日ベトナムEPA貿易(輸入編) 日本側の関税が下がるタイミング

この記事は約9分で読めます。

日ベトナムEPA(関税などを安くする経済協定)により、ベトナムからの商品は原則無税または低率で輸入ができます。これは、日本側とベトナム側双方によって「関税の引き下げに関する約束」を行っているためです。実は、この関税の引き下げは、協定発効からの「経過年数」と「品目」によって細かく決まっています。

例えば、ベトナム産の生鮮のリンゴであれば、協定発効から10年、つまり2019年の4月1日より関税が無税となります。緑茶であれば、協定から15年である2024年の4月1日より、同じように関税がなくなる予定になっています。このように、どんな商品が、どのタイミングで関税が下がるのかは「日ベトナムEPAの譲許表(じょうきょひょう)」によって掲載されています。

このようにEPAを活用した貿易は、譲許表の読み込みがかかせません。

ベトナム商品の関税撤廃予定

先ほども申し上げた通り、関税の削減予定は「譲許表」によって確認ができます。しかし、実は譲許表にも「日本側の譲許表」と「ベトナム側の表拠標」の二種類があります。これらは、あなたが輸出をするのか、それとも輸入をするのかによって使い分けることになります。

例えば、ベトナムから輸入した商品を日本に輸入する場合であれば「日本側の譲許表」を確認します。一方、日本の商品をベトナムへ輸出するのであれば「ベトナム側の譲許表」を確認しなければなりません。必ず「商品を持っていく先」の政府が発表している譲許表を確認してください。

これからの貿易ビジネスでは、必ずこの譲許表による関税の調査が必須になります。この記事では、ベトナムの商品を日本へ輸入するときに役立つ「日本側の譲許表」から、特に関税の下がり方が大きい物をご紹介します。

日本側の関税撤廃リスト

日ベトナムEPAの経過年数は、2016年現在で8年目にあたります。この経過年数は、日ベトナムEPAの発効年数を基準としています。EPAごとに異なりますので、意外に経過年数の把握に苦労します。そこで、この経過年数を簡単に知るために「EPA締約国の年数早見表。「今、発効後何年目?」」の記事を用意しています。ぜひ、ご覧ください。

話を戻します。2016年現在、日ベトナムEPAは、すでにいくつかの品目について関税を撤廃しています。経過年数が8年目になるため、当然といえば当然です。そのため、次に大きく関税が撤廃されるタイミングは「2019年」と「2024年」の二回になります。この記事では、これら二度のタイミングで、どのような品目の関税が撤廃されるのかまとめています。

特に表中の赤色部分については、高額な関税率が適用されていた物になります。

下のリストをご覧になる前の注意点

■すべてを網羅しているわけではありません。

下の表で掲載されている品目は、関税撤廃品目の全てではありません。当サイト(HUNADE)が取り上げたい物を掲載しているだけです。そのため、この表だけではなく、必ず合わせて譲許表を確認するようにしてください。

■品目から類推するようにしましょう

ここで取り上げている品目は、単なる一例です。掲載されている商品の関連品であれば「関税が撤廃される」可能性が高いことになります。表からピッタリな品目を見つけるのではなく、譲許表を確認するための「アタリをつける目的」で活用します。

■何を輸入するのかを具体的に決めることが大切。同じ品目であっても別に分類される可能性あり

パイナップルがあるとします。パイナップルをそのまま輸入するのか、カットしてくるのか、砂糖をいれるのか、密封容器にいれるのかなどによって、それぞれ分類されている所が違います。

例えば、「0301.93・鯉→関税率○○%」のように数字と項目、それに関税率が相互に関連しています。この数字は、行っている加工方法、添加している物によって異なります。つまり、同じ品目であっても「所属する番号が違う=関税の扱いが異なる」ことになります。

このような理由から、何を輸入するのかを「具体的に決めること」が大切になります。この数字と項目についてさらに詳しく知りたい方は、初めての貿易取引で必要なHSコードと関税(関税率表)の仕組みをご覧ください。

上記の三つの注意点を頭に入れながら、下記の品目リストをご覧ください。

2019年4月1日以降に撤廃される物

まずはベトナムの関税撤廃である「B10」に指定されている商品です。B10とは、協定発効から11年目に関税が撤廃される物になります。一見、数字から判断すると10年のような気がします。しかし、11年目が正しい年数になりなります。

下の表を確認すると、多くの生鮮品分野の関税が撤廃されることがわかります。あわびなどの水産物の解禁なども見逃すことはできません。また、41類や42類の革関連製品の関税も一部を除いて撤廃されます。

0207.32 あひるのもの 0809.40 プラム
0210.92 海牛目のもの 0810.10 ストロベリー
0301.93 こい 0810.40 キウイフルーツ
0301.91 ます 0811.10 ストロベリー(砂糖を加えたもの)
0302.21 ハリバット 0811.90 サワーチェリー
0302.22 プレイス 0812.90 グレープフルーツ(保存に適する処理)
0302.23 ソール 0903.00 マテ
0302.61 いわし 1102.10 ライ麦粉
0302.62 ハドック 1103.20 ペレット(小麦・米・とうもろこし・オートなど)
0302.63 コールフィッシュ 1104.23 コーンフレークの製造に使用するもの
0302.64 さば 1302.19 飲料用の植物エキス
0302.66 うなぎ 1302.19 除虫液のエキス
0302.69 ふぐ 1401.90 いぐさ
0303.31 スス 1604.30 キャビア
0303.72 ハドック 1702.90 ソルボース
0306.22 ロブスター(冷凍など) 1803.10 ココアペースト
0307.10 かき 1805.00 ココア粉
0307.39 い貝 1903.00 タピオカ
0307.60 かたつむり 2001.10 きゅりおよびガーキン(酢漬け)
0307.99 あわび 2001.90 スイートコーン(酢漬け)
0307.99 はまぐり 2003.10 フレンチマッシュルーム
0702.00 トマト(生鮮) 2004.10 ばれいしょ加工(マッシュポテト)
0703.20 にんにく 2004.10 たけのこ加工
0709.40 なす 2004.10 ヤングコーンコブ加工
0709.60 ピーマン 2005.40 えんどう(さやつきのもの気密容器入り)
0710.21 えんどう 2005.99 食材を気密容器に入れたりする物が含まれる。
0710.22 いんげんまめ 1008.11 落花生(ピーナッツバター)
0710.40 スイートコーン 2009.19 ぎんなん
0710.80 ごぼう 2008.40 なし(保存処理済・砂糖添加・気密入り・パルプ状)
0711.40 きゅうり・がーきん 2008.40 なし(保存処理済・パルプ状・気密入り)
0712.31 きのこ 2008.40 なし(保存処理済・パルプ状・気密入りしていない)
0714.10 カッサバ芋(飼料用以外) 2008.50 あんず(保存処理済・砂糖添加)
0714.90 さといも 2008.60 さくらんぼ(保存処理済・砂糖添加)
0802.31 くるみ 2008.60 さくらんぼ(保存処理済・砂糖なし・パルプ状)
0805.40 グレープフルーツ 2008.80 ストロベリー(砂糖を加えたもの)
0806.10 ぶどう 2009.31 ライムジュース
0807.19 メロン 2009.80 プルーンジュース
0808.10 りんご 2103.30 マスタードの粉
0808-20 なし 2106.90 おたねにんじん又はそのエキスを含有する飲料のもと
0809.10 あんず 2309.10 犬用の飼料
0809.20 さくらんぼ 4101.20・50 原皮(クロムなめし以外)
0809.30 4104.11 湿潤状態 フルグレーン(クロムなめし以外)
42類全般 革製品全般

2024年4月1日以降に撤廃される物

次に協定発効後15年である2024年です。この頃になると、フルーツの加工品が解禁されます。さくらんぼやオレンジの加工品(ジュースなどを含む)、ばれいしょの粉など高額な関税が一気に撤廃されます。

0408.11 卵黄
0703.10 たまねぎ
0712.20 たまねぎ(乾燥)
0714.20 かんしょ
0802.40 くり
0805.10 オレンジ
0805.20 マンダリンなど
0812.10 さくらんぼ(保存に適する処理)
0812.90 オレンジ(保存に適する処理)
0901.21 コーヒー
0902.10 緑茶
1105 鈴薯のこな、ミール。フレークなど
1901.10 育児用の調整品(一部)
1905.20 ジンジャーブレッド
2001.90 ヤングコーンコブ
2002.10 トマト(保存加工)
2004.10 アスパラガス加工
2005.60 アスパラガス(気密容器入り)
2008.19 ナッツ系の物で16.8%から無税になる物がある。(保存処理をしたもの)
2008.30 かんきつ類の果実(パルプ状のもの:保存処理をしたもの)
2008.40 なし(保存処理済・砂糖添加・気密入りしていない・パルプ状)
2008.40 なし(保存処理済・気密入りしていない)
2008.70 桃(処理済・パルプ状、砂糖添加によって10年撤廃品目もあり)
2008.91 ミックスフルーツ(パルプ状。砂糖を加えてたもの)
2009.11 オレンジジュース
2009.21 グレープフルーツジュース
2009.61 ぶどうジュース
2009.71 りんごジュース
2204.30 生鮮のぶどうから製造したお酒
2206.00 ぶどう以外の発酒(りんご、なしなど、アルコール1%未満のもの)

まとめ

日ベトナムEPAにおける日本側の譲許表を説明しました。ベトナムの商品を仕入れて日本に輸入する場合は、2019年のタイミングで関税が下がる物を検討するようにします。特に表中の赤字で書かれた品目については、関税の引き下げ額が大きい物になります。関税的に有利になるこれらの品目を細かく検証していき、日本のマーケットにピッタリな商品を輸入しましょう。

基幹記事:東南アジアのトビラ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました