フレイトプリペイドとコレクトの意味と違いとは!?

フレイトコレクト国際輸送
この記事は約8分で読めます。

本船が到着することをお知らせするのが「アライバルノーティス」です。この書類には、輸送費に関わるすべての諸チャージが書かれています。あなたが税関へ輸入申告するときは、このアライバルノーティスも合わせて提出します。

アライバルノーティスを見ると、項目の中にオーシャンフレイト、コレクトやプリペイドという表示があります。一体、このフレイト、コレクトやプリペイドとは、どのような意味なのでしょうか?

そこでこの記事では、フレイトコレクトとプリペイドの意味と、どちらを選択するべきかについてを説明していきます。

この記事の要点
  • フレイトコレクト=後払い。
  • フレイトプリペイド=先払い。
  • フレイトプリペイドが一般的
  • フレイトコレクトは、輸入者の意思確認が必要

フレイトコレクトとプリペイドが持つ意味

フレイトプリペイド又は、コレクトとは、海上輸送代金を「前払いするのか?」それとも「後払いするのか?」を示しています。

  1. フレイトプリペイド→ 運賃を先払いする。(輸出国側での支払い)
  2. フレイトコレクト→ 運賃を後払いする。(輸入国側での支払い)

フレイトプリペイドは、海上運送が行われる前に「先払い」で代金を支払うこと。他方、コレクトは、運送前は代金を支払わず、輸送が完了した時点で料金を支払うことです。それぞれの代金を支払うタイミングは、次の通りです。

  • フレイトプリペイド(前払い)→運送契約締結時
  • フレイトコレクト(後払い)→運送行為の完了時、揚げ地で貨物と引き換えに支払う。

フレイトコレクトは、輸入者の意思確認が取れないと受け付けない!

一般的には、国際輸送では、フレイトプリペイドで代金を支払うことが多いです。他方、コレクトは、輸入地側の輸送代金が未回収になるリスクから、船社が嫌がる可能性が高いです。仮に受ける場合であっても必ず輸入者が支払う確約を取ってから依頼を受けることが多いです。

ただし、韓国向けの輸送では、フレイトコレクトが一般的になっている場合もあります。

プリペイドとコレクトとインコタームズの関係

船の代金を先払いするのか? それとも後払いするのか? これは、貿易条件である「インコタームズ」と密接な関係があります。

例えば、FOBであれば、輸出者は、輸出港における本船に乗せるまでのお金を支払います。本船に乗せた後、外国から日本への輸送費用は輸入者側が支払います。もう一つ別の物に「C&F」などがあります。この場合、輸出者は、日本の港につけるまで船賃をすべて支払います。これら2つの特徴を比べると、次の通りです。

  • FOB、EXWは、輸入者が船賃を支払う(後払い)→コレクト
  • CIFなどは、輸出者が船賃を支払う(先払い)→プリペイド

建値とコレクト、プリペイドの関係

もし、あなたが輸入者の立場であり、輸出者の間で「FOB」を結んでいるときは、アライバルノーティスの中にあるオーシャンフレイトは「コレクト」です。逆に、輸出者との間で「C&F」や「CIF」など、輸出者側が日本までの海上運賃を支払うときは「プリペイド」です。

FOBであるのに「プリペイド」になっていたり、C&Fであるにも関わらず「コレクト」になっていたりするときは、そこには必ずミスが発生しています。ミスは、相手国における船会社の代理店の可能性もありますし、日本側の代理店の可能性もあります。

船の輸送代金が決まる要素とは?

ところで、船の輸送代金は、どのように決まるのでしょうか? 主なポイントは、輸送航路、荷物の輸送量、定期的なブッキングの有無、荷主とフォワーダーとの力関係などがあります。

例えば、毎月50本近くコンテナを利用する荷主と、1本しか利用しない荷主の輸送料金が同じであるはずはありません。他の業界と同じように、大口、かつ、継続的に依頼するほど、荷主にとって有利な輸送代金が提示されます。これは経済的な仕組み上、当然です。しかし、これとは別に、輸送料金に影響を与えるポイントがあります。それがコンテナの需給バランスです。

例えば、日本と中国の間で考えてみましょう。どちらもかなりの物流があります。では、この物流を以下の2つに分けて考えてみます。あなたは、この輸送ルートをご覧になり、どちららの方がより安い輸送料金だと思いますか? 答えは「日本→中国」です。

  1. 中国→日本
  2. 日本→中国

中国→日本のドル箱路線

なぜ、日本から中国のほうが安いのでしょうか? この答えは、どちらの方がより荷物が動いているのか?を考えればわかります。

例えば、100円均一で販売されている商品の原産国を見れば、ほとんどが中国製ですね。もちろん、100均以外でも低価格な物のほとんどが中国製です。おそらく、私たちの生活の多くは、この中国製に支えられていると言っても過言ではないです。

一方、お隣の中国市場を見てみると、たしかに日本製品も販売されていますが、日本ほど、様々なシーンで日本製が流通しているわけではありません。つまり、日本と中国の市場を見比べると、圧倒的に日本市場に対して、中国製品が流通しているのです。商品が流通するのは、それだけ日本へ輸送されてくる商品が多い=船のスペースへの需要が高いことを意味します。

つまり、これは….

  • 中国から日本は、多少、船賃が高くてもスペースが売れる。
  • 日本から中国は、日本向けの航路よりも需要が少なく、料金を値下げしないと荷主が見つからない。

という状況にあることを示します。では、この需給バランスの崩壊と、フレイトコレクトとプリペイドには、どのように関係するのでしょうか?

結局、日本の輸入者が肩代わりしていることが多い。

フレイトコレクトは、輸入者側が船賃の支払うことです。一方、プリペイドは、輸出者側が船賃の支払います。では、外国にいる輸出者に対して、同じ航路を「フレイトプリペイド」と「フレイトコレクト」の場合で見積もりをしてもらうと、料金は、どれくらい変わるのでしょうか?

フレイトコレクトは、輸入者が日本側で運賃を支う仕組みです。そのため、仮に「フレイトコレクト」で見積もりをとれば、フレイトプリペイドからフレイト分を引いた価格と等しくなるはずです。少なくても計算上はです。つまり、次のような考え方です。

  1. フレイトプリペイドは、日本までの運賃が入っている価格
  2. フレイトコレクトは、日本までの運賃が入っていない価格
  3. フレイトプリペイドから、日本までの運賃を引けば、フレイトコレクトと同じになる

しかし、実際のところは、このような単純なことにはなりません。その秘密が輸出側のからくりにあります。今回は、一つの例として、中国と日本航路のことをご紹介します。貿易取引をする相手の国よっては、もしかすると、上記のようなカラクリはないのかもしれません。今回は、あくまで一つの参考例として、中国側の事情をご紹介していきます。

実は、中国には、船のフォワーダー業務をする業者がたくさんあります。そして、中国にいるファワーダーの多くは、日本航路を使う荷主を探しています。ただし、サービスを提供するフォワーダーがあまりにも多いため、少しでも契約を拡大するために、過当な値下げ競争をしています。もちろん、中国側で利益を削って値下げをしているわけですから、どこかで利益を得る必要があります。その「どこか」が日本の輸入者です。

アライバルノーティスに記載されている物の中には、よくわかならない○○チャージがありませんか? すべてではありませんが、この中には、中国側で回収できない船賃の部分を日本側の荷主から回収している物があります。しかも、フレイトとしてではなく「よくわからないチャージ名」としてです。フレイトコレクトにしても、プリペイドにしても思うほどの料金差がうまれないのは、この輸出国側でのカラクリにあります。

結局の所、どれだけ酷いことをされたとしても、荷物を抑えられてしまっているため(支払わない限り、荷物をピックアップするためのD/Oを発行してくれない)どうしても払わざる終えないのです。「タイトな納期で冷や汗をかいている輸入者の弱みを握る」これが彼らのやり方です。こういう心理的な部分をしっかりと抑えている所が中国の人の怖いところでもあります。

関連記事:システムチャージ 中国輸入の意味不明な請求の正体とは?

よくある疑問

All charge collectの意味

フレイトコレクトの別称だと考えましょう!

フレートメモとは?

海上運賃の明細書と考えれば良いです。

海上輸送と航空輸送の比較をしたい!

次の記事を参考にしてください。

「Freightos」海上輸送と航空輸送の比較が簡単にできる!

A/Nなどにコレクト表記の記載ミスがある場合は?

アライバルノーティスにコレクトやプリペイドの記載ミスがあるときは、輸出者側に伝えて、輸出者経由で訂正してもらいます。日本側から訂正をしようとしても、そもそも船の輸送を頼んでいない人からの依頼(輸出者手配)となり、時間がかかります。一方、輸出者側から訂正の指示を出すと、依頼人からの依頼となり、迅速に訂正されることが多いです。

フレイトプリペイドなのに、何か請求が来ている!

海上運賃がプリペイドであると、輸入者側は、船賃(オーシャンフレイト)を支払う必要はありません。ただし、だからといって、アライバルノーティスに記載されているチャージがゼロになるわけではありません。

例えば、THC=ターミナルハンドリングチャージなどがあります。これは、港においてコンテナを移動させるときに発生する料金ですが、このようなお金は、フレイトがプリペイドやコレクトに関わらず請求されます。

【カイコン】海上輸送の始め方 / 利益を残す国際物流戦略

まとめ

  • フレイトには、コレクトとプリペイドの2種類がある。
  • コレクトとは、輸入者側が船賃を支払うこと
  • プリペイドとは、輸出者側が船賃を支払っていること
  • インボイスの関係から、コレクトとプリペイドの相関性が正しいのかをチェック
  • フレイトがコレクト・プリペイドに関わらず、請求されるチャージはあります。

フォワーダーのランキング
フォワーダーを詳しく確認

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました