「見積り」ブラジルに輸送するときに覚える9つのポイント

ブラジル輸送国際輸送
この記事は約10分で読めます。

日本からおよそ18000キロ離れているブラジルは、ブリクスの一員であり、高い成長率と巨大な人口が魅力的な国です。GDPベースでは、世界七位。人口は、二億人を突破しています。人口、GDPとも高い成長率が維持されているため、国民の可処分所得も向上し、様々な分野での市場が広がっています。(消費市場の魅力が大きくなる)

例えば、ブラジルは、農産品や鉱物資源が採れることで有名です。スーパーに行けば、ブラジル産の鶏肉(加工肉)やコーヒー豆を目にする機会は多いです。また、意外なことにブラジル一体は、南米地域の巨大な自動車市場としても有名です。そんな成長を続けるブラジルの噂を聞くと、「ぜひ、うちの会社もブラジル市場に挑戦したい!」と考える方も多いでしょう。というかしていただきたいです。

そこで、この記事では、ブラジルとの貿易をするにあたり必要になる、輸送知識、ブラジル輸入規制・関税(MCN)、留意点、ブラジルのお客さんの探し方、最適なフォワーダーのポイントなどをご紹介していきます。今すぐ、ブラジル輸送の見積りをしたい方は、こちらをクリック!

ブラジルに輸送するときの9のポイント

ブラジルに商品を輸送するときに覚えるべき9つのポイントをご紹介していきます。

  1. ブラジルの通貨はレアル
  2. 主なターミナルと所要日数、輸送費の目安
  3. HSコードとNCMの関係
  4. 輸出者として特に気を付けるべきポイント
  5. 青インクで記載!書類関係の細かい規則
  6. 輸入時にかかる諸税
  7. ブラジルとメルコスール
  8. 基本・再生品や中古品は禁止。国内で作れない物のみを許可
  9. ブラジルの取引先の探し方、貿易ガイド

1.ブラジルの通貨はレアル

ブラジルの通貨は、レアルと言います。2019年11月現在、1レアル=およそ25円です。10年以上までの2009年では、50円前後であったため、10年間で50%も「円高」になったようです。特に2014年の末から2016年にかけて、一気に円高に振れています。(ブラジル銀行の政策金利がこのあたりを境に変化)円高のことだけを考えると、日本企業としては、ブラジルからの輸入に有利な状況です。

レアルのチャート

画像元:HS証券株式会社(https://www.hs-sec.co.jp/bond/foreign/chart/brl.htm)

 

画像元:みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/indicators/BR-BCB)

2.主なターミナルと所要日数、輸送費の目安

ブラジルの主なコンテナターミナルと所要日数は、次の通りです。「Freightos」によると、日本からブラジルへの輸送ルートは、サントス港などのダイレクト船や太平洋沿岸の国々までの船輸送&陸路での輸送が多いようです。

輸送費の一例:東京(横浜)からサントスまで40フィートのコンテナ輸送

  • 輸送代金の目安:$1,012 ~ $2,950
  • 輸送日数:39 – 60 days
  • 通関の所要日数は、平均6営業日~10営業日です。
港名Un code業者例
サントス / SantosBRSSZhany-supply.marine、7 Shipping
リオデジャネイロ / Rio De JaneiroBRRIOPALFINGER MARINE、Wilhelmsen Ships Service
パラナグア / ParanaguáBRPNG
VitoriaBRVIXGUDE GUDE SERVIÇOS MARÍTIMOS
FortalezaBRFORGLOBAL MANAGEMENT SUPPLY、SHOPMAR、Marciate
ManausBRMAOITASUPPLY
ナヴェガンテス / NavegantesBRNVT
リオグランデ / Rio GrandeBRRIG
イタポア / ItapoaBRIOAOstional International Cargo

ブラジルの主要な空港

もし、空路での輸送を考えている場合は、以下の空港を検討します。

1.Guarulhos International Airpot(GRU)/サンパウロ
2.Viracopos International Airpot(VCP)/サンパウロ
3.Rio de Janeiro(RIO)
4.Porto Alegre(POA)

YOUTUBEにブラジルのコンテナターミナルの特集をしている方がいました。

3.HSコードとNCMの関係

ブラジルのHSコードを「NCM」と言います。8桁の数字であり、上位6桁は、世界のHSコードと共通です。下位の2桁は、ブラジルも加盟するメルコスールの域内で統一した物が設定されています。メルコスールとは、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイなど、南米の数か国で設定されている共通市場です。いわゆる自由貿易の類です。NCMは、ブラジル国内のHSコード兼メルコスールの共通番号の役割があります。

世界のHSコードとNCM

NCMの役割 / 輸入諸税と輸入ライセンスは?

南米向けの輸送をするときは、NCMの検索サイトを使い、HSコードからNCMへの変換をする必要があります。ブラジル国内で発生する輸入諸税や輸入ライセンスの有無は、すべてNCMに紐づいて設定されているためです。逆に言うと、このNCMへの変換にミスがあると、思わぬ輸入税の支払いやペナルティ、輸入ライセンスの取得が必要になる可能性があります。そのため、ブラジル向けに輸出をするときは、輸入者側の責任と費用に基づき、NCM番号を特定させる必要があります。

NCMは、輸入者側の責任で特定させる。いくつかのコンサル企業は、このNCM番号の特定サポートを提供している。

4.輸出者として特に気を付けるべきポイント

輸出者として気を付けることは、B/Lに記載するNCM番号です。ブラジル向けのB/Lには、必ずNCM番号の記載が求められます。このとき、不正確なコードが記載されていると、B/Lの再発行が必要であったり、ペナルティを受けたりします。もちろん、B/L以外のインボイスやパッキングリストなども、このNCMが重要です。

また、ブラジルのインポーター側(荷受人)にも条件があります。インポーターは、ブラジルのSECEXに登録する必要があり、インボイスなどの書類に「SECEXの番号」が必要です。輸入書類に何らかの記載漏れがあるだけで、荷物が留められてしまうため、そのあたりに精通するフォワーダーさんへの依頼が必須です。

5.青インクでサインが必要!? 書類関係の細かい規則

ブラジルには、少し違った慣習があります。各種書類(インボイス、パッキング、B/Lの裏書など)の署名蘭は、必ず「青色のマーカー」で記載をします。また、ブラジルとの貿易取引は、到着時までの関税等を含む「DDP」は禁止されていたり、B/Lには「As Agreed」や「Prepaid」などの記載が禁止されていたりします。その他、B/Lには、最初の4桁のNCMを記載するなどの細かい規定があります。

やはり、このあたりの事情に精通するフォワーダーさんへの依頼が重要です。

6.輸入時にかかる諸税

ブラジルの平均的な輸入税率は、10.73%です。また、この輸入税以外にも複数の税が設定されています。ブラジル国内・輸入時の税は、次の通りです。参考ページ

税金の種別意味税率と課税価格
輸入税(I.I)ブラジル国内品および輸入品に課せられる連邦税CIF×0%~20%の範囲
工業製品税(IPI)ブラジル国内品及び輸入品に課せられる連邦税
課税例:
・ブラジル国内に工業製品を輸入するとき
・ブラジル国内から工業製品を出荷するとき
・オークションなどで工業製品を取得したとき
CIF+II×0%~15%の範囲
商品&サービス流通税(ICMS)ブラジルの国内品及び輸入品に課せられる州政府の付加価値税州ごとで税率は違う。リオデジャネイロ 19%、サンパウロ18%、その他 17%

課税価格=CIF+輸入関税+IPI

社会統合プログラム(PIS)失業保険などの充当される(連邦税)CIF×PIS(REAL方式対象企業→1.65%
社会保障融資税(CONFINS)ブラジル国内の福祉、健康分野に関する資金の充当CIF×CONFIS ブラジル民間法人の総収益に対して課税される物(実質利益対象企業→7.6%)
海上輸送更新税(AFRMM)ブラジル国内の海上港を使うときに課税B/Lの総金額の25% メルコスールは除外

7.ブラジルとメルコスールの関係

ブラジルは、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラなどの国々と、メルコスールという共通市場を形成しています。これらの国々は、お互いの市場を「共通市場」とみなし、様々な税を撤廃しています。

例えば、海上輸送更新税(AFRMM)は、メルコスール域内からの船には課税されないです。ブラジルは、このメルコスールによって、アルゼンチンとともに「自動車生産チェーン」および自動車消費市場を形成しています。また、このメルコスールは、欧州連合とも自由貿易関係にあるため、メルコスール域内の生産品を欧州に輸出または、欧州から輸入するときにも大きな力を発揮しています。

8.基本・再生品や中古品は禁止。国内で作れない物のみを許可

ブラジル(GOB)は、ブラジルへの輸入禁制品を設定していましたが、近年は、原則、禁止品を削除しています。(肉類などの規制はあり)ただし、一般的な消費財の中古品や再生品は、全て禁止されています。(中古品の中でも、現地で生産が難しい物は、輸入ができる)

現地生産が難しい。かつ、中古品は何があるのか? そこにもビジネスチャンスがある。

9.ブラジルの取引先の探し方、貿易ガイド

その他、ブラジルの特徴は、次の4つです。ブラジル向けに輸出をするときの最大のネックは、物流コストの増大です。もし、本気でブラジルビジネスを始たければ、とにかくブラジル市場に強い、フォワーダーさんを選び、物流コストが「普通」になるように営業努力をするのが賢明です。

  1. 経済規模が世界第七位
  2. メルコスコール圏内
  3. 経済はいまだ不安定であり変動が激しい。
  4. 物流リスクとコストが高い。

ブラジルの経済を知る上での2つのオンラインサービス

ブラジル国内の販売先は、どのように探せばいいのでしょうか? その答えは「CIB」と呼ばれる輸入者リストです。こちらにブラジルにいる輸入者の一覧がのっています。ここから一つの道を探るのが良いかと思います。また、ブラジルの現地に行き「スーパーマーケットリサーチ法」を試すのも一つの方法としておススメです。また、ApexBrazilを利用すると、ブラジル国内の経済動向がわかります。

求めるべきフォワーダー像

ブラジルの特徴を踏まえると、ブラジルとのコンテナ輸送は、どのようなフォワーダーに頼むのが理想なのでしょうか? フォワーダーに求めるべき条件は、次の7つです。この条件を満たすフォワーダーほど、日本とブラジルの輸送、ブラジル国内輸送、ブラジル隣国輸送がスムーズにできます。特にブラジル側には、非常に細かい規則が多いです。そのため、このあたりに精通している業者に依頼をするのがベストです。

  1. 変動に臨機応変に対応する力
  2. ブラジルの隣国への越境輸送する力
  3. ブラジル国内の倉庫を調達できること
  4. ブラジル国内配送(トラック、鉄道輸送)
  5. 安価な運賃を獲得する力
  6. スぺース確保力(輸送スペースが足りないときに確保する力)
  7. フリータイムの延長を勝ち取る力

特に、ブラジルは、まだ経済的に不安定な部分があるため、これらの「変化」や緊急時のトラブルに柔軟に対応できる力が最も重要です。できれば、ブラジル国内に自社の営業所を構えて、日本人社員がきめ細かなフォローアップを提供している所がベストです。

ブラジルのフォワーダー例

ブラジル系フォワーダー・Plus Logistics – Global Solution
・NOVATRADE BRASIL
・Top Global Provider Ltda
日系フォワーダー・ジャパントラスト株式会社(現地事務所有)
・阪神阪急エクスプレス(混載)


    不明EXWFOBCIF(C&F/CFR)DDPその他のインコタームズ


    わからない(相談希望)FCL(コンテナ輸送)LCL(混載輸送)

    まとめ

    • ブラジルは高い経済成長率を維持している
    • しかし、成長の裏には、良い意味でも悪い意味でも変動するリスクがある。
    • ブラジルとの国際輸送は、国内輸送、隣国輸送などにも対応できるフォワーダーを選ぶべき
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

    国際輸送見積もり


    カイコン

    [スポンサードリンク]


    \ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
    お問い合わせはこちら!
    \ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
    お問い合わせ先
    タイトルとURLをコピーしました