アパレル品を小口輸入するときの「タグ」はどうしたらいい?

貿易コラム
この記事は約4分で読めます。

海外からアパレル品(服など)を輸入するときは、商品を説明する「タグ」を貼り付けることが義務付けられています。タグとは、その商品が「どのような材質で作られているのか」「どこの国で生産された物であるのか」を示す物です。輸入したアパレル品を国内へ販売するときは、このタグを日本語で表示することが求められます。そのため、輸入者は、この法律を守ろうとするときに「どこでこのタグを貼り付けるのか」に悩むことになります。

そこで、今回は海外のアパレル品に対して、「どこでタグの貼り付け」を行えば良いのかをご紹介します。

小口輸入するときのタグ

海外のアパレル品を小口輸入(量が多いというわけではなく、商業目的という意味)するときは、日本国内での販売を考えた上で、タグの貼り付け作業を行う必要があります。その根拠法になっているのが消費者庁の「家庭用品品質表示法(かていようひんひんしつひょうじほう)」です。この法律は、消費者庁のホームページで以下のように規定されています。

家庭用品品質表示法は、一般消費者が製品の品質を正しく認識し、その購入に際し不測の損失を被ることのないように、事業者に家庭用品の品質に関する表示を適正に行うよう要請し、一般消費者の利益を保護することを目的に、昭和37年に制定されました。

本法が制定された当時は、表示に際しての具体的なルールが一般化されておらず、市場に不適正な品質表示の製品が横行し、消費者被害の発生する可能性が高い状況でしたが、その後、本法施行の効果もあり適正な品質表示が定着してきている状況です。

家庭用品は、生活スタイル、ニーズの変化や技術革新等により様変わりしてきており、対象とする品目や表示を行う事項等については、こうしたことを踏まえ、必要に応じて見直しが行われています。

引用:消費者庁

家庭用品品質表示法とは?

家庭用品品質表示法とは、品質表示に関する一定のルールを定めて、一般の消費者が「品質表示を誤認」して購入しないようにするための法律です。

例えば、本来は合成の革である商品を「本革」と表示していたとします。一般の消費者であれば表示されている内容をそのまま信じて購入してしまう可能性がありますね。これが「誤認による購入」です。家庭用品質表示法は、このような誤認による購入によって、一般の消費者が損失を受けないようにするための法律です。

では、これを事業者の立場から考えると、どのようになるのでしょうか。この場合は、家庭用品品質表示表を守って販売することになります。実は、この法律はアパレル以外にも次のような家庭用品についても義務付けられています。家庭用品に関して広く指定されていることがわかりますね。輸入ビジネスを始めるときは、以下の項目の中に「輸入予定の商品が含まれていないか」を確認するようにします。

Hunade

アパレル品へのタグ付けは海外で行うことが無難です。

輸入したアパレル品を国内へ販売するときは、何らかの方法で日本語による品質表示=タグ付けを行う必要があります。つまり、仕入れ先の国か、日本においてタグを貼り付ける作業が必要になります。もし、この作業を日本で行う場合は、やはり人件費がネックになります。せっかく輸入品を仕入れたにも関わらず、日本における作業によって、商品原価が上がってしまえば本末転倒ですね。このようなことを考えると、外国での貼り付け作業が現実的だといえます。

外国でタグの貼り付けをするときは、日本側の通関で何かしらの影響がないのか気になりますね。この点についてはご安心ください。実は、日本側で通関を行うときは、タグが日本語になっていたとしても特に問題はありません。仮に税関検査になったのであれば、その旨を税関職員へ伝えれば良いだけです。

日本語のタグは、EMS(国際スピード郵便)で発送します。

海外の工場などでタグを貼り付けてもらうときは、日本側で貼り付けるタグを用意しなければならない場合もあります。よくあるパターンとしては、あらかじめタグの貼り付けについて打ち合わせをしておき、日本で作成したタグを現地へ送るなどの方法があります。現地において、日本から送付されてきたタグを貼り付けていくという流れです。こちらの方がタグに貼り付ける費用などを削ることができて、コストの削減につながります。

まとめ

アパレル品を小口輸入したいときは、国内販売するために「日本語のタグ」を貼り付けなければなりません。この作業は、日本で行ってもいいですし、海外の工場などで行ってもいいです。コスト負担と手間などを考えて、どちらか有利な方を選ぶようにしましょう!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました