばれる書類の中に、意味不明な料金が加算されていることが多かったので……汗

 

D2Dは、依頼段階で、日本に到着するまでの輸送料金が明確な点が良いです。日本側で必要とされる複雑な通関手続き、日本国内配送も料金に含まれている点も良いですね! 現在、一般LCL輸送をしている方も、一度は、D2Dを検討した方が良いと思います。こんなに楽で明確な国際輸送は、初めてです!

 

d2d

  1. ライバルとの価格競争力をつけられる。
  2. 一気に手配完了! 他の業務に集中できる!
  3. 日本に到着する日が把握しやすいから、取引先にも喜ばれる。
  4. 輸入後のアライバルノーティスの価格にドキドキさせられなくなる。

1.ライバルとの価格競争力をつけられる。

アマゾンや楽天等で販売していると、ライバルの動向が気になります。「なぜ、あのライバルは、あの価格を実現できるんだ?」と疑問に感じることもあるでしょう。

D2Dは、上海と日本のコンテナ輸送です。サービスを海上輸送×LCL(混載)を基準に設計しているため、他の配送手段では実現できない価格をご提示できます。

2.一気に手配完了!他の業務に集中

競合調査、お客様対応、出荷処理、クレーム処理など日々の業務が忙しい。この業務に加えて、難しい国際輸送業務は大変です。できれば、簡単で、シンプルなサービスを取り入れたいですね!

D2Dは、上海側の手配から、日本国内の指定地(倉庫等も含む)までの一連の手続きを「一気」にできます。(一気通貫)もう複雑な手続きや煩わしい連絡は、不要です。空いた時間は、ビジネスのさらなる拡大にあててください。

3.荷物が到着する日が分かりやすい!

日本は、個人、法人ともに納期が非常に厳しいことで有名です。アマゾンセラーであるなら、在庫を切らすことで、アマゾンからの評価も下がます。ネットショップ以外でも、納品先からの厳しい納期設定にストレスを感じている方も多いでしょう。

それに加えて、海上輸送のLCLは、日本に到着する日も不明なことが多いです。納期ストレスが倍増します。D2Dを使えば、そのようなストレスからも解消されます。

D2Dは、週七便あります。また、複雑な通関の手続きや、国内配送なども不要。クーリエのように一気に輸送されるため、配送日数を大幅に削減できます。

*通常のLCLとD2Dは全く別物です。

4.輸送価格が明確!

輸入貨物を受け取るときの七不思議のひとつが「アライバル費用」ですね! 毎回の輸入時に、「今回はいくらになるんだ?」と、ドキドキさせられることも多いです。よく考えると、後からいくらでも請求できるサービスって不思議です!

D2Dは、このような意味不明な「後から請求」をバッサリやめました。D2Dは、あなたが依頼をする前に「日本側の着値」を提示します。この他の費用は、関税、消費税、税関検査代金のみです。輸入原価の計算は、とても簡単です!

d2d 申し込み

D2D 6つの特徴を紹介!

D2Dは、通常のLCL輸送(海上混載輸送)を改良し、日本の指定地までの配送を一気に行うサービスです。貿易初心者の方が感じる「難しい・煩わしい作業」をすべて取り除いています!

  1. LCL輸送×ドアデリバリー
  2. 上海から日本までの一気通貫
  3. 複雑な通関手続きは不要
  4. 納期管理がしやすい
  5. 個人様、個人事業主様、法人様OK
  6. 週七便を運航

 

D2Dのメリット HUNADE

その他の特徴

  • 上海から日本の指定地(倉庫等)を一気に手配
  • 輸入の素人でも安心。専任の担当者がサポート
  • 日本の着値がわかるから、輸入原価にブレがない。
  • 輸送する量に応じたジャストフィットな価格!
  • 無駄な費用、不透明な費用ともサヨナラ!
  • 国際輸送、通関等、国内手配等も含めたオールイン
  • 輸送にかける時間を他の業務に使える。

d2d

D2Dと他の配送手段との比較

しかし、そうはいっても次のように感じる方もいらっしゃるでしょう。

D2Dが優れていることはわかった。他の配送サービスと比べたらどう??

この疑問にお答えするために、下の図を用意しました。表の縦軸が貨物量、横軸がコストを示します。グラフの右の上方にあるほど、価格が安く、たくさんの荷物を運べます。D2Dは、航空輸送よりもコストを低くし、コンテナ船よりもリードタイムを短くしています。

D2D

 

d2d 申し込み

D2Dと他社サービスとの違い。

では、実際にD2Dがどれほど安いかを他社様のサービスと比較してご紹介いたします。

例えば…..

d2d 上海 日本 荷物

と記載されています。少しでも早く荷物が欲しい方には便利なサービスですね!

d2d 上海 日本 荷物

 

上記と比べると、D2Dの方がリードタイムは長いです!当然、リードタイムは、短い方が良いですね! ただ、実際は、そこまでの速度を求めていない。「むしろ、少し遅くても良いから、送料を安く抑えたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

D2Dは、そんな方々のために、貨物の輸送速度をゆっくりにし、安さを追求しています。

D2Dの輸送料金例

d2d

D2D 料金表

D2Dと比較した場合は…..特徴
クーリエとの比較は?
  • D2Dの方が安くたくさんの荷物を運べる。
  • 一方、クーリエの方が到着時間が短い。
LCLとの比較は?
  • D2Dは、中国から一気に手配完了。難しい手続きも不要
  • D2Dの料金は、日本側の着値でわかる。
  • LCLは、手続きが複雑で料金体系も不明瞭
輸入代行との比較は?
  • D2Dは物流のプロが設計した格安配送サービス
  • 輸入代行は、物流が専業でない会社が提供する付帯サービス(自社サービスは稀)
  • 輸入代行は、現地での代行買い付け等を提供している。
海上速達便との比較は?
  • D2Dも海上速達便もどちらも物流のプロが提供
  • 違いは、配送日数。海上速達便の方が速い。

D2Dのリードタイム一覧

「少しゆっくり輸送」といっても、一般のLCL輸送やコンテナ輸送よりかは、圧倒的に早いです。理由は、サービス提供元が海上輸送特有の難しい諸手続き(輸入通関・国内配送等)を全て含めて提供しているからです。

例えば….

D2D

 

上海以外に貨物がある場合は、中国国内宅配で上海に発送。その後、D2Dで輸送します。日本側の納品先も全国対応です。一部の島嶼部を除き、どこでも配送が可能です!

 

D2D

上海→東京深圳引取日上海通関締切上海荷受締切日本港到着(ETA)最短納品日間リードタイム
土 14:00火 16:00水 12:0013日間
火 14:00金 16:00土 08:0016日間
火 16:00水 12:007日間
金 16:00土 08:008日間
上海→大阪土 14:00火 16:00水 12:0013日間
火 14:00金 16:00土 08:0016日間
火 16:00水 12:007日間
金 16:00土 08:008日間
上海→名古屋土 14:00火 16:00水 12:0013日間
火 14:00金 16:00土 08:0016日間
火 16:00水 12:007日間
金 16:00土 08:009日間
社杯→福岡火 14:00金 16:00土 08:0016日間
金 16:00土 08:008日間


d2d 申し込み

よくある疑問

D2Dサービスの提供会社は?

D2Dは、エフシースタンダードロジックス株式会社が提供しています。同社は、日中の輸送航路を軸として、台湾、韓国、東南アジア一帯の物流サービスを提供します。(年間10万本のコンテナ取扱)

弊社、HUNADEは、エフシースタンダードロジックス様のミッションに共感し、海上速達便やD2Dを広めるためのお手伝いをしております。

会社名エフシースタンダードロジックス株式会社
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2丁目4番11号 クラボウ・アネックス ビル14階
事業目的1.一般貨物自動車運送事業
2.貨物軽自動車運送事業
3.貨物運送取扱事業など9事業他
*認定通関業者
創業・設立創業 2000年5月1日
設立 2006年3月6日
資本金50,000,000円(平成23年8月30日現在)
加盟団体IATA、SLN 、GLA、UCN、JIFFA

Q.上海以外からも送れますか?また、日本国内で送れない所はありますか?

D2Dは、上海→日本各地です。その他の中国の港は対応しておりません。ただし、中国国内の宅配便を使い、一旦、上海に発送。上海から日本全国各地に輸送することも可能です。申し込みフォームに、その旨をお書きの上、送信をお願いします。


d2d

Q.関税、消費税は料金に含まれている?

含まれておりません。関税や消費税は、利用者様のリアルタイム口座からお引き落としの形をとっています。

Q.送れない貨物を教えてください。

食品を含めて、中国製品の一般的な物であれば、何でも送れます。但し、法律や条約で輸出入が禁止又は規制されている物。幼児用製品、植物、動物類、アルコール類、医薬品については、お取り扱いができないです。何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q.集荷サービスはありますか?

はい、ございます。詳しくは、エフシースタンダードロジックス株式会社又は、下のフォームからお問い合わせをお願いします。

D2Dに申し込む!(相談する)

あなたのビジネスの成功を心より願っています!

2021年7月28日
HUNADE×エフシースタンダードロジックス株式会社

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました